2015年1月8日木曜日

ワークショップ: Additive & Subtractive Manufacturing Using Rhino


このワークショップの焦点はRhino 5で動作するMecSoftのアディティブ/サブトラクティブ マニュファクチャリング両方のソフトウェア製品を扱う実践経験を得ることです。

日: 2015年1月15日
時間: 8:00 am - 5:00 pm
場所: SCAD ART MUSEUM
ワークショップのお申込みはリンク先をご覧ください: お申込み

メモ: ご参加の方は必要なソフトウェアがインストールされたノートパソコンを必ずお持ちください。
ワークショップではツールパスのプログラムにRhinoCAMを使い、そのツールパスを切削機に送ってパーツをカットします。またRhinoで3D印刷ができるRhino3DPRINTを使い、点群データとメッシュモデルに取り組んで3D印刷向けに用意します。

インストラクター: Uday HonnalagereはMecSoft CorporationのTechnical Support Managerです。Application Engineerとしてスタートし、2005から継続して勤めています。エンドユーザー向けにテクニカルサポートやトレーニングを提供する責任者で、アリゾナ州立大学でCAD/CAMを専攻してIndustrial Engineeringの修士(理学)を取得しました。

カンファレンス: プレゼンターのリスト
ワークショップ: 全てのワークショップを表示 
プレゼンテーション:  Rhino用プラグイン


原文投稿者: Andres Gonzalez

0 件のコメント: