2013年5月7日火曜日

芸術と3D印刷の出会い


芸術と3D印刷がType A Machinesで出会いました。
 
XylemはデザイナーのBryan Allenと彫刻家のStephanie Smithがコラボレートした作品です。アナログからデジタル2Dへ、分析して再度3D形状へ、自然の形を変換したものがベースになっており、最終的な形状は樹木の細胞層Xylemを想起させます。

Type A Series 1プリンターとデザインソフトにRhino 5を使い、PLAで印刷された44のパネルとしてファブリケーションされた形状は、プリンターが2ヶ月間休みなく働いて何の不具合もなくコンポーネントを完成させました。パーツはアーティストによってその場で組み立てられました。

 2013-04-26 10.19.21



このプロジェクトは5月18-19日にSan Mateo County Event Centerで行われた Maker Faire Bay AreaのType A Machineブースで披露されました。Type A Machinesのチームは最新の製品開発についてデモも行い、3D印刷の革新的な技術を紹介しました。

Type A Machinesのグループ(www.RhinoFabLab.com)にもぜひご参加ください。

詳細お問い合わせ先:
Sara Bonomi, Marketing
+1 (415)378-5370

原文投稿者: Andres Gonzalez

0 件のコメント: