2013年11月15日金曜日

雰囲気や服の色を変える – そんなアプリがあります

写真: Oscar Carmona
バルセロナに拠点を置くテキスタイルとテクノロジーのデザインスタジオ、 Jorge & EstherがRhinoの手を借りてファッションとテクノロジーを組み合わせ、生活に遊び心と変化を加えるミニ服飾コレクションを創り出しました。

Lüme は、シンプルな黒い衣服の普段着コレクションです。ユニークなのは布地に柔軟性のある小さなLEDが埋め込まれていることで、布の層からソフトな光を放つ繊細な装飾が輝き、望み通りに変化します。

埋め込まれたLEDはスマートフォンでコントロールします。場所や雰囲気、組み合わせる他の服やアクセサリーに合わせて、あるいは時間、音楽、お天気に合わせて色を変えることもできます。

デザイナーのElizabeth FraguadaとLuis Fraguadaはイルミネーションを作り出す部分をデジタルファブリケーション(レーザーカット)する描画にRhinoを使いました。今ではパターンの作成やアーカイブに、幅広くRhinoを利用しています。

Jorge & Esterは現在、関心を持ったクライアントからカスタムオーダーを受け付けていますが、いずれは現在あるジャケット、チュニック、オープンバックドレスのコレクションを少数(各100点程度)生産する計画です。レーザーカットの部分はポルカドット、花柄、ライン等のパターンにカスタマイズできます。





2013年11月14日木曜日

Woodpecker - 木材のファブリケーション

designtoproductionが開発したWoodpeckerは、パラメトリックモデルをシームレスにファブリケーションに拡張できるようにするGrasshopper向けプラグインです。

入力ジオメトリを、5軸の等高線加工を含む幅広い木材加工を提供する木材ファブリケーションのフリースタンダードであるBTL(Building Transfer Language)形式でファブリケーションデータにすることができる多くのGHコンポーネントを提供します。特定の機種向けではなく、LignoCamやその他のCAMソフトで読み込むことができ、たいていcadwork やSEMAのような木材向けCADソフトで作成されます。

2013年11月13日水曜日

RhinoCAM 2014 + Rhino 5 = What's New Webinar


MecSoftがもうすぐRhinoCAM 2014をリリースします。これには多くの新機能、MILLとARTの機能向上、TURNとNESTの新しいモジュールが含まれています。Rhino向けに統合されたMecSoftのCAMソフトの良さを紹介する無料ウェビナーが行われます。どうぞご参加ください。

日時: 2013年11月22日(金)8:00AM(太平洋標準時)


2013年11月12日火曜日

deCode Grasshopper、クアラルンプール

 
deCode Grasshopper (de-fə-ˈni-shən)
McNeelアジア主催、クアラルンプール

RhinoとGrasshopperを使ったパラメトリックモデリングの能力で従来の枠組みを超え、Grasshopperがどうアイデアを実現できるかを紹介するイベントが開かれました。
 
: 2013年11月15日(金) 時間: 7.30pm ~ 10.30pm
会場: Starbucks TTDi、クアラルンプール

入場無料 – 定員があり、事前申込みが必要でした。
 
*参加者はRhino 5とGrasshopperがインストールされたノートパソコンを持参しました。


SimpleMat - V-Ray for Rhinoのためのマテリアルエディタ

Riccardo Gattiが開発したSimpleMatは、V-Ray for Rhino向けで一番速く簡単なマテリアルエディタです。



2013年11月11日月曜日

新しいEvoluteTools PROの機能


EvoluteTools PROは産業界の特に評判の良い企業に使われ、ハイエンドで驚くようなフリーフォームデザインを、コスト効率の良い現実的な構造で、初期のデザインの意図に忠実なものにするのに使われます。KREODのような賞を授与されたデザイン、非常に有名なEiffel Tower Pavilion、Baku Funicularの駅、Beaublanc Stadium、あるいはCCVは、EvoluteTools PROで実現した多くのプロジェクトの一部に過ぎません。

成長を続ける強固で多用途なRhinoプラグインに新しい機能が加わりました。64ビット互換性、円柱フィッティング、 展開可能なロフト等、特に要望が多かった機能が数多く搭載されています。
  • EvoluteTools PRO - Developable Lofting
    2本の曲線間のロフトで展開可能な細長いサーフェスを作成します。
     
  • EvoluteTools PRO - Panel fitting
    円柱、円錐など簡略化したサーフェスのタイプを用いてサーフェスを近似化します。オプションが豊富です。
     
  • EvoluteTools PRO - Panel repetition maximization
    他とは異なる独特のパネルやパーツを少なくできるよう、平らなパネルをクラスター化(三角形、四角形など)します。
      
  • EvoluteTools PRO - Mesh statistics
    平面パネルでパネル化したサーフェスの、建設の可能性やコストに関連する様々な基準を評価します(パネル同士の角度、コーナーの角度、接合点のねじれ、エッジの長さ、参照サーフェスからの距離、パネルの平面性等)。このモジュールは必要に応じて簡単にカスタマイズできます。

ウィーンでのRhinoイベント


ThreeKCがウィーンで一連のRhinoのイベントを開催します。
詳細はリンク先をご覧ください...