2012年8月16日木曜日

RhinoとGrasshopperを使ったサステナブル建築

メキシコのレオンにあるTecnológico de Monterrey(ITESM)のArt and Designビル、El Habitatが、8月15日の正式な除幕式と共にオープンしました。

デザイナーの建築学部長、Minche MenaとパートナーのSHINE Architectureがサステナブルビルの開発責任者でしたが、ITESMのデザイン教員陣が大きく貢献しました。ソフトウェアはRhinoとGrasshopperが使われました。

アイデアはできるだけ少ないエネルギーを使い、リサイクルすることでした。サステナビリティ(持続可能性))は様々な形で実現され、パッシブ換気のファサードを利用することでエアコンを無くしたり、自然光と眺望のための透明ガラス、均等な拡散光のための白いつや消しガラスの2種類で照明効果をアップさせました。

IBEXでのOrca3DとRhinoのトレーニング


米国ケンタッキー州ルイビルで開催されるIBEX2012の期間中、RhinoOrca3Dのトレーニングが行われます。どうぞご参加ください。

Rhinoを使ったマリン関係の3Dモデリングとレンダリング、Orca3Dプラグインを使った造船工学のデザインと解析をご紹介します。このトレーニングコースはIBEXの最初の2日間、8:00-12:00に行われますので、展示会を見学したり他のセミナーやワークショップに参加する時間も十分あります。初日のセッションはRhinoに照準を合わせ、特に海洋(マリン)デザイン向けのモデリングとレンダリングを紹介します。多くの実例が紹介され、インストラクターと一緒に取り組む機会もあります。参加者は少なくとも基本的なRhinoの実務知識が必要です。

コースの詳細とお申込み...

2012年8月15日水曜日

9月のRhinoオンライントレーニング

次回のRhinoレベル1オンラインコース2012年9月13-27日に行います。このコースはGoToTrainingを使ったオリエンテーションと6回のRhino半日トレーニング、計7回のセッションで構成されます。

  • オリエンテーション: 9月13日、9:00am-10:30am
  • トレーニング:  9月17、18、20、24、25、27日、各日9:00am - 1:00pm

    時間は太平洋夏時間です。タイムゾーンを計算
全てのセッションはインストラクター指導で行い、録画して後でご覧頂けるようにします。ご参加になれない方は、どうぞ次回以降開催の前にビデオで最新情報をご覧ください。

2012年8月14日火曜日

インポート - RhinoのopenNURBSをRevitへ


Rhino 3DMの曲線ジオメトリをネイティブにRevitプロジェクト環境へインポートできるようにする無償のRevitアドインです。

詳細とダウンロード...
ビデオ...