2013年3月22日金曜日

facades+ PERFORMANCE、4月11-12日


facades+ PERFORMANCEが開催され、4月11日にシンポジウム、翌12日にワークショップが行われました。

ワークショップは以下を含む内容でした。
  • Grasshopper & Revit、Nathan Miller(CASE)
  • Grasshopper & DIVA、Jon Sargent(SOM)
  • Firefly、Andy Payne(LIFT Architects)
  • Python Scripting in Rhino、Gil Akos(Mode Collective)
場所:
シンポジウム: McGraw Hill Conference Center Auditorium、ニューヨーク
テクノロジーワークショップ: New York City College of Technology – CUNY、ブルックリン


原文投稿者: Jodi Mills

RhinoCAM 2012 レビュー




RhinoCAM 2012(MecSoft)のCADdigestレビュー、パート1..
パート2...
パート3...

原文投稿者: Keith

2013年3月21日木曜日

The Essentialsチュートリアルバンドル - PolyPlane

 


PolyPlaneが2012にリリースした4つが全て揃う、The Essentialsのビデオバンドルがダウンロードパッケージで購入できるようになりました。
 
このバンドルに含まれるもの:

Sketch to Model
Surfacing
Output
Foundations
 
 

原文投稿者: Keith

2013年3月20日水曜日

RhinoPython ワークショップ、5月11-12日


PointCrowdのチームがニューヨークで新しいワークショップ、RhinoScripting in Pythonを行いました。
  • 日程: 5月11-12日(土・日曜日)
  • 場所: DUMBO、10 Jay St, Brooklyn, NY
  • 費用: 一般 $595、学生 $445

原文投稿者: Jodi Mills

2013年3月19日火曜日

Rhino 5用のImportAliasプラグイン


Digital SculptureがImportAlias Plugin for Rhino 5(x64)のリリース候補を公開しています。
 
プラグインのインストーラー、ImportAlias.rhiはこちらからダウンロードして頂けます。

原文投稿者: Keith

ブカレストでのGrasshopperワークショップ

 
HOW WE CAN DESIGN SOMETHING THAT WE CAN’T IMAGINE
(どうすれば想像もつかないものをデザインできるか)
Grasshopperを使ったジェネレーティブ・オプティマイゼーション
2013年4月8-14日
ルーマニア、ブカレスト
 
6日間のコースでグローバルな学際的概説を話し合い、アイデアを最適化する斬新な方法論を定義します。コンセプトと意志決定から始め、それぞれの問題に最適な解決策を得られるデジタル/ジェネレーティブデザインツールを推進します。また建築における進化的な最適化プロセスをもたらす性質にも目を向け、そのような課題に役立ついくつかのツールも紹介されます。



原文投稿者: Carlos Pérez

ウェビナー: Grasshopper Interoperability with gHowl


Grasshopper Interoperability with gHowl
データはここに、そこに、あらゆる場所に!


2013年4月9-10、12日
17:00-20:30(中央ヨーロッパ夏時間) / 8:00-11:30 am(太平洋夏時間)
講師: Luis Fraguada


データは正にあらゆる場所にあります。gHowlはGrasshopperが外部のデータ、ソース、アプリケーションへアクセスする際、その機能を拡張するよう書かれたコンポーネントのセットです。Grasshopperをスマートフォンでコントロールしたり、ProcessingとGrasshopperで通信したり、プロジェクトをGoogle Earthでクライアントに示したり、このコースではGrasshopperの世界を広げる方法が紹介されました。


原文投稿者: Carlos Pérez

RoboFold、KingKongをリリース


RoboFoldがKingKongをリリース: インテリア パネリングシステムのデザインソフトウェア.

美しいインテリアを簡単にデザインできるようにするソフトウェアで、ペーパーモデルを折り曲げシミュレーションに変換し、それぞれのパネルを複雑なパターンでサーフェスに配置します。結果はRoboFoldの製作過程に直接出力することができます。KingKong はSmart Geometry 2013 London3月、4月、5月のRoboFold場内でも紹介されています。

ソフトウェアの詳細、ワークショップの日程、チュートリアルは www.robofold.com でご覧頂けます。

Grasshopper用も公開されています。
ダウンロード、サンプルファイル:
www.food4rhino.com/project/robofoldkingkong

原文投稿者: Carlos Pérez

RhinoGold 4.0 & RhinoGold Render Studio 4.0


RhinoGold 4.0とRhinoGold Render Studio 4.0が公開されています。

RhinoGold 4.0の詳細はこちらでご覧頂けます。200以上の機能向上Clayooを含む、Rhino 5およびRhinoGold Render Studio 4.0との統合が含まれています。

原文投稿者: Carlos Pérez

2013年3月18日月曜日

Mesh2Surface - Rhino用リバースエンジニアリング プラグイン


Rhinocerosを使った、素早く簡単なスキャンデータのリバースエンジニアリング

CADモデル作成向け多角形メッシュの一般的なタスクのほとんどを単純化するRhino用プラグイン、Mesh2Surfaceを、どうぞお試しください。Mesh2Surfaceは多くのフィッティングツールで平面、球、円柱といったCADモデリングのための一般的な機能のほとんどを、素早く簡単に作成するのに役立ちます。使いやすいインターフェイスで、簡単な方法でユーザー定義のスケッチに基づく回転や押し出しのサーフェスを多角形メッシュから直接作成します。

Mesh2Surface 2.0はRhinoceros 4および5の32ビットおよび64ビットバージョンをサポートしています。

詳細、チュートリアル、ビデオはwww.mesh2surface.com でご覧頂けます...

原文投稿者: Carlos Pérez

RhinoDay Padova 2013


第9回RhinoDay Padova 2013
Università degli Studi di Padova - Dipartimento di Ingegneria Civile, Edile e Ambientale
2013年4月12-13日


イタリアで9回目のユーザーミーティングUniversità degli Studi di Padova - Dipartimento di Ingegneria Civile, Edile e Ambientaleの主催で行われ、ZEN's s.r.l.が後援しました。

4月12日 - ワークショップ(教員および学生のみ)
  • ソフトウェアワークショップ: Rhino 5、Grasshopper、Scan & Solve、VisualARQ、CAD/CAM、RhinoPython、Advanced Surface Analysis
  • 言語: イタリア語(一部英語)
  • ワークショップのプログラム
4月13日 - ユーザーミーティング
  • エキスパートユーザーによるケーススタディ、新しいプラグインの概要、イベントの最後にBob McNeelとの座談会が行われました。
  • 言語: イタリア語(一部英語)
  • ユーザーミーティングのプログラム

原文投稿者: Carlos Pérez