2014年10月20日月曜日

現実の問題を解決する高校














2つの学校が協力して生徒達を対象に製造シミュレーションを行い、Rhinoといくつかのコンピューターツールを使用しています。実際の問題を解決するため、オレゴンのSherwood High SchoolとアラスカのSitka High Schoolは複数の拠点を持つ製造業者の状況をシミュレーションします。一ヶ所(Sherwood あるいは Sitka)でいくつかのパーツを製作し、相手校に発送して仕上げます。何カ所で作業してもパーツはきちんと合わせ、許容差についても工業規格をクリアしなければなりません。

John Niebergall先生とRandy Hughey先生は技術教育で改革を利用する良い例と言えるでしょう。



0 件のコメント: