2013年2月1日金曜日

新しいGrasshopperチュートリアル - 韓国語の書籍

Grasshopper for Rhino Reality - Taeyong ChoDA Group)、Wansuk Ko(DA Group)著- は、韓国語で書かれた新しいGrasshopperチュートリアルの書籍です。この本はインターフェイスやコンポーネントの他、ステップバイステップの使い方インストラクションを含め、Grasshopperの基本的な概要が紹介されています。初心者にもプロにも向くよう書かれています。


SmartGeometry 2013 - 開催日のお知らせ

sg2013は今年も素晴らしいイベントになろうとしています。理想的なハードスペースから不確かな構築環境のソフトリアリティへの、コンピューテーショナルデザインの移行が焦点です。

sg20132013年4月15-20日、ロンドンにあるThe Bartlettで行われます。4日間のワークショップ(4月15-18日)と2日間のカンファレンス(4月19-20日)が、大成功だった前のイベントの形式で行われます。

2013年1月31日木曜日

Neon、4倍(またはそれ以上)のスピードに


完全なレイトレースビューポートのRhino 5無償プラグイン、Neonが、新しいCausticレイトレーシングアクセラレータPCボードで最高4倍のスピードか、より高速になります。

最高性能のワークステーション向けCaustic R2500はUS$1,495、より幅広いミッドレンジ以上のワークステーションのアップグレード向けCaustic R2100はUS$795です。

2013年1月30日水曜日

Rhino D+O+Fトレーニング - UT(メキシコ、イグアラ)


メキシコでの新しいRhino - DOF Design Optimization and Fabricationトレーニング(Rhino 5、Grasshopper、RhinoCAM)をお知らせします。

RhinoFabLabワールドワイドマネージャーのAndres Gonzalez, Worldwide Manager for Universidad Tecnológica de la Región Norte de Guerrero(メキシコ、イグアラ)を訪問し、ジェネレーティブデザインとデジタルファブリケーションについて紹介します。UTはメキシコの新しいRhinoFabLabに加わろうとしています。


詳細については Adrian Juarez Sanchezまでお問い合せください。

Rhinoを使って歴史を再利用


昨年12月、シアトルの産業歴史博物館(MOHAI/Museum of History and Industry)が、湖を望む新しいロケーションに引っ越しました。歴史的展示の中に、アーティストの John Gradeが手がけた彫刻、Wawonaがあります。

解体された1897年のスクーナー船、Wawonaから救出された厚板を使ったこの彫刻は、船体の形状を思い起こさせます。素材はここ数年、修復の資金調達がうまくいかなかったWawonaから救出されたベイマツでした。

構造エンジニアリングはArupが提供し、構造エンジニアのHans-Erik BlomgrenはコンセプトデザインにRhinoを使いました。Rhinoクラスを受講するとこういうことも起こります。





2013年1月28日月曜日

Rhino 5トレーニングと暖かい天気

暖かい所でRhino 5トレーニングを受けたい方は、どうぞMcNeelマイアミをご検討ください。


今後のトレーニング予定:

2013/2/18 - 2/20(24.0時間)- US$695
 
2013/3/20 - 3/22(24.0時間)- US$695
 
2013/4/22 - 4/26(40.0時間) -US$995
 
2013/4/22 - 4/23(16.0時間)- US$495
 
お申込みの方はJackie Nasserまでご連絡ください。
メール: Jackie Nasser
電話: 305 513 4445

 

Rhinoユーザーミーティング – バルセロナ 2013

2月11日Rhino User Meeting Barcelona 2013IED Barcelona(バルセロナ)で行います。


最終日程は近いうちにお知らせしますが、Rhino 5Flamingo nXt food4RhinoVisualARQLands for RhinoClayooRhinoGold 4.0 VSR Shape ModelingとVSR Realtime Rendererの最新情報が含まれます。

またプレゼンテーションはAndrés de Mesa(Rhino and Grasshopper in La Sagrada Familia)Jorge Biosca (Transportation Design)ControlMAD (Diego Cuevas)、Luis FraguadaFAB LAB Barcelona (Tomás Díez)、CODA (Pep Tornabell, Enrique Soriano)、Modelical (Roberto Molinos)、SMD arquitectes (Oriol Carrasco, Alba Armengol)、MedioDesign (Juan Pablo Quintero)、Manuel Hidalgoを予定しています。

プレゼンテーションはすべてスペイン語またはカタロニア語で行われます。