2014年5月9日金曜日

AAG 2014 London - ワークショップ募集


英国、ロンドン
2014年9月18-21日

Advances in Architectural Geometry / AAGは新しいジオメトリ開発につながる理論面/実践面両方の取り組みを紹介する、建築ジオメトリのシンポジウムです。


2014年9月20-21日にUniversity College Londonで行うArchitectural Geometry(建築ジオメトリ)の分野のワークショップや短いチュートリアルセッションについて、電子的な応募を研究者および専門家から受け付けている他、論文提供者のセッション参加も推奨しています。

提案は全て審査され、選考通過者には打ち合わせの連絡があります。

d.Nat Parametric Designワークショップ - ドバイ

d.NatCo-de-iTと共同でエキサイティングな2つのワークショップドバイで企画しました。



Reparameterized
A Parametric Design workshop(パラメトリックデザインのワークショップ)
2014年5月15-17日

Grasshopperやパラメトリックデザインの経験がない方を対象にした 2日半のワークショップ。


EXPOn-tial
An Adaptive Ecologies Workshop(順応的エコロジーのワークショップ)
2014年6月2-7日

これまでにない急成長を続けるドバイを例に行われるGrasshopper上級ワークショップ。


D-Natが最近行い、RhinoやGrasshopper、パラメトリック思考の予備知識がない方が参加されたAdaptative Skinsワークショップの結果もご覧ください。

Geometrias'14 - リスボン(ポルトガル)


教員、研究者、学生がジオメトリと描画に関する新しい学び方や教え方について研究や実験的手法を共有するイベント、Geometrias'142014年5月17-18日リスボン(ポルトガル)で行われました。

RESHAPE | デジタルクラフトのコンペ


NoumenaAdvok comunicazioneが、第1回RESHAPE | digital craft competitionの優勝者を発表しました。
このコンペはデザインとデジタルファブリケーションの分野から様々な革新的なアイデアを選び、選ばれたプロジェクトと関連する製造プロセスは一部のECサイトを通じて提示されます。


選考に関わった審査員はデザイン、デジタルファブリケーションの他、建築評論や情報といった様々な分野のエキスパートで構成されました。

審査員としてTomas Diez [Fab Lab Barcelonaディレクター]、Luis Fraguad [コンピューテーションのエキスパート、BAD Barcelonaディレクター]、Andrea Graziano [コンピューテーションのエキスパート、Co.de.It共同創業者]、Filippo Moroni [Solido3dディレクター、エキスパート]、Giorgia Olivieri [フリーランスのジャーナリスト、通信管理者]; Emmauele J. Pilia [Deleyva Editore評論ディレクター]が加わっていたことを光栄に思います。

第1回RESHAPE優勝作品: Wooden FuroshikiYuko Ishizu(日本)、Xexaki Evi(ギリシャ)、ETH Zurich学生のグループがデザインしました。

2位: AlephMassimiamo Lorenzo(イタリア)、Arturo Tedeschi(イタリア)、Maurizio Degni(イタリア)、Elnaz Ghazi(イラン)の作品。

3位: Robotic Surface Manipulationハーバード大学(Graduate School of Design)Rossitza Kotelova(ブルガリア)、Peter Sprowls (米国)の作品。

選外佳作: BeadBot = Ahmend Hosny(米国)、Amanda Lee(米国)、Jared Friedman(米国)作; Joinery Based Deployable Structure = Nicholas Germann(米国)作; Transformable Table = Kwok Tung Chun(中国)作; L+L side table = Joris Nielander(オランダ)作; Soma = Lorenzo Massimiano(イタリア)、Andrea Galli(イタリア)、Elnaz Ghazi(イラン)作; Biotube = Samanci Sinem(トルコ)、Rodolfo Parolin Hardy(ブラジル)、Grugiel Sebastian Alvarado(コスタリカ)作; T = Daniel Gillen (米国)作。

応募総数162デザイナー数180名24ヶ国44都市。世界各国の大学から49校の学生が参加、17のFab Labが関わって10のプロジェクトが選ばれ、選外佳作は7作品3作品が受賞優勝1作品でした。

RESHAPEの結果はデジタルファブリケーションコンピューテーショナルデザインについて、受容力があり、熱心なコミュニティがあることを浮き彫りにしました。真の挑戦はきちんと教え、探索し、共有することだという面もありますが、RESHAPEのチームはそれを受け入れる準備が整っています

2014年5月6日火曜日

Grasshopper上級ワークショップ - ロサンゼルス


上級Grasshopper: パビリオンのケーススタディ
5月17-18日 - カリフォルニア州ロサンゼルス

SomewhereSomethingがBakoko Architectsの手がけたカティーサーク パビリオンを複雑なジオメトリの作成テクニック、高度なデータツリー管理、様々なGrasshopperプラグインの利用に焦点を当てたケーススタディとして使う、2日間のAdvanced Grasshopperワークショップを提供します。

Grasshopper入門ワークショップ - ロサンゼルス

Grasshopper入門 // 5月10-11日 // ロサンゼルス
 
SomewhereSomethingがプラグインの概要、ジオメトリ形式、構造、変換、リストやデータツリーの管理に焦点を当てた、2日間のIntroduction to Grasshopperワークショップを提供します。
 

2014年5月5日月曜日

Rhino 5用プラグイン、Artlantisのお知らせ

















AbventがRhinoceros 5からArtlantis 5レンダラーへの新しいエクスポートプラグインを発表しました。

Rhinoでモデルを作成し、Artlantisにエクスポート、Rhinoに戻してジオメトリを変更します。新しい Artlantisファイルをエクスポートすると、それ以前にArtlantisで行った作業が新しいファイルに適用されます。

Artlantisエクスポートプラグインは、Rhino からArtlantisの.atlファイル形式へ直接エクスポートできるようにします。Artlantisのファイル形式はWindows、Macintoshどちらとも互換性があります。