2013年2月28日木曜日

Rhino 5用カスタム表示

display modes composite
Rhino 5 には高度な表示モードを作成する多くの新しいプロパティがあり、リアルタイムのワーキングモードです。

新機能を使って特許形式の図面、見取り図、黒板スケッチ、シンプルな高輝度表示を作成し、モデルは表示用または印刷用に使うことができます。

詳細:
Advanced Display Modes Tutorials

原文投稿者: Scott Davidson

2013年2月26日火曜日

Rhino用プラグイン、KeyShot 4の更新



KeyShot 4Rhino用プラグインは次の段階へ進みます。KeyShot 4のプラグインをダウンロードすると、KeyShotとRhinoを結びつけ、デザインを続けてシンプルなボタンプッシュでKeyShotの中でモデルを更新することができます。マテリアル、アニメーション、ライティング等、全てが維持されます。Rhinoでモデルを、シーンをKeyShotで開くだけでライブリンクされます。どうぞお試しください。

機能

  • 色やテクスチャの割り当てを維持
  • レイヤ構造を維持
  • レイヤで非表示のオブジェクトはそのまま非表示に
  • KeyShot 4: ライブリンキング – モデルをKeyShot内で更新
  • KeyShotのインストールなしでbipへエクスポート
動作環境
  • Rhinoceros 4 または 5
  • KeyShot 4 または 3
  • Windows 7、8(32/64ビット)



原文投稿者: Keith

4月のGrasshopperオンラインコース

 
Intro to Grasshopper for Rhino 5オンライントレーニングコースが行われました。このコースは、インストラクターの指導によるオンライン環境で、速習ペースでGrasshopperの概念や機能を効率的に学ぼうとお考えのデザイナー/設計者に向いています。初期のデザインやコンセプトの開発にGrasshopperを使う効果は、実生活の多くの例で実現されています。
 
日程: 2013年4月22-25日
  オリエンテーション: 4月22、9:00am-10:30am
  Grasshopperトレーニングセッション: 4月23-25日、9:00am-1:00pm

費用: US$175.00


原文投稿者: Jodi Mills

2013年2月25日月曜日

Rhino 5 ワークショップ - Florida A&Mにて



Florida A&M University School of Architecture がRhino 5のワークショップを開催しました
- 2013年02月28日(木)
- 2013年02月29日(金)
- 2013年03月02日(土)
各9:30 amから5:30 pmまで

ワークショップはSOA M.Archの学生は無料で、定員は24名でした。

連絡先:
Andrew Chin, Interim Dean
Florida A&M University School of Architecture
1938 South MLK Blvd., Tallahassee, FL 32307(フロリダ州)
電話: +1 850 599 8763、Fax +1 850 599 3436


オンサイトのRhinoおよびデジタルファブリケーションのトレーニングについては、Jackie Nasserまでメールかお電話(+1 305 513 4445)でお問い合せください。

原文投稿者: Andres Gonzalez