2014年4月4日金曜日

Tech Workshops - facades+ にて

Facades+ がニューヨークに戻ってきます
4月24日 - カンファレンス
4月25日 - テクノロジーワークショップ

Facades+は高度な外構に関する最高のカンファレンスです。ぜひご利用になり、TECH WORKSHOPS(テクノロジーワークショップ)へお申込みください。一流のソフトウェア開発者やデザイナーから、ハンズオンで指導を受けることができます。

Grasshopperのワークショップもあります:

Advanced Facade Panelization and Optimization Techniques
Matthew Naugle(Thornton Tomasetti)
Rhino、Grasshopper、Galapagos、Kangaroo

Parametric Dashboards
Daniel Davis & Tim Dumatrait(CASE, Inc.)
Rhino & Grasshopper

 

2014年4月3日木曜日

腕時計そっくりのスマートウォッチ



Motorolaがスマートウォッチを発表しました。革新的なデザインのポイントは、ファッションウォッチのように見えながらタッチスクリーンが現れることにあります。腕につけて時間や日付を表示させる長方形のガジェットではありません。

報道はMotorolaの新しいスマートウォッチの詳しい理論に熱が入るかもしれませんが、私達はこのデザインにRhinoが使われたことにとてもわくわくしています。こちらのビデオでその様子をご覧頂けます。

Motorolaはこの夏、このウォッチを数量限定で販売する予定で4.3以上のAndroidデバイスと互換性があります。

2014年4月2日水曜日

Rhinoユーザーの方による家具の展示 - ミラノ、イタリア

2014年4月8(火)-13(日) 9:30-18:30にミラノにて開催される国際家具見本市ミラノサローネにて、イタリアの家具メーカーボナルドよりRhinoユーザーの福定良佑様がデザインされた新作カドウコーヒーテーブルとスパイラルミラーが発表されます。また、2014年4月8(火)-13(日) 10:00-20:00 (13日のみ18:00 終了)にランブラーテエリアで行われるタイの企業COTTOの主催する展示にも参加されます。 詳細はこちらをご覧ください: http://ryosukefukusada.com/news/1307/?lang=ja

V-Ray for Rhino 開発者を募集 - Chaos Group USA


Chaos Group USAがメリーランド州ボルチモアでV-Ray for Rhinoの開発チームに参加する経験豊富なソフトウェア開発者を募集しています。詳細は英文とリンク先をご覧ください。

Chaos Group USA is looking for an experienced software developer to join their V-Ray for Rhino development team in Baltimore, Maryland. This person will be responsible for the implementation of features and bug fixes for V-Ray for Rhino. This is an opportunity to work on the latest developments of the V-Ray rendering technologies.

詳細と応募について...

AEC Technology Symposium - ニューヨーク



 
AEC Technology Symposium
クーパーユニオン、ニューヨーク

5月16日 - シンポジウム / 5月17-18日 - ハッカソン
2回目となる建築、エンジニアリング、建設のテクノロジー・シンポジウムで、著名な講演者がコンピューテーショナルデザインとビッグデータに関するトピックを紹介します。今すぐお申込みください
講演者:
  • Shane Burger, Woods Bagot, Keynote
  • Scott Crawford & Erick Katzenstein, LMNts
  • Jeff Vaglio, Enclos
  • Daniel Segraves & Mostapha Roudsari, CORE studio Thornton Tomasetti
  • Daniel Davis, CASE
  • Randy Deutsch, University of Illinois at Urbana-Champaign 
  • Andrew Heumann, NBBJ
  • Jonatan Schumacher & Ben Howes, CORE studio Thornton Tomasetti
イベントスケジュール、シンポジウムの講演者、ハッカソンリーダーの詳細についてはCORE studioのウェブサイトをご覧になるか、メールでAEC Conferenceまでお問い合せください。


2014年4月1日火曜日

SimAUD 2014 - タンパ、4月13-16日


4月13-16日、フロリダ州タンパでシンポジウム、Simulation for Architecture and Urban Design(SimAUD)が開催されます。建築およびシミュレーションの研究に携わっている方はぜひご参加ください。
 
SimAUDの講演は4月14-16日に行われます。RhinoとGrasshopperに関連する講演は以下の通りです。
 
SimAUD 2014について...
建物は温室効果ガス全排出量の48%を占める最大のエネルギー消費者です。建築デザイン、建設、アーバンデザイン、社会と専門分野は多岐にわたって複雑なため、モデリングとシミュレーションはこの非常に大きな変化を理解し、最適化するのに役立つテクニックになっています。シミュレーションツールを開発したり利用している科学者、エンジニア、マネージャー、教育者、ビジネス関係者の方はどうぞご参加になり、独自の論文をご提供ください。
 

3D Print エキシビション - リヨン(フランス)

3D Print エキシビション
リヨン(フランス)
2014年6月17-20日

動作中の設備、テーマ別の上級カンファレンス、革新的プロジェクトのプレゼンテーション: 3D PRINTが積層造形における最新の技術的進歩を大局的に紹介します。

認定RhinoリセラーのCadlinkMcNeelヨーロッパのVanessa Steegと共にラピッドプロトタイピングの3Dモデリング、解析、最適化について紹介します。どうぞご参加ください。


ROBOTIC INFILTRATIONSワークショップ、DIE ANGEWANDTE、2013年秋


講師
Andrei Gheorghe、Georg Grasser、Kadri Tamre、Thibault Schwartz

学生参加者:
Lu Jiaxing、Rhina Portillo、Matthias Urschler、Maria Valente、Yi Lin Vincent、Matea Ban

Robotic InfiltrationsワークショップはUniversity of InnsbruckのREXILABとUniversity of Applied Arts ViennaのInstitute of Architectureのコラボレーションででした。

ARCHITECTURE CHALLENGEプログラムは国際的なデザインワークショップで、HALKARAMBAプラットフォームのようなGrasshopperプラグインが使われました。詳細は英文をご覧ください。

The Robotic Infiltrations workshop was a collaboration between the University of Innsbruck's REXILAB and the Institute of Architecture at the University of Applied Arts Vienna, and represents a continuation of research that explores the potential of additive digital production through the use of roboti­cally controlled placement of phase-change polymers in the production of full scale structures.

The "ARCHITECTURE CHALLENGE" program is an international design workshop series in collaboration with international experts and institu­tions. It is intended for architecture students interested in exploring integrated digital design and fabrication while simultaneously desig­ning a full-scale built project within the teaching environment of the Institute of Architecture at the University of Applied Arts in Vienna. Architectural Design at "Die Angewandte" is taught as an integrated, multidisciplinary process. Following this tradi-4ion, the design process in the workshop was enriched with robotic design strategies combining Grasshopper plugins such as the HAL and KARAMBA platforms. Specialists from Bollinger + Grohmann Engineers and invited guest experts Georg Grasser, Kadri Tamre and Thibault Schwartz from Techni­cal University Innsbruck co-tutored the workshop. The handling of virtual simulation methods and the engineering of full-scale structures using robotic manufacturing were a pri—nary focus of the workshop. Three ABB industrial robots from REXILAB were used for on-site fabri­cation.

Structural Performance
Structural testing of PU foam mockups revealed a strong tension ability of the expanded material. Supporting points on the floor and suspension point on a moveable rack were defined locally taking into account the architectural site context. Possible connection lines bet­ween these points were optimized for internal bending moments using the structural plugin Karamba in combination with the genetic algorithm Galapagos.

Intrinsic Material Qualities
The geometrically accurately defined design strategy reacts with loosely defined material behavior. The precise abilities of the robots corre­late with the very uncertain geometrical condition entailing from the foam expansion process. This intuitive material behavior enriches the digital precision resulting in artifacts of one - time unique aesthetic design results. Experimental and final production of the structure merge in one single fabrication process.

Fabrication Process

A Grasshopper Definition was developed to extract 4-point nodes and 2-point connections from the final design network. HAL was used to compute specific tool paths for the three robots. A specific material mixture (PU foam, gypsum, water and hardener) developed at TU Inns­bruck combined with precise time management was required to produce the structural nodes.

ワークショップの結果詳細はこちらをご覧ください...

University of InnsbruckのチームはHarvard GSD(Georg Grasser、Nathan King、Kadri Tamre、Allison Weiler、Marjan Colletti)と一緒にRob|Arch 2014でのExplorations in Robotic Forming of Thermoplastic Materialsワークショップを開催します。


Digital Jewelry Symposium - マドリード(スペイン)


Symposium de Joyería Digital
スペイン、マドリード
2014年5月24-25日

TDM SolutionsとMR ToolsがSolid-Scape Inc.とコラボレーションし、複数のワークショップ(RhinoGoldClayooを使ったOrganicModeling、RhinoEmboss、レンダリング、3D印刷、ミリング)を含むデジタルのジュエリーデザインとファブリケーションのシンポジウムを開催します。 どうぞご参加ください。

Interactive Prototypes - FireFly - Rhino-DAY - メキシコ、グアダラハラ



日: 2014年4月3日
時間: 8:00 am - 5:00 pm
費用: US $95
Rhino-DAYのイベントでGrasshopper、Firefly、Arduinoを使ったDrag and Dropプログラミングのコースが提供されました。

オプション: Arduino/FireFLY electronics kit: [ 価格: US$129.00 ] 

2日間のMaster Lectures、4月4-5日
詳細...
場所:
Rhino-DAY - Tec de Monterrey, Campus Guadalajara(地図
Av. General Ramon Corona # 2514 - Zapopan
Guadalajara, 45201
メキシコ
McNeelマイアミウェブサイト: http://www.mcneelmiami.com/inc/sdetail/1730

RhinoCAM 2 1/2 y 3 axis - RHINO-DAY - メキシコ、グアダラハラ


日: 2014年4月2日
時間: 8:00 am - 5:00 pm
費用: US $95

Rhino-DAYのイベントでRhino 5とRhinoCAMのコースが提供されました。
詳細:
第1部: RhinoCam 2 1/2 ejes

1.- Material de trabajo
2.- Orientacion del modelo
3.- Creacion de herramientas y parametros de maquinado
4.- Maquinado de perfiles
5.- Maquinado de cajas

第2部: RhinoCam 3 ejes

1.- Maquinado de desbaste
2.- Maquinado de acabado

No te pierdas tambien de participar de las Conferencias Magistrales Abril 4-5
Por favor visita: http://mcneelmiami.com/rhino_day_2014
場所:
Rhino-DAY - Tec de Monterrey, Campus Guadalajara(地図
Av. General Ramon Corona # 2514 - Zapopan
Guadalajara, 45201
メキシコ
McNeelマイアミウェブサイト: http://mcneelmiami.com/inc/sdetail/1706

Stone setting and its 3-D model for Rapid Prototyping - RHINO-DAY - メキシコ、グアダラハラ


 日: 2014年4月2日
時間: 8:00 am - 5:00 pm
費用: US $95
Rhino-DAYのイベントで、石留めやそのためのジュエリーモデリングの基本をカバーするハンズオンデモンストレーションが行われました。

メモ: ARTのPJ-Chenは認定Rhinoトレーナーで、SCAD教授としてもフルタイムで勤めています。

2日間のMaster Lectures、4月4-5日
詳細: http://mcneelmiami.com/rhino_day_2014
場所:
Rhino-DAY - Tec de Monterrey, Campus Guadalajara(地図
Av. General Ramon Corona # 2514 - Zapopan
Guadalajara, 45201
メキシコ
McNeelマイアミウェブサイト: http://mcneelmiami.com/inc/sdetail/1747

Paneling solutions from concept to fabrication - RHINO-DAY - メキシコ、グアダラハラ

日: 2014年4月2日
時間: 8:00 am - 5:00 pm
費用: US $95
Rhino-DAY のイベントで2Dおよび3Dのセルパターンを生成し、長方形グリッド全体に配置するのに便利なPanelingToolsプラグインのワークショップが行われました。このプラグインはRhino 5としっかり統合され、建築や建物のデザイナー、インダストリアルデザイナーに広く利用されています。

2日間のMaster Lectures、4月4-5日
詳細: http://mcneelmiami.com/rhino_day_2014
場所:
Rhino-DAY - Tec de Monterrey, Campus Guadalajara(地図
Av. General Ramon Corona # 2514 - Zapopan
Guadalajara, 45201
メキシコ
McNeelマイアミウェブサイト: http://mcneelmiami.com/inc/sdetail/1707