2013年10月17日木曜日

RGSS(Rhino & Grasshopper Study Session)第42回のお知らせ



Rhino、Grasshopperユーザーの有志の方々で運営されているRGSS(Rhino & Grasshopper Study Session)の第42回であるRGSS vol.42 / Rhinoceros Special – 3Dデザインプラットフォームの現在・未来が10月26日(土)18:00〜21:00に東京のFabCafe Tokyoで行われます。今回は、Robert McNeel & AssociatesのBob McNeelと、McNeel Miami/Rhino FablabのAndrés Gonzálezがプレゼンテーターとして参加します。どうぞご参加ください。

2013年10月16日水曜日

Rhino 5 サービスリリース6 のお知らせ

Rhino 5 サービスリリース6(SR6)ビルド 2013年10月9日が公開されました。

大きな新機能は次の2つです:

  1. SR6がインストールされると、Zoo 5はRhino 5、Flamingo nXt、Bongo 2.0、Brazil 2.0、Penguin 2.0のライセンスを扱えるようになります。Rhino 5 SR6とZoo 5.0 2013-9-18またはそれ以降が必要です。
  2. Rhinoの評価版と商用版ビルドが同じものになりました: 評価版をダウンロードし、お使いのライセンスキーでロックを解除して頂くことができます。(ライセンスのオンライン購入は準備中ですが、まだご利用頂くことができません。)
またいつもと同じく多くの安定性向上とバグ修正が含まれています。

Rhinoはサービスリリースのアップデートをバックグラウンドでダウンロードし、インストール確認のメッセージを表示しますが、手動でダウンロードして頂くことも可能です。

2013年10月15日火曜日

Rhinoユーザーミーティング – IEマドリード


10月30-31日Rhino User Meeting Madrid 2013IE_School of Architecture and Designで行われました。

日程にはCarlos Perez(McNeel Europeヨーロッパ)、Francesc Salla(VisualARQ)、Rafael del Molino(TDM Solutions)、Diego Cuevas(ControlMAD)、Miguel Vidal(Friquearq)、Manuel Hidalgo(ETSAM)、Mireia Luzárraga(takk-arquitectura)、Roberto Molinos(IEUniversity)、Adolfo Nadal(IEUniversity)、Anna Pla Catalá(IEUniversity)のプレゼンテーションが含まれていました。

Grasshopper、Rhinoスクリプト、デジタルファブリケーション、RhinoNest、VisualARQ、Lands Design、Clayoo、V-Ray for Rhinoのワークショップもありました。

またRhino 5、food4Rhino、VisualARQ、Lands for Rhino、Clayoo、RhinoGold 4.0、RhinoNest、V-Rayの最新情報も紹介されました。

プレゼンテーションとワークショップは全てスペイン語で行われました。