2012年8月10日金曜日

LaNワークショップ + トレッキング - ペルー


remote trekking + [body data] tracking
ペルー: よりデジタルに、よりフィジカルに
2012年9月17-25日

LaNチームがペルーで叙事詩的フィジカルと人間的デジタルの9日間の探査を行います。

バンコクでのGrasshopper




Grasshopper入門
2012年8月30日
タイ、バンコク

モンクット王工科大学トンブリ校(KMUTT)の教員陣がGrasshopperを取り上げる無料講義を行います。どうぞご参加ください。このイベントはKMUTTキャンパスのSchool of Architecture & Designで行われ、1つまたは2つのセッションにご参加頂けます。



建築: 9:30am-12:30pm
プロダクトデザイン: 2:30pm-4:30pm

KMUTT教員および学生に優先枠が確保され、一般向けは座席数が限られています。参加ご希望の方はお名前と所属先、メールアドレスを添えてWK Limまでお申込みください。


2012年8月9日木曜日

Rhino 5.0 OS X - 新しいWIPのお知らせ


Rhinoceros 5 for OS Xの新しいワークインプログレス(WIP)ビルドが公開されています。


このMac WIPリリースにはWindows V5 RhinoのWIP 2012-07-25時点で適用可能なアップデートおよびバグ修正が全て含まれています。Windows V5 Rhinoのアップデートおよびバグ修正のリストはこちらをご覧ください。

今回のMac WIPリリースには、以下のMac特有の変更点が含まれています。
  • 変更点:
    • Mac Rhinoは今回よりOS X Lion(10.7)またはそれ以上が必要です。別にサポート対象外のバージョン、10.6.8用のMac Rhinoがあります。
    • Mac Rhinoのどこかで断続的に発生するクラッシュバグを見つけようと通常よりデバッグテストを重ねました。「失敗したアサーション」エラーがございましたら、どうぞサポートフォーラムでご報告ください。
    • Mac RhinoをOS X Lionで実行中の場合、OS X Lionのオートセーブとバージョンを使用します。Rhino特有のバージョンとオートセーブについての詳細はこちらでご覧頂けます。(英語)
  • バグ修正
Note: このMac Rhinoリリースを実行するにはOS X Lion(10.7)またはOS X Mountain Lion(10.8)が必要です。


  開発期間中、RhinoのOS Xバージョンはどなたにでもダウンロード、ご使用頂くことができます。ほとんどの主要機能はWindowsから移植されたもので 非常に安定しています。残る機能の移植とインターフェイスの改良にはさらに手を加える必要があります。

製品としての最初のリリースは来年以降になると思われます。ご使用中のビルドの期限が切れかけたとしてもご心配には及びません。新しいバージョンはほぼ1-2週間おきに公開され、試用期限までに新しいものをお使い頂けるようになります。

HyperSpace dB: AA出張スクール、エジプト


AA出張スクールがエジプトのアレキサンドリアで行われます。HyperSpaceデシベル/HyperSpace dBは、デジタルツールを利用した音響デザイン作品への挑戦に焦点を合わせたワークショップです。

日程: 2012年9月10-20日
場所: Bibliotheca Alexandria、エジプト、アレキサンドリア

Parametric Designワークショップ、シンシナティ



PARAMETRIC DESIGN: Introduction to Grasshopper and Performance Driven Design

2012年8月18-19日
米国オハイオ州シンシナティ

パフォーマンス駆動のデザインパイプラインに統合されたGrasshopperの利用コンセプトと基本原理をカバーする2日間のワークショップ、Parametric Designが行われました。

Bio-Skin Architectureワークショップ、テヘラン




8月10-12日
イラン、テヘラン

Dr. Behrang Eghbaliが3日間の集中ワークショップを行いました。Bio-Skinは内部構造と非耐力のスキンが区別できる従来の建築物外皮のデザインとは反対に、オブジェクトの外壁を使って構造負荷を支える施工方法を象徴しています。

2012年8月8日水曜日

ブリティッシュデザイン: Lulaキッチンウェア

オリンピックにちなんで、ロンドンに拠点を置くChauhanStudioと、彼らがHabitatのためにデザインしたメラミン製キッチンウェア、Lulaをご紹介します。2009年の春/夏コレクションでしたが時代を感じさせず、実世界でRhino製品を利用しているデザインエージェンシーの良い例です。

このプロジェクトで、Rhinoは直接CNCの物理的モデルを作るために使われ、最終的な製品の製造にも使われました。




2012年8月6日月曜日

MODEでのGrasshopperワークショップ

StudioModeが今月MODEで開催する新しいGrasshopperワークショップを2つ発表しました。1つまたは両方に、どうぞご参加ください。

INTRO LAB: Parametric Design with Grasshopper
(Grasshopperを使ったパラメトリックデザイン)
2012年8月17日

PATTERNING LAB: Parametric Patterns & Digital Fabrication
(パラメトリックパターンとデジタルファブリケーション)
2012年8月18-19日

場所: MODE, 1205 Manhattan Ave, Brooklyn, NY(ニューヨーク)
連絡先: お電話でGil AkosまたはRonnie Parsons +1 (347) 788-0570 まで