2013年5月10日金曜日

BrickDesign for Rhino 5


BrickDesign for Rhino 5は今までにない革新的なロボットファブリケーションプロセスに備わっているデザインの可能性を、建築家やエンジニアが完全に活用できるようにしてくれる、初めてのソフトウェアです。

ロボットファブリケーション

コンピューター制御のファブリケーションで、合理的で効率的なプロセスで高度に情報化された建築要素を実現できるようになります。レンガ積みの作業に応用すると、ロボットが1つ1つのレンガを個別に配置できますから、ファサードに地図のパターンやイメージを作ったり複雑な壁のジオメトリを実現することができるようになります。



原文投稿者: Carlos Pérez

RhinoNC & DentalShaper 巡回イベント


世界各地で行われるイベントで、CIMsystemのエキスパートチームがCIMsystemのCAMRhinoNC、Bamboo、Electrodex)、歯科DentalShaperSum3D)、ネスティングMosaix)のためのRhinoプラグインを紹介します。どうぞお越しください。


  • 05月23-25日 - Amici di Brugg、イタリア、リミニ
  • 06月09-12日 – SinoDent、中国、北京
  • 06月19-20日 – wfb、ドイツ、ジーゲン
  • 09月16-19日 - Dental Expo、ロシア、モスクワ
  • 10月11-13日 – Expolab、ブラジル、サンパウロ
  • 10月17-19日 – Expodental、イタリア、ミラノ
  • 10月23-26日 – Dentech、中国、上海
  • 10月25-26日 - Colloquium Dental、イタリア、ブレシア
  • 12月03-06日 – EuroMold、ドイツ、フランクフルト


原文投稿者: Carlos Pérez

2013年5月8日水曜日

Rhino Pythonの週末ワークショップ - ボストン


Rhino 5にはアイデアをPythonでスクリプト化できる機能を備えています。Pythonはアルゴリズムデザインを今までにないほど簡単で速い、また身近なものにしてくれます。

この2日間の週末ワークショップは、プログラミング経験のない方にアルゴリズムデザインを紹介します。全く新しい方法でジオメトリのアイデアに取り組むツールを手にすることができるでしょう。

詳細とお申込みは www.pointcrowd.com をご覧ください。
.
原文投稿者: Bob McNeel

確実にチェックしましたか?


デザインの早い段階から頻繁にチェックされていますか?

しない理由はありません。Rhino 5のシミュレーションと解析のツールは向上を続けています。

Scan&Solve™はRhinoでメッシュ作成不要の有限要素を提供していますが、今回そのツールに2つの追加拡張が提供されています。

1つ目はSnSMeshです。Scan&Solve™の今回のバージョンでは、Rhinoでメッシュジオメトリの応力シミュレーションができるようになります。最新版のScan&Solve™と同じ機能ですが、Rhinoで作成された、または.stl、.wrl、.ply、その他Rhinoで認識されるメッシュをエクスポートできるアプリケーションからインポートした、閉じたメッシュで直接動作します。つまり3Dスキャン可能なあらゆるパーツを直接解析できるようになるということです。

2つ目はSnSScriptです。Scan&Solve™のスクリプトバージョンで、手間を必要とするシミュレーションプロセスを自動化できるようになります。オリジナルのScan&Solve™プラグインのほとんどの機能は、シミュレーションの設定や計算、ソリューションのビジュアライゼーションやクエリーを含むRhinoスクリプトの呼び出しに公開されます。

新しいリリース - PanelingTools for Rhino 5 & Grasshopper


Rhino 5 および Grasshopper用 PanelingToolsの新しいリリースをダウンロードして頂けます。


原文投稿者: Rajaa Issa

2013年5月7日火曜日

DYNAMIC FIELDS ワークショップ&カンファレンス


ルーマニア、ブカレストのParametrica [Digi Fab School]がDYNAMIC FIELDS ワークショップ&カンファレンス(2013年7月15-28日)を開催します。

ワークショップはコンピューテーショナルデザインを促進し、パラメトリックデザインの新しい可能性を考え、探索する一連のPARAMETRICAイベントの一環で、学生、大学院生、建築家、インテリアデザイナー、プロダクトデザイナー、アーバンデザイナー、エンジニアなど、テーマに関心のある全ての方を対象にしています。


原文投稿者: Bob McNeel

リージェント・ストリートでのウィンドウプロジェクトは残り1週間

イギリスのレディースブランド、カレンミラン
建築事務所のMamou-Maniとチームを組み、Regent Street Windows Project 2013でウィンドウディスプレイのシリーズを製作しました。 Mamou-ManiはRhinoとGrasshopperのクライアントの1つです。

Regent Street Windows Projectはロンドンに一連のユニークなウィンドウディスプレイを創り出すためにファッション、建築、文化を結びつけます。建築家と小売業の6チームが5月15日までディスプレイを披露しています。


原文投稿者: Sandy Mcneel

芸術と3D印刷の出会い


芸術と3D印刷がType A Machinesで出会いました。
 
XylemはデザイナーのBryan Allenと彫刻家のStephanie Smithがコラボレートした作品です。アナログからデジタル2Dへ、分析して再度3D形状へ、自然の形を変換したものがベースになっており、最終的な形状は樹木の細胞層Xylemを想起させます。

Type A Series 1プリンターとデザインソフトにRhino 5を使い、PLAで印刷された44のパネルとしてファブリケーションされた形状は、プリンターが2ヶ月間休みなく働いて何の不具合もなくコンポーネントを完成させました。パーツはアーティストによってその場で組み立てられました。

 2013-04-26 10.19.21



このプロジェクトは5月18-19日にSan Mateo County Event Centerで行われた Maker Faire Bay AreaのType A Machineブースで披露されました。Type A Machinesのチームは最新の製品開発についてデモも行い、3D印刷の革新的な技術を紹介しました。

Type A Machinesのグループ(www.RhinoFabLab.com)にもぜひご参加ください。

詳細お問い合わせ先:
Sara Bonomi, Marketing
+1 (415)378-5370

原文投稿者: Andres Gonzalez

2013年5月6日月曜日

Force Based Design: Bauhaus Summer School


デジタル解析と最適化ツールを紹介し、3Dパラメトリックソフトウェア(Rhino、Grasshopper、Sofistik、Karamba、GeometryGym、Kangaroo)を学ぶ2週間の学際的なコースが行われます。

基本情報
» 場所: Bauhaus-Universität、ドイツ、ワイマール
» 申込み締切: 5月15日
» コース期間: 8月18 – 30日
» コース言語: 英語
» 対象: 修士学生、学士、博士号取得候補者、若手専門家
» 条件: 3Dパラメトリックソフトの基礎知識があることが望まれます
» コース費用: €490(学生および卒業生は€100、Bauhaus-Universität Weimar在籍の学生は€290の割引きあり)

講師
» Prof. Dr.-Ing. Alexander Stahr - HTWK Leipzig
» Dipl.-Ing. Christian Heidenreich - Bauhaus-Universität Weimar
» B.Sc. Martin Dembski - Bauhaus-Universität Weimar

ゲスト講師
» Dipl. Eng. Arch. Simon Vogt - Transform Engineers, Hamburg
» Dipl. Bauingenieur FH Nico-Ros-Zeile - ZPF Ingenieure, Basel(CH)


原文投稿者: Bob McNeel

Thomas Heatherwick: Making

Rhinoはツールでしかありません。粗末なデザインも、素晴らしいデザインと同じぐらい簡単に作ることができます。

Thomas Heatherwick Makingは素晴らしいデザインを紹介している書籍で、インスピレーションを提供しています。1989-2011年にHeatherwick studioが手がけた家具、橋、ハンドバッグ、ボート、バス、ショッピングセンター、クリスマスカードといった様々なプロジェクトを集めた600ページの本でです。

どのプロジェクトもデザインについての質問からスタートし、答えは興味深く、クリエイティブなソリューションです。

Thomas Heatherwickは、デザインは問題のソリューションだと話していました。そのソリューションをお手伝いすることができて嬉しいです。


原文投稿者: Sandy Mcneel

AEC Technology Symposium、ニューヨーク、5月20-21日


Thornton TomasettiのAdvanced Computational Modeling Groupが建築、エンジニアリング、建設業界の技術リーダーを集めた2日間のカンファレンスを開催しました。

5月20日 8:30AM-5PM
プレゼンテーション
CENTER FOR ARCHITECTURE
536 LAGUARDIA PLACE


5月20日 6PM-8PM
レセプション
TRESPA DESIGN CENTRE
62 GREENE STREET


5月21日 9AM-6PM
ワークショップ
THORNTON TOMASETTI
51 MADISON AVENUE


詳細: http://www.thorntontomasetti.com/blog/acm

原文投稿者: Bob McNeel

ドバイでのRhino & VisualARQ (BIM) トレーニング

Rhinoの強固なモデリング環境とVisualARQのフレキシブルなBIMツールを紹介するワークショップが行われています。

講師

Maher Elkhaldi

モジュール1:

Rhino レベル1 & VisualARQ

5月18、25日、6月1日

モジュール2:

Rhino レベル2 & VisualARQ

6月15、22、29日

証明書

参加者には出席証明書(Certifications of Attendance)をお渡しします。

場所、その他

ドバイメディアシティ

各自でソフトウェアをインストール済みのノートパソコンを用意

会場で軽食を用意

To お申込み(受付は終了しています)

m.s.khaldi@gmail.com

+971 50 381 4911


原文投稿者: Cécile Lamborot

One to Oneの求人情報


One to Oneが3D-CADの上級/指導モデラー、スクリプトおよびCAMファブリケーションのスペシャリストを募集しています。

原文投稿者: Cécile Lamborot