2014年8月21日木曜日

教員/学生に無料のMaxwell Render









Next Limit Technologiesが学術機関とそのコースに入学した学生を対象に、無料のMaxwell Renderライセンスを提供しています。Maxwell Renderはデザインから建築ビジュアライゼーション、アニメーション、VFX、クリエイティブデジタルアートまで、CG業界で広く知られています。 Rhinoとシームレスに統合し、シンプルで簡単なワークフローを作り出します。


RhinoPiping 1.0 - 最初の商用版


















RhinoPiping 1.0 最初の商用版がリリースされ、出荷が開始されました。RhinoPipingは3DパイプモデリングのRhino用プラグインで、以下を含む業界に向いています:
  • AEC(建築、エンジニアリング、建設)
  • 造船
  • 水道
  • 農業ビジネス
  • エンジニアリング事務所
  • エネルギー
  • 石油、ガス、石油化学
  • 製薬

建築のためのRhino & Grasshopper基礎コース

Rhino Grasshopper Essentials for Architecture at CASE
2014年9月25-27日
米国ニューヨーク州ニューヨーク

CASEがRhino Grasshopper Essentials for Architectureコースを発表しました。今すぐお申込みください。

お申込みの方はDarren Lewisまで、メールかお電話(+1 212-255-5483)でご連絡ください。

Intro to Grasshopper オンラインコース - 2014年9月


Intro to Grasshopper for Rhino 5のオンライントレーニングコースを行います。どうぞご参加ください。このコースは、インストラクターの指導によるオンライン環境で、速習ペースでGrasshopperの概念や機能を効率的に学ぼうとお考えのデザイナー/設計者向けで、初期のデザインやコンセプトの開発にGrasshopperを使う利点が生かされている多くの実例があることをご紹介します。

日程: 9月8-11日
  オリエンテーション: 9月8日、9:00am-10:30am 太平洋夏時間
  Grasshopperトレーニング: 9月9-11日、9:00am-1:00pm 太平洋夏時間

参加費用: US$195.00

時間は全て太平洋時間ですのでご注意ください。タイムゾーンを計算

2014年8月20日水曜日

V-Ray 2.0 for Rhinoを使ったスタジオシーン - 8月27日


Simply Rhino UKV-Ray for Rhinoを紹介する6回シリーズのウェビナーを提供し、以下を含む特定分野での利用法を紹介しています:
  • プロダクトデザイン
  • 建築
  • インテリアデザイン
  • ジュエリー
Studio Scenes with V-Ray 2.0 for Rhino - 2014年8月27日

30分のウェビナーで、Simply RhinoのPhil CookがV-Ray 2.0 for Rhinoを使って、明確な違いのある2つのスタジオの設定を検証します。


原文投稿者: Noe F.

2014年8月19日火曜日

FESPA、印刷革新とつながる - 2014年8月21-23日

メキシコと中米のグラフィックアート最高レベルのイベントとしてデジタル印刷、スクリーン印刷、服飾、看板業界で最新の発展状況を探るために必要な、あらゆる情報を提供するイベントが行われました。
イベントでは印刷機械、ソフトウェア、消耗品、基板を幅広く展示し、ビジネスに加えられる印刷の応用やソリューションのヒントを提供しました。
FESPA8月21-23日にメキシコシティのCentro Banamexで開催され、Rhino 5Grasshopperを使ったジェネレーティブデザイン、Gizmoのレーザーおよび3D印刷のテクノロジーも紹介されました。

RhinoFabStudioGIZMOのブース(#H10)で紹介されました
RhinoFabStudioにもぜひご参加ください
FESPA 
原文投稿者: Andres Gonzalez