2013年6月21日金曜日

RhinoとV-Rayのプレゼンテーション – ウィーン


プレゼンテーション Rhino/V-Ray for Rhino/Maya in Vienna

2013年6月13日(木)15:00 - 18:30Austrian Social and Economic Museum, Vogelsanggasse 36, 1050 Vienna(オーストリア、ウィーン)でThreeKC Autodesk Maya / Rhino / VRAYのプレゼンテーションが行われました。

RhinoV-Ray for Rhino、Autodesk Mayaの最新バージョンのプレゼンが行われ、また3D分野の最新開発状況が紹介されました。

Roland ReyerはAutodesk Maya 2014、Carlos Pérez(McNeelヨーロッパ)はRhino 5food4Rhino、Matus Nedecký(flying architecture)とFabio Palvelli(3D Dreaming)はV-Ray for Rhinoと建築向けレンダリングサービスを紹介し、新しいワコムのCintiq 22 HD touchも披露されました。

イベントは15:00と18:30の2回で、定員は各30名でした。

2つのイベントの合間にはCoffee Museumでコーヒーの基本セミナー(Coffee - from the plant to the cup)という特別イベントもありました。

プログラム:

  • 15:00-15:45: Presentation software Autodesk Maya 2014 (group 1)
  • 15:45-16:00: Tour "100 years of life and living in Vienna / Dr Carl Auer von Welsbach in the Agricultural Museum (Group 1)
  • 16:00-16:45: Presentation software Rhino 5.0 and VRAY (group 1)
  • 17:00-18:15: Basic coffee seminar "Coffee - from the plant to the cup" with Mr Edmund Mayr
  • 18:30-19:15: Presentation software Autodesk Maya 2014 (Group 2)
  • 19:15-19:30: Tour "100 years of life and living in Vienna / Dr Carl Auer von Welsbach in the Agricultural Museum (Group 1)
  • 19:30:20:15: Presentation software Rhino 5.0 and VRAY (Group 2)
  • 20:15-22:00: Finger found, drinks and "Come Together"

定員があるため事前の登録が必要でしたが、参加費用は無料でした。

RhinoとV-Ray for Rhinoのプレゼンテーションは英語で行われました。

原文投稿者: Carlos Pérez

0 件のコメント: