2013年12月24日火曜日

ABB Mobility Grant - Robots in Architecture


ABB Mobility Grantはクリエイティブ産業でのロボット応用に深く関わる個人をサポートするため、ABB RoboticsAssociation for Robots in Architectureが主導しました。それぞれ1,000米ドルを供与し、支援対象者がRob|Arch 2014に参加する旅費と滞在費をサポートします。
 

原文投稿者: Carlos Pérez

2013年12月23日月曜日

新しいRhinoMold 4.0


RhinoMold 4.0が公開されました。

プラスチックのパーツの解析や射出成型用の金型デザインをRhinoで直接行うことができます。詳細は http://www.tdmsolutions.com/rhinomold.htm でご覧ください。

原文投稿者: Carlos Pérez

2013年12月21日土曜日

SectionTools for Rhino5 - 新しいリリース


SectionTools for Rhino 5の新しいリリースをダウンロードしていただけます。どうぞお試しください。

SectionToolsはモデルの変更に合わせて更新されるダイナミックな3Dモデルの断面や、2D図の作成に役立つMcNeelラボ(Labs)プラグインで、全てのRhino 5ユーザーにお使い頂くことができます。断面や出力データを表示し、操作する多くの機能が含まれています。

原文投稿者: Rajaa Issa

2013年12月18日水曜日

独創的なフラットパック家具

FSU卒業制作・家具デザインの最終プロジェクト

Marlo Ransdell教授(PhD、IDEC)と学生のAmanda Clevelandが最終プロジェクトを公開しました。


家具デザインの卒業制作:
学生達が3/4インチのメープル合板1枚(4’x8’)から2つのフルスケール家具を6週間でデザイン、ファブリケーションするプロジェクトに取り組みました。基準: Rhinoソフトで2種類のデザインを作成し、CNC製造可能、フラットに梱包して発送でき、ツールやハードウェアを使わないかわずかで組み立てることができ、廃棄する材料を最小限に抑えること。スケールモデルの数や小規模なプロトタイプ制作に必要な機材へのアクセスに制限はなく、作られたプロトタイプは全て形状、機能、マテリアルの利用を評価され、写真は学生が撮影しました。フルスケールの最終プロトタイプはフロリダ州立大学Facility for Arts Researchの4’x8’ CNCルーターで作成され、評価されました。

FAR-FSUは認定RhinoFabStudioです。

FSUの卒業制作家具デザインはこちらでご覧頂けます。
原文投稿者: Andres Gonzalez

2013年12月16日月曜日

Bongo 2.0サービスリリース1のお知らせ




Bongo 2.0 SR1を、こちらのリンクからダウンロードして頂けます:
これは完全版のサービスリリース1のビルドで、数多くのバグ修正が含まれています。

AA出張スクール - ローマ


Rome - IM/Material
イタリア、ローマ
2014年1月16(木) – 25日(土)

IM/Material、ワークショップはAA ROME VISITING SCHOOLが開催します。


教員
ディレクター: Lorenzo VianelloArturo Tedeschi

教授: Lawrence Friesen(Oxford Brookes University)、Ferdinand Fritz(University of Innsbruck)


参加資格
建築学生およびデザイン学生、PhD志望者、若手のプロが対象です。必要なソフトウェア: Rhinocerosまたはその他の3Dモデリングソフトの基礎知識

 
会場
Galleria di architettura "Come Se"
via dei Bruzi 4
00185 Rome、イタリア


詳細
E-mail: rome@aaschool.ac.uk
ウェブサイト: www.aaschool.ac.uk/STUDY/VISITING/rome
Facebook:
https://www.facebook.com/AARomeVisitingSchool?fref=pb&hc_location=profile_browser

ウェビナー: SketchUpユーザーのためのRhino 5


Rhino 5 for SketchUp Users
2013年12月19日(木)
9:00 AM - 10:00 AM PST(太平洋標準時)


Rhinoモデリングのエキスパート、The OutsideのKyle HouchensがSketchUpのように面やエッジを引っ張る方法を使ってRhinoceros 5でモデリングするやり方を紹介するライブウェビナーを行いました。 プレゼンテーションは約1時間で、最後に質疑応答がありました。このウェビナーは録画され、12月20日よりこちらで公開されてます。

システム要件:
PCをお使いの場合
Windows® 8、7、Vista、XPまたは2003 Server

Mac®をお使いの場合
Mac OS® X 10.6またはそれ以降

モバイルをお使いの場合
iPhone®、iPad®、Android™ PhoneまたはAndroidタブレット

2013年12月13日金曜日

SiTex Graphics、RhinoAir 6.0をリリース


SiTex GraphicsがAirリリース13のコンパニオンとしてRhinoプラグイン、RhinoAir 6.0をリリースしました。
このリリースに含まれる新機能:
  • 新しいRetextureアプリケーションをAir 13でサポート
  • ポストプロセスとしてマテリアルをリアルタイム編集
  • 物理的に真実味のあるサーフェスシェーダの新しいセットが鏡面反射ハイライトと反射の動作を一体化
  • より速いグローバルイルミネーション
  • レンダリング時間でカーペットを作成する新しいシェーダ
  • sRGB色に基づく簡易化したカラーコントロール
  • スポットライトとDistant Lightのテクスチャ投影を含む新しいライティングオプション
  • 共通コマンドを含む新しいメニューインターフェイス
  • 向上した追加出力チャンネル
デモ版のダウンロード...

2013年12月12日木曜日

魅惑的な金属細工





アーティストのAnthony Howeは現代のテクノロジーと伝統的な金属細工を組み合わせ、魅力的なキネティック彫刻に仕上げています。

Rhinoでデザインしたコンピューターモデルから始め、デザインはプラズマ切断機でカットし、作品は手で組み立てます。コンピューターを使うことで、作業を進める前に作品の動きを確認することができます。

魅惑的な動きのアイデアやAnthonyの考え、デザインのプロセスはビデオでご覧頂けます。

2013年12月11日水曜日

V-Ray 2.0 for Rhino公開のお知らせ

CHAOS GROUPV-Ray 2.0 for Rhinoを発表しました。新しいバージョンはV-Rayエクスプレスツールを備え、HDR Light Studioをサポートし、パフォーマンスは最高30倍にスピードアップしました。V-Ray 1.5 for Rhinoの商用版ライセンスをお持ちの方は、2.0へ無償でアップグレードすることができます。

新機能:

V-Ray RT® -最高30倍スピードアップしたGPUレイトレーシングで効率化したシーン構成とインタラクティブな応答を、直接Rhino 5のビューポートで利用できます。

V-Ray Wrapper Material - マテリアルごとに追加プロパティを指定するのに使えます。ベースマテリアルとは対照的に背景を表示するマットマテリアルを作成できるようになりました。

V-Rayエクスプレス - 200以上のマテリアルと置換可能なライティング設定に簡単にアクセスすることができるようになり、リアリスティックなスタジーシーンを作ってこれまにない速さでモデルに光を当てることができます。

HDR Light Studioのサポート - Rhinoで直接アクセスするLight Paint機能でHDR Light Studioにライブ接続。デザインに光を当てる、一番直感的で創造的な方法を提供します。


2013年12月10日火曜日

Node-in-Code™とMulti-threadingを備えた新しいghPython

SteveとGiulioがfood4RhinoにGrasshopper用のスクリプトコンポーネント、ghPythonの新しいバージョン (0.6.0.3) を公開しました。

主な新機能:.
  • Node-in-Code™: ほとんど全てのGrasshopperコンポーネントをghPythonで呼び出せるようになりました。
  • マルチスレッディング: ghPythonスクリプトのマルチスレッドでの実行が簡単になりました。

Gulfstream MiddleでのRhino教員向けトレーニング


STEMの教室を活気づける3D CADモデリングソフトの使い方を紹介します。GMSのRhinoFabStudioで、McNeelとRhinoFabStudioのプロのトレーナーがRhinoとGrasshopperの主な機能をご紹介します。

このワークショップは教員の方に無料でご参加頂けます。身分証明書が必要です。
お席には限りがあります。 お申し込みはお早めに。

Rhino 5が初めての方は、クラスの前にIntroduction to Rhino 5をご覧ください。

お申込みの方はJessica Swansonへご連絡ください。
 RhinoFabStudioへのご参加もお忘れなく。

.

2013年12月9日月曜日

Rhino 5 サービスリリース7 のお知らせ

Rhino 5 サービスリリース7(SR7)ビルド2013年12月7日が公開されました。

多くの安定性向上とバグ修正が、SR7には含まれています。

Rhinoはサービスリリースのアップデートをバックグラウンドでダウンロードし、インストール確認のメッセージを表示しますが、手動でダウンロードして頂くことも可能です。

2013年12月6日金曜日

RhinoとGrasshopperがミツバチ保護をお手伝い。誰でも参加できます。



カナダのマギル大学(School of Architecture)はデザインと社会的責任の両方を奨励しています。マギル大学の建築研究生は非常に革新的な蜂の巣観察/研究センター、b-Shackをデザインしています。このb-ShackはRhinoでデザインされ、ファブリケーションとアセンブルは学生達が担当しています。 プロジェクトは同時に、建築を研究する若手グループにミツバチの窮状に対する現実世界の反応を作り出すことを通し、責任感を持つよう促します。 都市部の養蜂コミュニティ、特にモントリオールの非営利運営者、Santropol RoulantMcGill Apiary Associationへのインフラや促進のサポートを提供します。生物資源工学の研究イニシアチブは蜂群崩壊症候群に照準を合わせながら、このプログラムはボランティアの教育者とアマチュア養蜂家のグループが知識を共有し、ミツバチへの関心を一般の人と共有できるようにします。

b-Shackはクラウドファンディングのキャンペーンで35,000ドルを集めようとしています。



2013年12月3日火曜日

RhinoGoldトレーニングの新しいウェブサイト

RhinoGoldを使った3Dジュエリーデザインをご紹介

30以上のチュートリアルガイド、20時間以上のビデオが無料で公開されている他、プライベートの登録ユーザーエリアでさらに多くのチュートリアルをご利用頂けるようになります。


loop: Grasshopperを使った再帰への新しいアプローチ

loopはGrasshopper®を使って形状生成を繰り返すシンプルなコンポーネントです。

loopの機能についてはこちらのビデオをご覧になると理解しやすいでしょう。Grasshopperサイトのコミュニティに参加したり、ブログをご覧頂くこともできます。

Antonio Turielloが開発したloopはFood4Rhinoサイトで公開されています。

2013年11月27日水曜日

ベルギーでのRhino/Grasshopper/Karamba教員向けワークショップ


Université catholique de LouvainMcNeelヨーロッパ2014年1月15-16-17日無料のRhino教員向けワークショップを行います。

他の難しいソフトウェア製品をさらに増やして学生の方達に負担をかけることなく、デザインとデザインコミュニケーションのカリキュラムに3Dモデリングを加える方法を学んでみませんか?学生の方達は最新の3Dモデリングテクノロジーを学べ、 教える側の方達はデザインの指導に専念できます。

ワークショップではRhinoを使い、一連の実践練習を通して3Dモデリングの概念を学びます。またビジュアライゼーションのためのレンダリング、製造やプロトタイピングのための3DモデルからCAM製品への変換、3Dモデルの2D CADやグラフィックスプログラムへのエクスポートに、Rhinoがどのように使われているかを学ぶことができます。

2013年11月26日火曜日

ヴィクトリアズ・シークレット、Snow Queenの裏話


ヴィクトリアズ・シークレットが、1995年に始まり、年々華やかさを増している毎年恒例のファッションショーを開催しました。今年のエンジェル・ウィングは18種類、繰り返し登場するテーマの1つですが、圧巻はSnow Queenの3D印刷された翼でした。

建築家のBradley Rothenbergによるデザインで、ニューヨーク市内のShapewaysファクトリーで3D印刷されました。モデルのリンジー・エリントンに正確にフィットするよう彼女を3Dスキャンし、Shapewaysがフラクタルの雪の結晶を3D印刷して衣服に仕上げました。小さな布状からより大きな構造の雪片へ調整が加えられ、プロジェクトのこの部分にはRhinoとMayaが主に使われました。その後、ふさわしい輝きと賑わいを生み出すよう無数のスワロフスキーで飾られました。

このファッションショーは12月10日、CBSで放送されます。


Mechanical Rhinoceros Vicenza


Mechanical Rhinoceros Vicenza
Scuola Arte e Mestieri della Camera di Commercio di Vicenza(イタリア)
2013年12月13日


経験豊富なユーザーが、カスタマイズ(Grasshopper、Python)、製造(ロボット、CAM)、Kinectとの相互作用、GHアドオンのKaramba、ラピッドプロトタイピングを含む機械設計やエンジニアリングに、どうRhinoが使われているかを紹介する無料イベントが行われます。

無料で参加できますが、会場スペースに制限があるため登録が必要です。(Edoardo Negrizzolo - negrizzolo@cpv.org へご連絡ください。)

プレゼンテーションはイタリア語で行われます。

2013年11月25日月曜日

ロボットとお酒。次は?


Sigrid Brell-CokcanとRobots in Architectureのチームが、またRhino、Grasshopper、ロボットの興味深い使い方を見つけました。


2013年11月22日金曜日

コモンウェルス・ゲームのバトンはRhino/Grasshopperでデザイン

コモンウェルス・ゲームのバトンの格子細工を作り出す過程で、
4c DesignRhinoGrasshopperを使いました。

クイーンズ・バトンは現在190,000km台の地点、開会式が行われる2014年7月23日にグラスゴーへ到着するまで、イギリス連邦の約70ヶ国を回る288日間の旅です。

クイーンズ・バトンのデザインと製造...
クイーンズ・バトンとGrasshopper...

2013年11月21日木曜日

ウェビナー: Successful Jewelry Modeling with Rhino 5

Rhino販売代理店、Novedge, LLCがRhino 5で思い通りのジュエリーをモデリングする新しいウェビナーを発表しました。どうぞご参加ください。

Successful Jewelry Modeling with Rhino 5
2013年12月4日
11:00AM(太平洋標準時)
Register here! - お席には限りがあり、お申込みが必要です。

認定RhinoトレーナーのMaia Merav Holtzmanが、ジュエリーモデリングのテクニックとRhino 5のコマンドを紹介します。正確に2D図に従って3Dを作り出すのに不可欠な精密モデリングを使い、キャストやラピッドプロトタイピング向けのモデル作成をステップバイステップでカバーします。

このウェビナーは無料で、Q&Aセッションを含めて約1時間です。

Brazil入門 - オンラインコースは12月9日から



Intro to Brazil 2.0 for Rhinoceros® 5 オンラインコース
2013年12月9-12日

Rhinoceros 5のレンダリングプラグイン、Brazilのパワーを解放しましょう。どんな人がBrazilを使い、なぜ使っているのかを紹介し、レンダリングの作成方法やマテリアル、ライブラリ、デカール、ライティング、地面や太陽といった環境など、幅広い内容をカバーして、最高のクオリティと効率性を目指します。クラス概要はこちらをご覧ください。

日程: 12月9-12日、月-木曜
時間: 9:00am - 1:00pm(太平洋標準時)
参加費用: お1人US$175.00
お席に限りがありますので、どうぞお早めにお申し込みください

ALGODeQ International Programming Competition

 
ALGODeQ: ALGOrithmic Design Quest
 
アルゴリズムデザインに大きく貢献するコンピュータープログラムや、そのようなプログラムによる卓越した建築作品を評価する国際コンペが応募を受け付けています。詳細はリンクをご連絡ください。(英語/日本語)
このコンペには2つの部門があります:
  • QP部門: アルゴリズムデザインを具体化したオリジナルのコンピュータープログラム
  • QA部門: アルゴリズムデザインを具体化したオリジナルのコンピュータープログラムで実際に建てられた、優れた建築作品
ALGODeQについての詳細:
求む...
応募要項...
登録...

期日等:
  • 2013年11月4日 - コンペ発表
  • 2013年12月9日 - 問い合わせの受付最終日... ご質問はお早めに!
  • 2013年12月23日 - 応募の受付開始
  • 2014年2月3日 – 登録の締切
  • 2014年3月31日 - 一次審査の受付締切



2013年11月20日水曜日

Essential Mathematics – 第3版


Essential Mathematics for Computational Design(コンピューターによるデザインのための数学の基礎)第3版が公開されました。このテキストは3Dモデリングやパラメトリックデザインのコンピューター化の手法を効果的に開発するために不可欠な数学的概念の基礎を、デザインのプロ向けに紹介しています。70以上のGrasshopperサンプルとチュートリアルが含まれています。

Rhinoモデルの3D印刷












11月26日のウェビナーに、どうぞご参加ください。
お席には限りがあります – こちらから今すぐご予約ください





The Outside Digital Art and DesignのオーナーであるKyle Houchensが3D印刷向けにRhinoモデルを準備する方法を説明します。

モデルに水密性があることの意味をカバーし、問題がある場合の修正方法をいくつかご紹介します。

このプレゼンテーションはライブで約1時間、最後に質問を受け付けます。

3D印刷向けのRhinoモデルをどう準備すれば良いかに関心のある全ての方が対象です。3D印刷を目的とする場合の効率的なモデリングテクニックも紹介されます。
このウェビナーは録画され、2013年11月27日までにこちらで公開されますので、参加できない方も後でご覧頂くことができます。
ご不明な点がございましたら、Mary Fugierまでメールでお問い合わせください。

タイトル: 3-D Printing the Rhino Model
: 2013年11月26日
時間: 9:00 AM - 10:30 AM(太平洋標準時)

お申込みの方にはウェビナーに参加するための情報を含めた確認メールをお送りします。

システム要件

PCをお使いの場合 - Windows® 8、7、Vista、XPまたは2003 Server

Mac®をお使いの場合 - Mac OS® X 10.6またはそれ以降

モバイルで参加する場合 - iPhone®、iPad®、Android™ PhoneまたはAndroidタブレット

RhinoCAM 2014 – スペシャルプライス(北米)

RhinoCAM 2014のリリースを記念し、MecSoftが北米向けに特別割引価格を提供しています。既にRhinoCAMをお使いのユーザーはRhinoCAM.comでRhinoCAM 2014にアップグレードすることができます。この新しいバージョンの新機能や機能向上は全て、どなたにでもご覧頂けます。


RhinoCAMデモ版のダウンロード...
RhinoCAM Special Pricingオーダーフォーム...
  

TEC de Monterrey - グアダラハラが新しいRhinoFabStudioに






地域に発展をもたらす責任ある市民を育成する高等教育機関であるTECNOLOGICO DE MONTERREY - Campus Guadalajaraが、新しい認定RhinoFabStudioに加わりました。Tecnológico de Monterreyはメキシコ全土に31のキャンパスがあり、他にも複数の国にも分校や拠点があります。

 
RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio™(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

2013年11月15日金曜日

雰囲気や服の色を変える – そんなアプリがあります

写真: Oscar Carmona
バルセロナに拠点を置くテキスタイルとテクノロジーのデザインスタジオ、 Jorge & EstherがRhinoの手を借りてファッションとテクノロジーを組み合わせ、生活に遊び心と変化を加えるミニ服飾コレクションを創り出しました。

Lüme は、シンプルな黒い衣服の普段着コレクションです。ユニークなのは布地に柔軟性のある小さなLEDが埋め込まれていることで、布の層からソフトな光を放つ繊細な装飾が輝き、望み通りに変化します。

埋め込まれたLEDはスマートフォンでコントロールします。場所や雰囲気、組み合わせる他の服やアクセサリーに合わせて、あるいは時間、音楽、お天気に合わせて色を変えることもできます。

デザイナーのElizabeth FraguadaとLuis Fraguadaはイルミネーションを作り出す部分をデジタルファブリケーション(レーザーカット)する描画にRhinoを使いました。今ではパターンの作成やアーカイブに、幅広くRhinoを利用しています。

Jorge & Esterは現在、関心を持ったクライアントからカスタムオーダーを受け付けていますが、いずれは現在あるジャケット、チュニック、オープンバックドレスのコレクションを少数(各100点程度)生産する計画です。レーザーカットの部分はポルカドット、花柄、ライン等のパターンにカスタマイズできます。





2013年11月14日木曜日

Woodpecker - 木材のファブリケーション

designtoproductionが開発したWoodpeckerは、パラメトリックモデルをシームレスにファブリケーションに拡張できるようにするGrasshopper向けプラグインです。

入力ジオメトリを、5軸の等高線加工を含む幅広い木材加工を提供する木材ファブリケーションのフリースタンダードであるBTL(Building Transfer Language)形式でファブリケーションデータにすることができる多くのGHコンポーネントを提供します。特定の機種向けではなく、LignoCamやその他のCAMソフトで読み込むことができ、たいていcadwork やSEMAのような木材向けCADソフトで作成されます。

2013年11月13日水曜日

RhinoCAM 2014 + Rhino 5 = What's New Webinar


MecSoftがもうすぐRhinoCAM 2014をリリースします。これには多くの新機能、MILLとARTの機能向上、TURNとNESTの新しいモジュールが含まれています。Rhino向けに統合されたMecSoftのCAMソフトの良さを紹介する無料ウェビナーが行われます。どうぞご参加ください。

日時: 2013年11月22日(金)8:00AM(太平洋標準時)


2013年11月12日火曜日

deCode Grasshopper、クアラルンプール

 
deCode Grasshopper (de-fə-ˈni-shən)
McNeelアジア主催、クアラルンプール

RhinoとGrasshopperを使ったパラメトリックモデリングの能力で従来の枠組みを超え、Grasshopperがどうアイデアを実現できるかを紹介するイベントが開かれました。
 
: 2013年11月15日(金) 時間: 7.30pm ~ 10.30pm
会場: Starbucks TTDi、クアラルンプール

入場無料 – 定員があり、事前申込みが必要でした。
 
*参加者はRhino 5とGrasshopperがインストールされたノートパソコンを持参しました。


SimpleMat - V-Ray for Rhinoのためのマテリアルエディタ

Riccardo Gattiが開発したSimpleMatは、V-Ray for Rhino向けで一番速く簡単なマテリアルエディタです。



2013年11月11日月曜日

新しいEvoluteTools PROの機能


EvoluteTools PROは産業界の特に評判の良い企業に使われ、ハイエンドで驚くようなフリーフォームデザインを、コスト効率の良い現実的な構造で、初期のデザインの意図に忠実なものにするのに使われます。KREODのような賞を授与されたデザイン、非常に有名なEiffel Tower Pavilion、Baku Funicularの駅、Beaublanc Stadium、あるいはCCVは、EvoluteTools PROで実現した多くのプロジェクトの一部に過ぎません。

成長を続ける強固で多用途なRhinoプラグインに新しい機能が加わりました。64ビット互換性、円柱フィッティング、 展開可能なロフト等、特に要望が多かった機能が数多く搭載されています。
  • EvoluteTools PRO - Developable Lofting
    2本の曲線間のロフトで展開可能な細長いサーフェスを作成します。
     
  • EvoluteTools PRO - Panel fitting
    円柱、円錐など簡略化したサーフェスのタイプを用いてサーフェスを近似化します。オプションが豊富です。
     
  • EvoluteTools PRO - Panel repetition maximization
    他とは異なる独特のパネルやパーツを少なくできるよう、平らなパネルをクラスター化(三角形、四角形など)します。
      
  • EvoluteTools PRO - Mesh statistics
    平面パネルでパネル化したサーフェスの、建設の可能性やコストに関連する様々な基準を評価します(パネル同士の角度、コーナーの角度、接合点のねじれ、エッジの長さ、参照サーフェスからの距離、パネルの平面性等)。このモジュールは必要に応じて簡単にカスタマイズできます。

ウィーンでのRhinoイベント


ThreeKCがウィーンで一連のRhinoのイベントを開催します。
詳細はリンク先をご覧ください...
 

2013年11月8日金曜日

ウェビナー - BrazilとNeonのレンダリング


11月20日のウェビナーにどうぞご参加ください


お席には限りがあります - 今すぐご予約ください!





Hydraulic DesignのJames CarruthersがBrazilNeonでレンダリングシーンを設定する基本原則を紹介します。

屋外の設定は素早く行えるHDR画像を使い、BrazilとNeonで'スタジオ'画像を、またBrazilだけの機能にも目を向けます。

このウェビナーはBrazilとNeon と連動したBrazilがRhino 5にもたらすハイクオリティなレンダリング機能に関心のある全ての方が対象です。Brazil単独、Neonを組み合わせて使うレンダリングのアプローチをご覧頂けます。

プレゼンテーションは約1時間で、最後に質問を受け付けます。


このウェビナーは録画され、2013年11月22日までにこちらで公開されますので、参加できない方も後でご覧頂くことができます。

ご不明な点がございましたら、Mary Fugierまでメールでお問い合せください。

タイトル:  Welcome to Brazil and Neon Rendering
:  2013年11月20日(水)
時間:  9:00 AM - 11:00 AM(太平洋標準時)

お申込みの方にはウェビナーに参加するための情報を含めた確認メールをお送りします。

システム要件:

PCをお使いの場合 - Windows® 8、7、Vista、XPまたは2003 Server

Mac®をお使いの場合 - Mac OS® X 10.6またはそれ以降

モバイルで参加する場合 - iPhone®、iPad®、Android™ PhoneまたはAndroidタブレット

Brazilでジュエリーをレンダリング


11月14日のウェビナーにどうぞご参加ください

お席には限りがあります - 今すぐご予約ください!





Rhino 5のレンダリングプラグイン、Brazilを使ったジュエリーレンダリングのプレゼンテーションにどうぞご参加ください。

McNeelマイアミのSergio Martinezが1時間のプレゼンテーションでRhinoプラグイン、Brazilを使ったRhino 5でジュエリーを設定、レンダリングする方法を実演します。

Environmentの設定やMaterials/Render Settingsを含むジュエリーレンダリングの基本的なワークフローが紹介されます。

最後のQ&Aを含め約1時間のプレゼンテーションになります。

このウェビナーは録画され、こちらで2013年11月16日までに公開されますので、参加できない方も後でご覧頂くことができます。

ご不明な点がございましたら、Mary Fugierまでメールでお問い合せください。

タイトル:  Rendering Jewelry with Brazil
:  2013年11月14日(木)
時間:  9:00 AM - 10:30 AM(太平洋標準時)

お申込みの方にはウェビナーに参加するための情報を含めた確認メールをお送りします。

システム要件

PCをお使いの場合
Windows® 8、7、Vista、XPまたは2003 Server

Mac®をお使いの場合
Mac OS® X 10.6またはそれ以降

モバイルで参加する場合
iPhone®、iPad®、Android™ PhoneまたはAndroidタブレット

2013年11月7日木曜日

第4回Rhinoユーザーミーティング - TU Grazのレポート


TU Grazでの第4回Rhino Dayが2013年10月16日に行われましたが、素晴らしい国際的なオーディエンスと素晴らしい成功を収めました。

3D Baseは概要をまとめ、写真も付けてくださいました。


原文投稿者: Carlos Pérez

4th Parametric Design Workshop Leipzig(ライプチヒ)


4th Parametric Design Workshop Leipzig
2013年12月5-9日 

このワークショップはシステムの最適化に使われる反復や進化的な方法、KarambaのようなRhino3DとGrasshopperがベースのツールを使って建物の開発と最適化に取り組みます。

限定のラピッドプロトタイピングツールが物理的なモデル製作に利用できます(レーザーカッター、3Dプロッタ、CNC加工機)。

ライプチヒ(School of Architecture)の関係者と国際的なエキスパートや学生達とグループで取り組みます。建築家、デザイナー、エンジニアその他の関係者を歓迎します。

Rhino3DとGrasshopperの十分な実務知識が必要です。スクリプトのスキルは必要ありません。


原文投稿者: Carlos Pérez

パリでのRhinoPythonトレーニング


RhinoforyouGiulio PiacentinoRhinoPythonワークショップパリ(フランス)で12月9-10日に行います:


原文投稿者: Carlos Pérez

コンペ: Vehicles 3D Modeling


Humster3Dスタジオが3DArtist誌とRebusFarmサービスの後援で、車両の3Dモデリングのコンペをスタートさせました。このコンペは未発表のあらゆる作業(初期段階でも構いません)が対象です。
 
Rhinoユーザーを歓迎します。どうぞご参加ください


原文投稿者: Carlos Pérez

2013年11月6日水曜日

ロサンゼルスでのRhinoトレーニング

認定Rhinoトレーニングセンター、Design Rhinoがレベル1のRhinoイブニングコース、Level 1 Rhino - Weeknightsを開催します。どうぞご参加ください。 次のクラスは11月19日(火)6:30pmに始まります。

日程: 11月19日 – 12月12日、火・木曜日(11/28を除く)
時間: 6:30pm-9:30pm
参加費用: US$695

まだ空席がございます。



原文投稿者: Jodi Mills

2013年11月5日火曜日

Triangle Mesh Completer、Rhino 5対応












Triangle Mesh Completerプラグインは、特にスキャンデータから得られたモデルなどの三角形メッシュモデルのギャップを埋めることを目的とし、深刻な破損のあるモデルを修復することができます。複雑な形状の穴を塞ぐだけでなく、指定のモデルの異なる境界をつないで元のトポロジーを復元する能力もあります。これは内部が欠損したトンネル状の穴が含まれるモデルや、サーフェスが複数の単独メッシュの断片で表現されているモデルに必要な機能です。

詳細...
Triangle Mesh Completerのダウンロード...

原文投稿者: Keith

2013年10月31日木曜日

David Ruttenの上級Grasshopperウェビナー


Advanced Topics in Grasshopper with David Rutten
ウェビナー、11月6日

タイトル: Advanced Topics in Grasshopper with David Rutten
: 2013年11月6日(水)
時間: 9:00AM - 11:00AM(太平洋標準時)

お席には限りがあります。どうぞお早めにお申込みください。

Grasshopper開発者のDavid Ruttenが、活発なプレゼンテーションと高度なGrasshopperトピックのディスカッションを行います。セッション最後のQ&Aを含め約1時間のプレゼンテーションになります。

このイベントは既にGrasshopperを使い慣れている方にお勧めです。このウェビナーは録画され、11月8日までにこちらで公開されますので、参加できない方も後でご覧頂くことができます。

お申込みの方にはウェビナーに参加するための情報を含めた確認メールをお送りします。ご不明な点がございましたらMary Fugierまでメールでお問い合せください。

システム要件:
PCをお使いの場合
Windows® 8、7、Vista、XPまたは2003 Server

Mac®をお使いの場合Mac OS® X 10.6またはそれ以降

モバイルで参加する場合
iPhone®、iPad®、Android™ PhoneまたはAndroidタブレット

RhinoGold 4.0 SR 7 – 公開のお知らせ
















RhinoGold 4.0 サービスリリース7が公開されました。
SR 7で加えられたRhinoGold 4.0への機能向上には以下が含まれます:

• 3Dプリンターのサポート
• Hollow Ring
• 新しい3Dプリンター
• Clayoo 
• Head Studio
• Weight Metal
• Cutters in Line
• Dynamic Profile
• さらに多くのバグ修正
 

2013年10月30日水曜日

David RuttenのGrasshopperウェビナー


Introduction to Grasshopper with David Rutten
ウェビナー、11月5日(火)

タイトル: Introduction to Grasshopper with David Rutten
: 2013年11月5日(火)
時間: 9:00AM - 11:00AM(太平洋標準時)

お席には限りがあります。お申込みの方はお早めにどうぞ。

Grasshopper開発者のDavid Ruttenが、楽しく知識を提供する形でGrasshopperを紹介します。Grasshopperの基本と、ご自身のRhinoデザインをGrasshopperで作り出すための入門を学べる内容で、セッション最後のQ&Aを含め約1時間のプレゼンテーションになります。

このプレゼンテーションは初めてGrasshopperを使われる方にお勧めです。 このウェビナーは録画され、11月8日までにこちらで公開されますので、参加できない方も後でご覧頂くことができます。

お申込みの方にはウェビナーに参加するための情報を含めた確認メールをお送りします。ご不明な点がございましたらMary Fugierまでメールでお問い合せください。

システム要件:
PCをお使いの場合
Windows® 8、7、Vista、XPまたは2003 Server

Mac®をお使いの場合
Mac OS® X 10.6またはそれ以降

モバイルで参加する場合
iPhone®、iPad®、Android™ PhoneまたはAndroidタブレット

2013年10月29日火曜日

Scan&Solve 2014 WIP、新しい機能



Scan&Solve 2014 for Rhino WIPの新しいバージョンは、要望の多かった2つのビジュアライゼーション機能を追加します。

モデルのどの部分が圧縮または引張応力によって影響されているのかを、Advanced VisualizationタブのPrincipal Tension/Compressionコンポーネントを選択することで見ることができます。

モデルに蓄えられたひずみ(変形)エネルギーの分布を、Advanced VisualizationタブのStrain energy densityコンポーネントを選択することで表示させることができます。


2013年10月27日日曜日

Model a Water Bottle with Kyle LIVE - ウェビナー
















水筒をモデリングするウェビナー - 10月30日


The Outside Design Digital DesignのKyle HouchensがRhinoceros 5で水筒をモデリングするウェビナーを行いました。

約1時間のプレゼンテーションで録画され、最後に質疑応答がありました。

タイトル: Model a Water Bottle with Kyle LIVE
: 2013年10月30日(水)
時間: 9:00 AM - 10:00 AM(太平洋夏時間)

システム要件

PCをお使いの場合
Windows® 8、7、Vista、XPまたは2003 Server

Mac®をお使いの場合
Mac OS® X 10.6またはそれ以降

モバイルで参加する場合
iPhone®、iPad®、Android™ PhoneまたはAndroidタブレット


原文投稿者: Dale Fugier