2014年2月20日木曜日

RGSS vol.43 「設計者にアイディアを提供するトポロジー最適化/形状最適化技術と、これを生かす3Dプリンター」


RGSS第43回のお知らせです。

(RGSSは大野友資氏と舘知宏氏が主宰する、毎月、建築、プロダクト、メディア・アートなど、様々な分野からゲストを迎え、コンピュテーショナル・デザインについて日本における最先端の情報を交換し合う勉強会系ワークショップ的イベントです。)

今回は、現在設計において当たり前のように使われている構造解析ソフトやツールがどうやって発展してきたか、そしてこれからどうなっていくのか。その歴史を紐解きながらプレゼンテーションしていただきます。更に今回は3Dプリンターに関連する話もしていただく予定です。

2月21日(金曜日)に、Fabcafeのイベントスペースにて開催します。

ご予約は、リンク先のページから指示に従って行っていただけます。

httfabcafe.com/join/w00041_001p://

○プレゼンター 石井恵三(株式会社くいんと代表取締役社長)

構造解析プログラムの研究・開発者。独自のソフトウェアを共同開発する傍ら、年1回、多くの権威や専門家たちの講演を通して計算力学、CAEの最先端の研究、情報をビジネスに関係なく発信する「くいんとセミナー」を開催するなど、領域の発展にも貢献している。

株式会社くいんと
http://www.quint.co.jp/

■日時:2014.2.21[金]19:00-21:00
■会場:Fabcafe(東京都渋谷区道玄坂1-22-7道玄坂ピア1F)
■主催:RGSS
■協力:Fabcafe, noiz architects
■参加費:1000円(ワンドリンク+フィンガーフード付き

詳細は、http://fabcafe.com/join/w00041_001をご覧ください。

0 件のコメント: