2014年12月27日土曜日

ターミネーター:新起動/ジェニシス の環境をパネリング



映画のデザインを手がけるAndrew Reederは、ターミネーター:ジェニシスで一番複雑な環境の1つを解決するためにRhinoとPanelingToolsプラグインを使いました。プラグインのスピードと使いやすさでReederと映画のコンセプトチームは美学的にも適切な独特のデザインに到達し、ストーリーを語り、多くの複雑なファブリケーションの問題にも対処する解決策を提示することができました。
この映像はTerminator Genisys のトレーラー(36 - 58秒)でご覧いただけます。

2014年12月18日木曜日

PanelingTools for Rhino 5 and Grasshopperの新しいリリース


新しいPanelingTools for Rhino 5 and Grasshopper が公開されました。詳細とダウンロード...

2014年12月17日水曜日

Tanusas - リゾート&スパ


Tanusas Resortはそよ風とヤシの木に囲まれた隠れ家で、その実用的な空間を海が和らげています。

"私にとってこのプロジェクトの目標は、Rhinoのようなハイテクツールで再解釈したこの地域の建築を正しく読み取ることでした。巨大なプロジェクトの全てを何の制限も無くデザインする自由を自分に与えながら、プロセスの途中に物理的モデルは一切なく、未開発の環境で先住民達に囲まれながら、全てデジタルで行いました。

建築そのものは周囲にとけ込み、現代ファッションのローカルデザインを描いています。

私はこのプロジェクトを全詳細までRhinocerosでデザインしましたが、過去最高の決断でした。" 

Bernardo Bouquet-Roldan Crespo

GrasshopperとPythonのスペイン語マニュアル


archi[o]logicsを創設した社長のAdolfo Nadalは、建築、教育、デザイン、計算機科学と、多様なキャリアを重ねたプロですが、コンピューテーショナルデザインについて以下の内容のマニュアル(スペイン語)を共有してくださいました。


ヒント: PDFバージョンをご希望の方は、Share>Downloadをクリックしてください。

INFORMED MATTER - Grasshopper中級ワークショップ(パリ)


INFORMED MATTERワークショップ
フランス、パリ
2015年3月6-8日

空間は多くの面でモニターすることができますが、センサーや技術の進歩で環境への理解は日々向上しています。

INFORMED MATTERは“データを具現化する戦略”と高度なメッシュモデリングテクニックについてのGrasshopper中級ワークショップです。Grasshopperは実際パワフルなインフォメーションプロセッサーで、具体的なデータでデジタルの形態を特徴付け、可能性のある戦略を開発するベースを提供します。

このワークショップの焦点はインフォメーションプロセッシングをデジタルシステムに統合し、ごくシンプルなものからさらに複雑なものまで構造を形成できるようにすることです。

2014年12月16日火曜日

良い、悪い、それほど見苦しくない


Kevin Caronは主に3Dプリンターを使って彫刻を制作しています。最近は売れた作品の台座を印刷して用途を広げましたが、このプロセスでシンプルながら実用的なRhinoの利用を解説したビデオも作成しました。

この台座は土台が丸く、上部はだ円形で、使っていたCADプログラムより強力なものが必要でした。そこにRhinoが現れ、 横をまっすぐにするのは右ボタンを見つけてしまえば完璧にでき、朝飯前だったそうです。

Kevinのビデオ: How to Use 3D Printing for Other Uses' ....

原文投稿者: Sandy Mcneel

2014年12月11日木曜日

ホワイトハウスのクリスマスツリーを飾るオーナメント

私達のオンライントレーニングを受けた方、正確にはその方の作品であるオーナメントがホワイトハウスに進出しました。Antar Hallは3D印刷のオーナメントを募集したWhite House 3D-Printed Ornament Challengeに応募し、Presidents of Christmas Past & Presentのトップ5に選ばれました。

このオーナメントは3D印刷されてホワイトハウスのイーストウィングに飾られ、ホリデーが終わるとスミソニアンのアメリカ歴史博物館に移されます。

次点の3作品でもデザイン作成にRhinoが使われました: starballEssence of the IceThe Christmas State of Mind Ornament


原文投稿者: Sandy Mcneel

2014年12月4日木曜日

新しいRhinoBIM beta 3.45.179 をダウンロード








RhinoBIM_Structureに数多くの修正と機能向上を含む新しいベータ3.45.179が公開されました。
またManageタブに新しくUser Data機能が追加され、全てのジオメトリにどのような情報でも添付できるようになり、レポートを作成できるようになりました。

beta 3.45.179のダウンロード...

UNIVERSIDAD ICESIが新しい認定RhinoFabStudioに


UNIVERSIDAD ICESIが、新しい認定RhinoFabStudioに加わりました。ICESIは革新的なカリキュラムを開発し、専門家としてより良く、十分に準備を整えられるよう、学生達にアクティブラーニングの方法を通して知識を探求することを推奨しています。ICESIは厳格な教育水準と幅広く多様な学部・大学院課程で、コロンビア有数の有名大学の1つとして認められています。

ICESIのRhinoFabStudioに関する詳細はこちらにお問い合せください:
Lina Marcela Quintero Villareal 


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio™(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andres Gonzalez

2014年12月2日火曜日

PanelingToolの新しいオンラインコース、12月8-11日

 
 
PanelingTools for Rhino 5 and Grasshopper - 新しいオンラインコース
2014年12月8-11日 9:00AM-1:00pm(太平洋時間)
お1人US$99
.

Rajaa IssaがPanelingToolsアドオンを使ったRhino 5でパネリングやサーフェス有理化のコンセプトを探るオンラインコースを提供しました。総合的なクラスで、コンセプトの生成からファブリケーションを考慮した詳細デザイン、パラメトリックなパネリングもカバーしています。その他...


 
これは全く新しいクラスで、インストラクターの指導によるオンライン環境でPanelingToolsとその多くの機能を効率的に学ぼうとお考えのデザイン学生やデザイナーが対象で、Rhino 5とGrasshopperが使える環境が必要となっています。

無料ウェビナー: Jewellery with HDR Light Studio


Simply RhinoV-Ray for Rhinoと、以下を含む特定の分野での利用を紹介する6回のウェビナーシリーズを提供しています。

プロダクトデザイン
建築
インテリアデザイン
ジュエリー

ハイエンドのレンダリング製品への移行を考えている方には理解と情報、既にV-Ray for Rhinoを使っている方には数多くの便利なヒントが見つかるでしょう。



ジュエリーに関する30分のウェビナーはHDR Light StudioのメーカーであるLightmapのMark Segasbyも一緒にジュエリーのビジュアライゼーションを考察するものでした。

ジュエリーのレンダリングは基本的に反射と屈折が全てです。Mark はモデルの適切な面を選ぶだけで反射を完全にコントロールし、設定できる HDR Light Studioがどれほど簡単なものか実演しています。

ライティング、反射、背景はV-Ray Dome Lightと何の手間もかからないHDR Light Studio Liveのサポートで全てコントロール可能です。


2014年11月25日火曜日

Rhinoのライセンスを共有

(これは共有って言った方がいいな)


確認のご案内ですが、単一ユーザーのRhino商用版ライセンスは同時にユーザーお1人がお使いになれるライセンスです。

ただしご自身の管理下にある限り、使っていない時にRhino商用版ライセンスを共有することは何の問題もありません。一番良い管理方法は、お持ちのライセンスをZooに入れておくことです。

Zooはインストールもご利用も非常に簡単(しかも無料)です。詳細…

Zooを使う以外にも、ライセンス保護に役立つことがいくつかあります。

  • 万一盗まれたり無くしたりした場合にお手伝いできるよう、ライセンスをご登録ください。
  • Rhinoの認定代理店からご購入ください。
  • ライセンスキーは貴重品と同じように、安全な場所に保管しましょう。
  • ライセンスキーそのものは絶対に共有しないようにしましょう。

共有は責任を持って - Zooを利用...

Fimbulvetrスノーシュー、今シーズンの準備OK


Rhino(とGrasshopper)でデザインされたFimbulvetrのスノーシューについて、3月にブログでご紹介しましたが、ついにそのデザイナーとお会いしてスノーシューを間近に見ることができました。卓越したプレゼンテーション、カンファレンス、ネットワーキング満載の数日間となったスペインでの2014年Rhinoミーティングに参加したのですが、講演者のうち2人がKristian Wenstøp、Fredrik Wenstøp(Pivot Produkt Design)の兄弟で、クランポンや浮力、重さ、着脱のしやすさを説明していました。期待は裏切られず、すぐにでもスノーシューで雪の上を歩けそうです。

北米ではどこが販売するのか気になりますが、それまではFimbulvetrが ウェブサイトから世界各国へ発送してくれます。

2014年11月24日月曜日

Rhino Meet Up NYC - 12月10日

 

Jean GorospeがRhino 5の集まりをニューヨークで開催します。参加は無料です。

日時:
2014年12月10日、7PM

場所: 
Game Innovation Lab
5 MetroTech Roadway
Brooklyn, NY 11201

2014年11月21日金曜日

2014年11月18日火曜日

Grasshopperの中級コース、12月1-4日



Intermediate Grasshopper - オンラインコース
2014年12月1-4日
9:00AM-1:00pm 太平洋時間
1人US$215
残席わずかです。どうぞお申込みください

Andres GonzalezがGrasshopperアドオンを使ったRhino 5でのジェネレーティブモデリングの中級コンセプトを探ります。どうぞご参加ください。Grasshopperの中級デザインと数多くの実例にコンセプトを適用します。詳細...

今年最後のクラスになります... 今すぐお申込みください!
このコースは、インストラクターの指導によるオンライン環境で、速習ペースでGrasshopperの概念や機能を効率的に学ぼうとお考えのデザイナー/設計者に向いています。受講にはIntro to Grasshoppertrainingまたは同等の予備知識が必要です。

原文投稿者: Jody Mills

2014年11月17日月曜日

Kangaroo、ALGODeQコンペで優勝


アルゴリズムデザインにおける傑出した業績を評価しようと行われたALGODeQ 国際コンペが完了しました。43ヶ国から190のエントリーがあり、建築でコンピューターを使った革新的なアプローチを探り、KangerooがInfrastructure as the grounding matrix for designのカテゴリーで優勝しました。

Kangarooには良い仲間があり、他にRhinoVault、LMN Architecture が受賞しました。

審査員の1人、Michael Hansmeyerのコメント: ALGODeQコンペは建築家やデザイナーがもう既存のソフトウェアパッケージに縛られることなく、独自のデザインをするようになったことを証明しました。これはパッケージの制限や制約から建築家を解放する上、恐らくもっと重要なことに、デザインをうまく収める方法を根本的に見直すことが求められるでしょう。
ALGODeQのほとんどのアプローチが、以前は計算が難しかったり考えることすらできなかったデザインになりました。ファブリケーション技術の進歩でこのような新しい建築がコンピューターの画面を越え、物理的に現実世界のものとしてレンダリングされています。素晴らしい時が待ち受けています。

KangarooはGrasshopperで直接インタラクティブなシミュレーション、最適化、形状探索ができる生きた物理エンジンです。



原文投稿者: Sandy Mcneel

Project EGG 完成


"このスタジオでprojectEGGの完成を発表できることを嬉しく、誇りに思います。過去最大のコミュニティ3D印刷プロジェクトを作り上げるために世界中の3Dプリンターと協力しました。完成は本当に素晴らしく、オランダのDutch Design Weekでの初披露も成功しました。

3D印刷に1年以上を費やしましたが、全てRhinoとGrasshopperで作ったことはEGGで良かったことの1つです。1つ1つ異なる4,760もの石を作り上げるなんて他の3Dプログラムでは考えられません。

プロジェクトに関わった全ての3Dプリンターと人々、この素晴らしいソフトウェアの開発元であるMcNeelに感謝します。"

Michiel van der Kley、studio michiel van der kley


原文投稿者: Carlos Pérez

2014年11月14日金曜日

Bheard Sound Pod - Kickstarterキャンペーン


BholdがRhinoを使って最新のプロジェクト、Bheard Sound Podを作りました。単一の要素でできたこのキュートな小物は電話の音を増幅し、音質を向上させます。

Kickstarterキャンペーンの期限まであとわずか、11月20日までです。どうぞお急ぎください。



Bongo 2.0 サービスリリース5 のお知らせ


Bongo 2.0 SR5 をこちらからダウンロードしていただけます:
サービスリリースの変更詳細はリンク先からご覧いただけます。
よろしくお願いします。

原文投稿者: Marika Almgren

2014年11月13日木曜日

RhinoでのスムーズなBIM/FEAワークフロー


GeometryGymがGSA、SAP2000、Robot、Sofistik、SCIA等、市販の構造解析ソフトにデータをインポートできるIFCへのエクスポーターをKaramba(Grasshopperの構造解析プラグイン)に実装しました。プロジェクトには多くの場合、特定の市販ソフト(あるいは認証されるソフト)が必須となっているクライアントがいます。

Karambaのデータベースを直接エクスポートできることから、(Grasshopperでコンポーネントの複製を維持したり、)代替ソフトウェアでモデルをリビルドする手間を省くことができます。

これはRhinoBIM向けにも簡単に使うことができ、(エンジニア向け機能提供の必要に応じて)VisualArqも可能性があります。構造解析は一面でしかありません。IFCはエネルギー、環境、MEP、歩行者などのシミュレーションといった違うタイプの解析情報を伝える能力もあります。


Rhinoミーティング2014


10月29-30-31日、Rhinoの開発、販売、トレーニングに関わる人達がカステルデフェルス、バルセロナ(スペイン)に集まって最近のRhino経験を共有しました。

3DconnexionRolandWacomの後援で行われたこのイベントは、35ヶ国から集まった200人以上の参加者に知識とインスピレーションをもたらす一連のカンファレンスとネットワーキングで構成されました。 カンファレンスでカバーしたトピックにはMcNeelでの最近の開発状況(Rhino for MacGrasshopperfood4RhinoKangaroo開発ツールトレーニングとサポートRhinoFabStudio)の他、デザイン、AEC(建築、エンジニアリング、建設)、デジタルファブリケーションの分野の最新テクノロジーについてのコメントに対する公開討論のセッションもありました。

イベントの基調講演者は利用者の創造力のおかげで限界に挑戦できた、Rhinoを使った優れたプロジェクトをいくつか紹介してくださいました:


Rhinoに多大な機能を加えるハードウェアやソフトウェア製品を開発したパートナーが製品を紹介する部屋もありました。出展者:
Asuni CADCalgary ScientificChaos GroupCIMsystemCL3VERDATAKITEvolute GmbHHAL Robot Programming & ControlMachineWorks LtdmadCAM ABMecSoft CorporationNext LimitRandom ControlRhinoPipingRhinoTerrainRobots.IOTDM SolutionsVirtual Build Technologies

世界中のユーザー事例やプロジェクト、アプリケーションの話を交換しながら、誰もがRhinoコミュニティの大きさと多様性を知って刺激を受けることができました。





Rhino-DAYs 2015-USA カンファレンス: 1月16-17日、米国ジョージア州 サバンナ


Rhino-DAYs 2015-USA
カンファレンス: 1月16-17日ジョージア州サバンナ
   
2015年1月16-17日、 SCADで2日間の講義を行います。 プレゼンターは専門分野や実際のプロジェクトでの3Dモデリング/デザインをどう利用しているかについて紹介します。海洋(マリン)デザインから進化し続けるプロダクトや家具、セットデザイン、芸術的な建築まで、インタラクティブなデザインの原則を、ぜひ発見してください。複雑なジオメトリの解析やファブリケーションに適した形式への有理化、あるいは発展するRhinoとGrasshopperのデザイン環境の変化をご紹介します。

プレゼンターのリストはこちらでご覧いただけます。
お問い合せはメールでJackie Nasserまで、または+1 (305) 513 4445へお電話ください。

重要事項: 
  • 2日間のカンファレンス参加費は$100ですが、学生または教員の方がお申込みの場合はRhino 5 教育版ライセンス証明書が必要です。通常の教育版はUSD $195)をお渡しします。
  • 1月16-17日のカンファレンスにお申込みの方はこちらをご覧ください: http://mcneelmiami.com/rhinoday_2015
  • 1月15日にも1日ワークショップを提供しますが、お席は非常に限られていますので、お申込みの方はお早めにどうぞ。6つのワークショップからお選びいただけます。
  • 1月15日のワークショップリストとお申込みについてはこちらをご覧ください:  ワークショップ
どうぞ早期割引をご利用ください!!!.  
講義はこちらからお申込みいただけます。 


CLIMATE RIBBON™ ビデオ


Hugh Dutton AssociésがデザインしたCLIMATE RIBBON™は精密なエンジニアリングと環境のデザインをエレガントな彫刻の形で組み合わせる、芸術と科学の素晴らしい融合です。

Grasshopperをプラグイン、LadybugHoopsnakeと一緒に使った全体的なコンピューテーションプロセスを通してデザインされました。ビデオ(Video1Video2)で環境パフォーマンスのパラメータに対応して建築物を作り出すためにdatascapesを使った、ブレードの生成プロセスをご覧いただけます。


12月にパリのデザイン事務所とFrancesco Cingolaniがこのリボンのデザインプロセスを題材にしたGrasshopperの上級ワークショップ、DESIGN by DATAの2回目を開催します。

AA出張スクール ジッダ - Makkah VS Makkah


Makkah VS Makkah
2015年2月2日(月)nd –12日(木)

サウジアラビアのジッダで行われる11日間のAA出張スクール デザインワークショップは学生および社会人の登録を受け付けています。

このワークショップは建築およびデザインの現役学生、PhD候補者、若手のプロが対象です。必要なソフトウェア: Adobe Creative Suite、 Rhino(SR9またはまたはそれ以降)


詳細は以下のリンクをご覧ください:
ウェブサイト: http://jeddah.aaschool.ac.uk/

2014年11月11日火曜日

GENERATOR 2: Grasshopperのための反復エクスプローラー




GENERATOR 2Grasshopper®で生成した形状を反復、探索する、スマートで進化した方法です。

GENERATOR 2 の能力をもっとお知りになりたい方は、Grasshopperサイトのコミュニティに参加するか、ブログをご覧になると良いでしょう。

Antonio Turielloが開発したGENERATOR 2Food4Rhinoで公開されています。

2014年11月10日月曜日

マドリードでお寿司を食べたくなったら?

ぜひDokiDokiへお越しください!
この素晴らしいレストランRhinoGrasshopperを使ってControlmadがデザインしました。ネスティングはRhinoNestで行われました。


Paneling Tools 紹介ウェビナー、11月18日

 

ウェビナー、11月18日(火)

Rhino開発者のRajaa IssaがRhino 5プラグイン、PanelingToolsを紹介するウェビナーを11月18日に行います。PanelingToolsは2Dおよび3Dのセルパターンを生成し、長方形グリッド全体に配置するのに役立ちます。パネリングコンセプトの直感的なデザインの他、複雑なジオメトリの解析やファブリケーションに適した形状への有理化をサポートします。
  • タイトル: Introduction to Paneling Tools
  • 日: 2014年11月18日(火)
  • 時間: 9:00 AM - 11:00 AM(PST/太平洋標準時)
お申込みはこちら... お席には限りがあります
 
お申込みの方にはウェビナーに参加するための情報を含めた確認メールをお送りします。プレゼンテーションは所要約1時間で、セッションの最後に質問にお答えします。またこのウェビナーは録画し、私達のサイトに投稿します。

システム要件:
PCをお使いの場合
 Windows® 8、7、Vista、XPまたは2003 Server

Mac®をお使いの場合
 Mac OS® X 10.6またはそれ以降

モバイルで参加する場合
 iPhone®、iPad®、Android™ PhoneまたはAndroidタブレット

論文募集 - 造船カンファレンス

17回目となる造船におけるコンピューターアプリケーションの国際カンファレンス(ICCAS/International Conference on Computer Application in Shipbuilding)は船や海洋構造物のデザインや建造における既存のコンピューターアプリケーションから実務経験を見直します。ICCASは技術解析、データモデリング、PLM、CAD、CAM、統合システム、ナレッジマネジメント、システム工学、シミュレーション、ビジュアライゼーション、プロセス、規格を含む、あらゆる範囲をカバーします。

  • 2月1日 – 要約の応募期限
  • 2月9日 – 3月2日 - 要約の再考
  • 6月28日 – 論文提出
  • 9月14日 – プレゼン提出
  • 9月29日 – 10月1日 – カンファレンス

要約を提出される方は250ワードにまとめ、氏名、共著者、会社名、論文のタイトルを明記してMorgan Griffiths(mgriffiths@rina.org.uk )までご提出ください。応募要項についてのお問い合せもこちらで受け付けています。

RhinoTürkiye - Maker Faire Istanbulにて


Maker Faire Istanbulが11月12-13日に行われます。

RhinoTürkiyeが出展し、デジタルファブリケーションで使われているRhinについて紹介します。

2014年11月7日金曜日

UMI、Rhinoでのアーバンモデリング - V2

UmiはRhinoベースのプラグインで、地域や都市部屋外の快適性、運用上の具体化されたエネルギー使用、歩行性、採光を解析します。

Umi はマサチューセッツ工科大学のSustainable Design Labが開発しました。

バージョン2.0に含まれる機能向上:
  • 建物の運用エネルギー使用、歩行性、自転車の走行性に加え、具体化されたエネルギーと容積率(FAR)も計算できるようになりました。
  • 結果を示す新しいビューアはシミュレーション結果を解析/エクスポートすることができ、またサードパーティのシミュレーション環境から生成された結果をインポートすることもできます。
  • 厳選したumiプロジェクトを新しいumiverseサイトでご紹介します。
どうぞumiをお試しください。2.0は1.0と大きく異なるため、ユーザーズガイドと一連のビデオチュートリアルのアップグレードについてもチェックされることをお勧めします。




2014年11月3日月曜日

V-Ray for Rhino ウェビナー


Simply RhinoV-Ray for Rhinoと以下を含む特定の分野での利用を大まかに紹介する6回シリーズのウェビナーを提供します:

プロダクトデザイン
建築
インテリアデザイン
ジュエリー

ハイエンドのレンダリング製品への移行や、既にV-Ray for Rhinoをお使いの方に役立つ数多くのヒントをお考えの方に情報と洞察を提供するものとなるでしょう。

このシリーズの次のウェビナー:

Architectural Interior Renderings 
2014年11月5日
11am(イギリス時間)

このウェビナーではSimply RhinoのPhil Cookが室内シーンの設定を考察します。

正しいGIソリューションを選ぶ重要性を、シーンを設定しやすくするV-Rayのプリセットの使用と共に検証します。



原文投稿者: Carlos Pérez

2014年10月28日火曜日

RhinoとGrasshopperを使ったジェネレーティブ家具デザイン


日程: 2014年11月11 - 17日

5日間のワークショップで正確なフリーフォームの3D NURBSモデルの作成と編集を学びます。

この速習クラスでは高度なサーフェス作成コマンドを含む、Rhinoのほとんどの機能をカバーし、さらに学生がより高度なそれぞれのプロジェクトに生かせるよう、Grasshopperとパラメトリックデザインの機能を理解できるようにします。

RhinoFabStudioでのトレーニング中、ジェネレーティブモデリングを用いた家具デザインを向上/スピードアップさせることができるよう、Rhino + Grasshopperのカスタマイズをご紹介します。このクラスは3Dプリンターやレーザー加工機を使ったファブリケーション技術や、CNCマシン向けにRhinoCAM NESTING、RhinoCAMを使ったファブリケーションと最適化もカバーします。


詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

お申込みの方はメールでJackie Nasserまで、またはMcNeelマイアミまでお電話(+1 305 513 4445)ください。
RhinoFabStudioへもどうぞご参加ください。

RhinoからCL3VERへの新しいプラグイン


建築家、インダストリアルデザイナーやプロダクトデザイナーは、プログラミング不要でRhino 3Dモデルのブラウザベースのインタラクティブな3Dプレゼンテーションを作成できるようになりました。新しいプラグインはベータ版ですので、新規ユーザーの方もインポートのプロセスに問題があった場合は、CL3VERサポートチームにどうぞフィードバックをお寄せください。
新しいCL3VER plugin for Rhino 5は、Rhinoユーザーがクライアントや関係者に3Dモデルを体感してもらえるようなプレゼンを作成できるCL3VERエディタに直接エクスポートできるようにします。このプラグインはジオメトリ、階層、マテリアル、テクスチャを、オリジナルのモデルからインポートします。Rhinoは複数の業界で使用されており、他の3Dモデリングソフトと組み合わされることもあります。 CL3VERはプラットフォーム非依存のため、同じプレゼンテーションに異なるソフトウェアで作成されたモデルを含めることができ、デザインの開発で単一のソフトウェア技術に頼らない場合にプラットフォームを非常にパワフルにすることができます。
まだCL3VERをお使いでない方は無料でご登録になり、こちらのプラグインページからRhino 5用のプラグインをダウンロードし、こちらのチュートリアルの指示に従ってインストールしていただくことができます。

2014年10月24日金曜日

Rhinoを使った照明製作


3D印刷のスペシャリスト、FATHOMが社内プロジェクトとして優美なシャンデリアを作り上げました。

Rhinoのサーフェス作成/テクスチャリングツールを使ってCADモデルを作成し、FATHOMの能力を紹介するプロトタイプが作成されました。

照明効果とパラボラ形状の構造的な安定性を作り出すためにRhinoの複雑なジオメトリが使われました。




2014年10月22日水曜日

AsianNewFaces展でのGabbia Lamp他


10/24-11/3に、Rhinoのユーザーでプロダクトデザイナーの福定良佑氏がRui Pereira氏と共同デザインされた竹の幻想的な照明器具「Gabbia Lamp」が、東京の代官山デザインデパートメント内のAsianNewFaces展にて展示されます。ぜひご覧ください。

日時 : 2014年10/24(金) - 11/3(月・祝)  7:00 - 深夜2:00

オープニングパーティー : 10/24(金) 19:00 - 21:00
会場 : 代官山蔦屋書店 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
ウェブサイト : www.tsite.jp



また、福定良佑氏は11月末に開催されるインテリアライフスタイルリビング展にて、新しい陶器ブランドutsusiwaの商品の発表を予定されています。(この商品は、青フェス2014の会場にて先行販売されます。)

- インテリアライフスタイルリビング展へのリンク -
http://www.ifft-interiorlifestyleliving.com/jp/top.php http://www.mmfcservice.com/ifft14/ja/search/detail.htm?id=17813

- 青フェス2014の情報 -
日時 : 2014年10/28(火) - 10/29(水)  12:00 - 21:00
会場 : Light Box Studio Aoyama 東京都港区南青山5-16-7
ウェブサイト : AOFES

ぜひご覧ください。

RhinoからNavisworksへ

RhinoToNavisworksはNavisworksがAutodesk® Navisworks® 2015でRhinoモデル(*.3dm)を開けるようにする無償プラグインです。

詳細...

植物園にRhino




またファンの方が複雑な形状をモデリングできるRhinoの能力を熱く語ってくれました。今回は米国アイダホ州ケッチャムのケースです。

Sawtooth Botanical Gardensのパビリオン、Ellen Long Garden Pavilionのためのコラボレーションは建築家のJolyon Sawreyで始まりました。Sawreyは屋根のサイズ、高さ、基本形状の他、電気系や設置といった機能を作成しました。屋根のパーツについてCimarron LoftingのBill Amayaに相談し、Amayaは意匠図を受け取り、Rhinoを使って屋根やパーツの詳細を、必要な部分だけ形状を変更しながら完全にモデリングしました。その後、梁や金属製のスキン等のパーツを図面にしてメタルファブリケーターに送り、曲げ加工やレーザーカットを依頼しました。メタルファブリケーターはD-Swaner WeldingのDavid Swanerで、その後アセンブルして配送し、屋根の部分を設置しました。

Cimarron Loftingにとってカギだったのは梁の形状と配置を見つけ出すことでした。AmayaはRhinoがなければどうすれば良いか分からなかった、形と数学的中身のない問題だけだった、とコメントしています。



2014年10月21日火曜日

MIXOGEN デザインコンテスト

 
MIXexperience Objects GENerator

経験を混ぜ合わせてオブジェクトを生成するMIXOGENとは:

Antonio Turiello(GENERATOR)
MixExperienceスタッフ
が作り出し、開発したコンセプトで、デザインコンテストはRhinocerosGrasshopperを使うことが条件になっています。

Absolut Joint System - ACADIA 2014にて


AJ - Absolute Joint Systemは世界で唯一、溶接されていない丸いパイプ構造のステンレスシステムです。クライアントの創意に応える彫刻ツール(Grasshopperのカスタマイズ)を建築家に提供します。

AJ - Absolute Joint SystemACADIA 2014を後援し、イベントで製品を展示します。

The ACADIA 2014: DESIGN AGENCY カンファレンスは2014年10月23-25日、米国カリフォルニア州ロサンゼルスの南カリフォルニア大学(School of Architecture)で開催されます。

DESIGN AGENCYは南カリフォルニア大学、UCLA、Southern California Institute of Architectureの研究ネットワークの協力により、ACADIAコミュニティで現在起こっているクリエイティブな動きや研究のスペクトラムを一堂に集めます。

DESIGN by DATA ワークショップ - パリ、2014年12月5-7日



2014年7月に行われた最初のワークショップの後、コンピューテーショナルデザイナーであり、建築を教えているFrancesco Cingolaniが、有名なデザインスタジオHugh Dutton Associates、パリのカルチャーセンターLa Gâité Lyriqueと共同でDESIGN by DATAを再現します。このイベントの主な講師はSébastien Perraultです。

このワークショップは12月5~7日にパリで行われ、アート、建築、エンジニアリングの境界がはっきりしなくなっている状態でコンピューターを使った高度なデザイン戦略を探索することが目標です。 

環境データやパッシブエネルギーのデザインアプローチで駆動する複雑な建築的特徴をデザインするため、Grasshopperとプラグインのようなパラメトリックデザインツールの使用を学びます。  

 

2014年10月20日月曜日

レベル2 Rhino オンラインクラス、11月3日スタート


画像: Kyle Houchens、The Outside

レベル2 Rhino 5 オンラインコースが来月スタートします。スケジュールは11月3-13日で、まだ空席がありますのでご希望の方はぜひお申込みください。このコースは月曜日のオリエンテーションに続いて6回のRhino 5半日トレーニング、計7回のセッションで構成されています。

日時:
  • オリエンテーション: 11月3日(月)、, 9:00AM -10:30AM
  • トレーニング: 11月4-6および11-13日(火~木)、9:00AM - 1:00PM
    メモ: 時間は全て太平洋時間です。タイムゾーンを計算
全てのセッションはインストラクター指導で行い、録画して後でご覧頂けるようにします。ご参加になれない方は、どうぞ次回以降開催の前にビデオで最新情報をご覧ください。

現実の問題を解決する高校














2つの学校が協力して生徒達を対象に製造シミュレーションを行い、Rhinoといくつかのコンピューターツールを使用しています。実際の問題を解決するため、オレゴンのSherwood High SchoolとアラスカのSitka High Schoolは複数の拠点を持つ製造業者の状況をシミュレーションします。一ヶ所(Sherwood あるいは Sitka)でいくつかのパーツを製作し、相手校に発送して仕上げます。何カ所で作業してもパーツはきちんと合わせ、許容差についても工業規格をクリアしなければなりません。

John Niebergall先生とRandy Hughey先生は技術教育で改革を利用する良い例と言えるでしょう。



新書 - Arturo Tedeschi著: AAD Algorithms-Aided Design | Parametric Strategies using Grasshopper®



Algorithms-Aided DesignArturo Tedeschiが執筆した本で、正確なフリーフォーム形状を探索できるMcNeel & Associatesの3Dモデリングソフト、Rhinoceros®にしっかり統合されたビジュアルアルゴリズムエディタ、Grasshopper®の使用に基づいたデザイン方法を紹介しています。
主なトピック: Grasshopper environment and plug-in software; Parametric modeling and advanced data management; NURBS curves and surfaces; Meshes and Subdivision Surfaces; Digital fabrication techniques; Recursions; Form-finding strategies; Particle-spring systems; Topology Optimization; Evolutionary solvers; Environment-informed design
 
この本は英語で書かれています。
 

"DATA MATTER _ ENVIRONMENTAL AERIAL ROBOTICS" ワークショップ - 2014年11月24-28日、フロジノーネ(イタリア)




NOUMENAFLONEFABLAB FROSINONEGREEN FAB LABと共同でDATA MATTER | environmental aerial robotics ワークショップを行います。

このコースはCarlo Ruggieroがサッコ川で展開した調査をまとめ、出版したCattive Acqueと、Fab Lab Frosinoneの共同創始者であるMichela Ruggieroの実験的研究からヒントを得たもので、フロジノーネ(イタリア)で行われます。Fab10MakerFaire等のイベントでも紹介されたポピュラーなオープンソースの飛行ロボット、Floneを主なツールに、マッピング、データ可視化を直接体験します。



2014年10月13日月曜日

Daylight Simulationワークショップ、10月17日

Daylight Simulation Workshop
Green Light New York 
2014年10月17日(金) - 9:00 AM to 4:30 PM(米国東部夏時間)
New York, NY


MITのChristoph Reinhart が Rhinoceros 5 を使った太陽光のシミュレーションに関する、全日のテクニカルワークショップを行いました。デザイナーやサステナビリティのコンサルタントが太陽光のシミュレーションや実践への統合方法を学べる内容で、基本的な太陽光の概念や都市のマッシング研究の経験則を紹介したDaylight Handbook I 出版への挨拶となるワークショップでした。
DIVA for Rhinoで詳細をご覧いただけます。

プレゼンテーション: Designing with the Sun



Designing with the Sun
10月16日、6:00PM

Green Light New Yorkが本の紹介とChristoph Reinhartとの対談を行いました。彼の執筆したDaylighting Handbook Volume 1 は太陽と人の目の物理的特性を説明し、太陽光を利用するデザインの基礎やツール等を丁寧に紹介しています。

AIAの1.5単位が認められました。

 
Christophは10月17日にもテクニカルDaylightingワークショップを行いました。

2014年10月7日火曜日

レベル1 Rhino 5 オンライントレーニング

Level 1 Rhino 5 Online Training
2014年10月10-22日
US$200.00

正確なフリーフォームの3D NURBSモデルの作成と編集を学ぶオンラインクラスが提供されています。この速習クラスでは高度なサーフェス作成コマンドを含む、Rhinoのほとんどの機能をカバーしています。詳細なクラス概要はこちらでご覧いただけます。

日程: 

  • オリエンテーション: 10月10日、9:00am-10:30am(太平洋夏時間)
  • トレーニング: 10月13、14、15日および10月20、21、22日、9:00am-1:00pm(太平洋夏時間)
    タイムゾーンを計算する。
 
その他...
このクラスはGoToTrainingソフトウェアを使って英語で提供されています。参加者はRhino 5 for Windowsを事前にインストールする必要があり、Rhino for OSX WIPは対象外です。安定した高速インターネット接続、マイク付きヘッドセット、印刷したRhino Level 1 Training Manualが必要で、このマニュアルはこちらからダウンロードしていただくことができます。
 
原文投稿者: Jody Mills

3D Digital Fabrication - Teacher Training





他の難しいソフトウェア製品をさらに増やして学生の方達に負担をかけることなく、デザインとデザインコミュニケーションのカリキュラムに3Dモデリングを加えられるよう、McNeelマイアミRhinoFabStudioのプロのトレーナーがRhinoの主な機能を教員向けにご紹介します。学生達はRhino 5を使った最新の3Dモデリングテクノロジーを学ぶことができ、 教える側はデザインの指導に専念できるようになります。
 
日時:
10月23 - 24日(木-金)、9:00 am - 3:30 pm

場所:
11000 Holmberg Rd 
Coral Springs, FL   33076(フロリダ)

インストラクター:
Sergio Martinez(Rhino Training Specialist ART - McNeelマイアミ)
Lucía Nasser(TA)

主催:
Miriam Niebla
Technology Education - SECME, FLL Robotics、BSTAコーディネーター

お申込み:
メールでMiriam Niebla、または電話 +1 (754) 322-4800までご連絡ください。

このワークショップは教員の方に無料で提供され、身分証明書が必要です。

お席に限りがありますので、どうぞお早めにお申し込みください。

Rhino 5が初めての方は、受講前にIntroduction to Rhino 5をご覧ください。

メモ: 教育関係の方はRhinocerosとFlamingoのバンドルを割引料金で購入することができます。

RhinoFabStudioへ、どうぞご参加ください

原文投稿者: Andres Gonzalez