2014年3月28日金曜日

可塑性デジタルデザインのコンペ



現在、ファブリケーションに向けたデジタルデザインの国際コンペ、Plasticityが募集を開始しています。コンペ概要をダウンロード。
期日等:

   4月20日         問い合わせ期限
   6月29日         登録と1回目の提出期限
   7月14日         最終選考作品の発表
   10月03日        最終選考作品の応募と第2審査
   10月 20-26日   ACADIAでの最終選考作品展示と公式発表
   2015年春         ヒューストンで行われるTEX-FAB 2015に出展


水を3D形状に




イタリアの南チロル地方の水道水はミネラル豊富でクオリティが高く、そのまま飲むことができますが、それでも地元の人達はボトル入りの水を買っています。

地元での水道水消費を促すためとCERSAIEの2013 Bologna Water Designの一環として、Free University of Bolzanoのイタリア人デザイナー、Andreas Trenkerが地域向けに水差しシリーズをデザインしました。

異なる水源の5つの特性(海抜、温度、硬度、伝導率、pH)を使った形をRhinoで生み出し、3D形状に変換しました。その後はRhinoとRhinoCAMで水差しを作るため、型が作成されました。

Tensile Structure(張力構造)について考える


Joe RoperRhinoGrasshopperKangarooWeaverbirdを使ったFrei Ottoの作品について探り、ブログで紹介しています。


Rob|Arch 2014 ワークショップ

Rob|Arch 2014はロボットファブリケーションの異なる側面に取り組む8つのワークショップを提供します。全て5月14-16日に並行して開催され、結果は5月17、18日のカンファレンスで(学術論文とともに)取り上げられます。

ワークショップ紹介:

ICD - シュトットガルト大学
Fiber Syntax
 

繊維強化ポリマー(FRP、Fiber-reinforced polymer)は耐荷力や軽量性に優れるなどの特性があります。自動車から造船、航空宇宙まで様々なエンジニアリングの現場で好まれ、多くの利点がありますが、繊維配向の正確な制御を備えた複雑なジオメトリのファブリケーションが必要です。既存の方法ではコストがかかりすぎる等、建設業界には不向きなようですが、ICD/ITKE Research Pavilionsのために開発した方法は幾何学的に分化した構成に高度な自由をもたらしながら型枠の必要性を最小限に抑えています。



Bot & Dolly
Craft Class 4 Robots


VimeoBot & Dolly ReelBot & Dolly

ファブリケーションデザインと視覚効果に取り組むワークショップです。

ACADIA 2014 | DESIGN AGENCY | 募集のお知らせ


Association for Computer-Aided Design in Architecture 2014 International Conference

カンファレンス: 2014年10月23-25日
米国カリフォルニア州ロサンゼルス

ワークショップ、ツアー: 2014年20-22日、26日
米国カリフォルニア州ロサンゼルス

DESIGN AGENCYが南カリフォルニア大学、UCLA、Southern California Institute of Architectureの研究ネットワークの協力により、ACADIAコミュニティで現在起こっているクリエイティブな動きや研究のスペクトラムを一堂に集めます。

応募情報についてはこちらのページをご覧ください: http://2014.acadia.org/submit.html 

2014年3月27日木曜日

第10回RhinoDayイタリア


10th RhinoDay Italy 2014
Università degli Studi di Padova - Dipartimento di Ingegneria Civile, Edile e Ambientale 2014年4月11-12日


Università degli Studi di Padova - Dipartimento di Ingegneria Civile, Edile e Ambientaleが企画し、ZEN's s.r.l.が後援する10回目のイタリアユーザーミーティングが発表され、お申込みを受け付けています。

ユーザーのライブプレゼンテーションとは別に、Steve Baer、Giulio Piacentino、Giuseppe Massoni(McNeel)がそれぞれRhinoPythonGrasshopperRhinoの最新情報をご紹介します。

2014年3月26日水曜日

Creative Industry Fair Szczecin 2014、ポーランド


Creative Industry Fair Szczecin 2014、ポーランド 
2014年3月27 – 28日

ポーランドのシュチェチンでCreative Industry Fair Szczecin 2014が行われ、認定RhinoリセラーのBardinsが3Dモデリング、3Dスキャン、ビジュアライゼーションに関する最新のソフトウェアツールを紹介しました。

Bardins 
ブース9-10(ルームB)
Szczecin ul. Cukrowa 12, budynek Service Inter - Lab
(開場時間: 10 - 17時)

Rhinoceros 5、Photomodeler Scanner 2014(EOS Systems)、KeyShot 4(Luxion)の特別プレゼンテーションがあり、 他にもStrata 3D,、V-rayHDR Light StudioRhinoGoldmadCAMVisualARQVue xStreamResolumeZBrushが紹介されました。

2014年3月24日月曜日

Spring Species - Grasshopperワークショップ、ブラチスラバ(スロバキア)


Spring Species _Grasshopperワークショップ
スロバキア、ブラチスラバ
4月22-26日

このワークショップは極小曲面の物理的シミュレーションや反復サブディビジョンに焦点を合わせ、Rhino 5 + Grasshopperとサブプラグインを使います。

講師: Andrei Padure(ルーマニア)、Alex Ahmad(オーストリア)
Crashコース講師: Ján Pernecký(スロバキア)Rojiar Soleimani(イラン)
主催: 3D Dreaming、rese arch


Grasshopper & V-Ray トレーニング - ノッティンガム(UK)


Computer Modelling with Rhino using Grasshopper and V-Ray Rendering
Nottingham Trent University, UK
4月26日 - 5月24日

GrasshopperとV-Rayレンダリングを使ったRhinoのコンピューターモデリングを扱う5日間のコースで、午前中はモデリング、午後はレンダリングに専念します。新しい形状の生成と探索に関心のあるプロダクトデザイナーや建築家が対象です。