2014年11月7日金曜日

UMI、Rhinoでのアーバンモデリング - V2

UmiはRhinoベースのプラグインで、地域や都市部屋外の快適性、運用上の具体化されたエネルギー使用、歩行性、採光を解析します。

Umi はマサチューセッツ工科大学のSustainable Design Labが開発しました。

バージョン2.0に含まれる機能向上:
  • 建物の運用エネルギー使用、歩行性、自転車の走行性に加え、具体化されたエネルギーと容積率(FAR)も計算できるようになりました。
  • 結果を示す新しいビューアはシミュレーション結果を解析/エクスポートすることができ、またサードパーティのシミュレーション環境から生成された結果をインポートすることもできます。
  • 厳選したumiプロジェクトを新しいumiverseサイトでご紹介します。
どうぞumiをお試しください。2.0は1.0と大きく異なるため、ユーザーズガイドと一連のビデオチュートリアルのアップグレードについてもチェックされることをお勧めします。




2014年11月3日月曜日

V-Ray for Rhino ウェビナー


Simply RhinoV-Ray for Rhinoと以下を含む特定の分野での利用を大まかに紹介する6回シリーズのウェビナーを提供します:

プロダクトデザイン
建築
インテリアデザイン
ジュエリー

ハイエンドのレンダリング製品への移行や、既にV-Ray for Rhinoをお使いの方に役立つ数多くのヒントをお考えの方に情報と洞察を提供するものとなるでしょう。

このシリーズの次のウェビナー:

Architectural Interior Renderings 
2014年11月5日
11am(イギリス時間)

このウェビナーではSimply RhinoのPhil Cookが室内シーンの設定を考察します。

正しいGIソリューションを選ぶ重要性を、シーンを設定しやすくするV-Rayのプリセットの使用と共に検証します。



原文投稿者: Carlos Pérez