2014年12月4日木曜日

新しいRhinoBIM beta 3.45.179 をダウンロード








RhinoBIM_Structureに数多くの修正と機能向上を含む新しいベータ3.45.179が公開されました。
またManageタブに新しくUser Data機能が追加され、全てのジオメトリにどのような情報でも添付できるようになり、レポートを作成できるようになりました。

beta 3.45.179のダウンロード...

UNIVERSIDAD ICESIが新しい認定RhinoFabStudioに


UNIVERSIDAD ICESIが、新しい認定RhinoFabStudioに加わりました。ICESIは革新的なカリキュラムを開発し、専門家としてより良く、十分に準備を整えられるよう、学生達にアクティブラーニングの方法を通して知識を探求することを推奨しています。ICESIは厳格な教育水準と幅広く多様な学部・大学院課程で、コロンビア有数の有名大学の1つとして認められています。

ICESIのRhinoFabStudioに関する詳細はこちらにお問い合せください:
Lina Marcela Quintero Villareal 


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio™(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andres Gonzalez

2014年12月2日火曜日

PanelingToolの新しいオンラインコース、12月8-11日

 
 
PanelingTools for Rhino 5 and Grasshopper - 新しいオンラインコース
2014年12月8-11日 9:00AM-1:00pm(太平洋時間)
お1人US$99
.

Rajaa IssaがPanelingToolsアドオンを使ったRhino 5でパネリングやサーフェス有理化のコンセプトを探るオンラインコースを提供しました。総合的なクラスで、コンセプトの生成からファブリケーションを考慮した詳細デザイン、パラメトリックなパネリングもカバーしています。その他...


 
これは全く新しいクラスで、インストラクターの指導によるオンライン環境でPanelingToolsとその多くの機能を効率的に学ぼうとお考えのデザイン学生やデザイナーが対象で、Rhino 5とGrasshopperが使える環境が必要となっています。

無料ウェビナー: Jewellery with HDR Light Studio


Simply RhinoV-Ray for Rhinoと、以下を含む特定の分野での利用を紹介する6回のウェビナーシリーズを提供しています。

プロダクトデザイン
建築
インテリアデザイン
ジュエリー

ハイエンドのレンダリング製品への移行を考えている方には理解と情報、既にV-Ray for Rhinoを使っている方には数多くの便利なヒントが見つかるでしょう。



ジュエリーに関する30分のウェビナーはHDR Light StudioのメーカーであるLightmapのMark Segasbyも一緒にジュエリーのビジュアライゼーションを考察するものでした。

ジュエリーのレンダリングは基本的に反射と屈折が全てです。Mark はモデルの適切な面を選ぶだけで反射を完全にコントロールし、設定できる HDR Light Studioがどれほど簡単なものか実演しています。

ライティング、反射、背景はV-Ray Dome Lightと何の手間もかからないHDR Light Studio Liveのサポートで全てコントロール可能です。