2014年11月7日金曜日

UMI、Rhinoでのアーバンモデリング - V2

UmiはRhinoベースのプラグインで、地域や都市部屋外の快適性、運用上の具体化されたエネルギー使用、歩行性、採光を解析します。

Umi はマサチューセッツ工科大学のSustainable Design Labが開発しました。

バージョン2.0に含まれる機能向上:
  • 建物の運用エネルギー使用、歩行性、自転車の走行性に加え、具体化されたエネルギーと容積率(FAR)も計算できるようになりました。
  • 結果を示す新しいビューアはシミュレーション結果を解析/エクスポートすることができ、またサードパーティのシミュレーション環境から生成された結果をインポートすることもできます。
  • 厳選したumiプロジェクトを新しいumiverseサイトでご紹介します。
どうぞumiをお試しください。2.0は1.0と大きく異なるため、ユーザーズガイドと一連のビデオチュートリアルのアップグレードについてもチェックされることをお勧めします。




0 件のコメント: