2013年8月1日木曜日

海洋(マリン)デザイナーのためのRhinoオンラインコース


ProBoat E-TrainingがRhino Modeling for Marine Designersオンラインコースを提供しました。6週間のコースで8月18日から始まっています。

Rhinoを使ったボートやヨットのデザインスキルを向上させる内容で曲線の操作を学び、その後サーフェスへ、最終的にはチャインのシンプルな船体のフェアリングへ移ってより複雑なスクーナー船体へと続きます。

参加費用: US$390.00
インストラクター: Cliff Estes

原文投稿者: Jodi Mills

3Dプリンターは子供達の命を奪う?

タイトルは気になりましたか?*

注意を引くはずです。これは3Dプリンターが工業用ツールであり、レーザーカッターのように適切な防具や換気が必要であることを思い出させるためです。

私は最近のブログ、3D Printing Event Blog: That nifty 3D printer may be slowly poisoning youに改めて気付かされました。人気の3Dプリンターはあなた(と子供達?)をゆっくりと毒するものでしょうか。

ジャーナル、Atmospheric Environmentで発表された論説によると、市場に出回っているデスクトップの3Dプリンターはかなり大量の有害な超微小粒子(UFP)を空気中に放出する可能性があります。

最悪の場合、喘息のような症状や心不全、脳卒中、死に至ることもあります。3D印刷に使われるマテリアルに含まれる毒性の問題もあり、複合的な影響も考えられます。


*注意を引き付けたり恐怖心をあおる見出しは山のようにありますが、パニックにならず適度に注意を払い、状況に応じて責任ある行動を取りましょう。

原文投稿者: Bob McNeel

2013年7月31日水曜日

Inside Adam Savage's Cave



Mythbusters(怪しい伝説)のAdam Savage
Rhinoとトロテックレーザーを試す

Testedで公開された最近のビデオを見逃した方へ..
Adamのレーザーカッターの使い方や、シンプルなオブジェクトをデザイン、加工するプロセスが紹介されています。

Adam equips his workshop with an old friend and powerful tool: the laser cutter. We learn how Adam used laser cutters in his model-making days and see a demonstration of the process of designing and cutting a simple object.

Rhinoについてとても好意的なコメントをしてくれたAdamに感謝!

原文投稿者: Bob McNeel

Grasshopperワークショップシリーズ – ロサンゼルス

Grasshopper Workshop Series
2013年8月3-8日
カリフォルニア州ロサンゼルス

SomewhereSomethingがGrasshopperのワークショップシリーズを提供し、2日間の紹介に続いてトピックを特定した4つのワークショップが行われました。
1つだけの部分参加も5つ全てへの参加も可能で、全てに申し込まれた方には割引きが適用されました。


原文投稿者: Jodi Mills

2013年7月30日火曜日

3DM View 1.3 アップデート公開のお知らせ


3DM ViewRhinocerosで生成されたものを含むopenNURBSファイルをサポートする、3DモデルレンダリングのAndroidアプリです。この新しい3DM View 1.3 リリースには3DMファイルを含むフォルダへのパス管理、2.3以降の古いAndroidバージョンのサポートなど、便利な機能が含まれています。
またURLから開く際のバグは修正され、ファイルマネージャーのローカルで開く範囲が広がり、デバイスを回転させると消える警告についても修正されました。
原文投稿者: Keith

2013年7月29日月曜日

花瓶のモデリング、オンラインチュートリアル - by AD-3D




Clip on vaseはIKEAポカールのグラスに2つ目の機能を加え、花瓶として使えるようにします。RhinoGrasshopperを使った3D印刷用のモデリング方法は、10分間の無料オンラインチュートリアルでご覧頂けます。



原文投稿者: Keith

NOVA Shoe - by Zaha Hadid

Yes, it is a shoe!

どうすればこのような靴をデザインし、作ることができるでしょう。Dezeenが探ってみました。詳細およびビデオはこちら....



原文投稿者: Bob McNeel

ロボットを使ったUndo機能付き3D印刷


SUSPENDED DEPOSITIONS

Southern California Institute of Architecture の修士学生がロボットアームを使い、サポート構造不要で容器内のゲルを3D印刷する方法を開発しました。

詳細は英文とリンク先をご覧ください。

As Dezeen reported this week, Brian Harms, a masters student at the Southern California Institute of Architecture (SCI-arc) in Los Angeles, with a team of colleagues has developed a method of using a robotic arm to 3-D print objects in a tank of gel, allowing freeform printing without the need for support structures and potentially adding an "undo" function to remove errors.


原文投稿者: Bob McNeel

ロボットによる熱線カットとアセンブリ

RMITでのワークショップ、Robots in Architecture

ビデオを見る: Combining Robotic Processes » Linking hotwire-cutting and assembly
  • 経済的で積み重ねできる、平面的なEPSブロック(50x30x15cm)から熱線で切り出す1つの構造物をデザイン
  • Grasshopperの範囲でインタラクティブなデザインツールを作り、審美的で製造内在的な制御を実現
  • KUKA|prcを使ってロボットファブリケーションのプロセスを統合
プロジェクトは全てRMIT Design Hubで行われた5日間のロボットワークショップで開発/ファブリケーションされました。フルスケールのプロトタイプはCam Newnhamのデザインです。

謝辞;
Special thanks go to the hardworking and enthusiastic students from RMIT’s architecture program, as well as the RMIT faculty - especially Jane, Andrew, Roland, and Rafael - for their continuous support and for being great hosts.


原文投稿者: Bob McNeel