2012年5月24日木曜日

KeyShot 3.2




従来のKeyShotツールセットの機能向上とアップデートに特に焦点を合わせたリリースで、スピードアップ、よりクリーンなインターフェース、修正が加えられて、3Dレンダリングおよびアニメーションの作成がさらに速くなりました。


含まれる機能向上:

全てのライブラリコンテンツの即時読み込み
マテリアルテンプレートでパーツ名とワイルドカード(*.*)をサポート
完全に作り替えたUNDOスタック - ほぼ全てでUNDOを提供
シーンツリーやカメラリストの移動に方向キーを使用
レンダーダイアログのリアルタイム/詳細設定を同期
スケールと変形のサポート
リアルタイム設定のレイバウンス上限を64に引き上げ
システム全体でUIをクリーンアップ
バグ修正
アップデートされたRhinoプラグイン





2012年5月23日水曜日

Design 2.0 Week - ソウル - ジェネレーティブデザインのワークショップ



DESIGN 2.0 WEEK
2012年5月 - 6月
韓国、ソウル

Design 2.0 Weekはデジタル製作、デジタルファブリケーション、共有における最新の開発状況を紹介しました。

2012年春は主に3つのイベントに分けられ、open design networkが開催しました。


Design 2.0 Meet-Up

           2012年5月26日05:45PM - 12:00AM、ソウル、Platoon Kunsthalleにて
Design Model 2.0ワークショップ
           2012年6月9 - 10日、ソウル
           指導: Roger Pitiot、弘益大学校教授
Open Furnitureワークショップ
           2012年6月 2 - 3日、ソウル

* ワークショップではGrasshopperとKangarooが使用されました。

Tiffany & Coでのデザイン求人情報

Tiffany & Coよりテクニカルデザインの求人がありました。
詳細は英文をご覧ください。

Tiffany & Co is seeking to fill the position of Manager - Technical Design.

The Manager – Technical Design will oversee all aspects related to the Technical Design group within the Design Department including the creation of technical artwork, creation and maintenance of design specifications, identification and implementation of design technologies and management of Technical Design team.

Requirements:
The ideal candidate will have a BFA, MFA or equivalent degree with 5+ years professional experience as a Technical Designer within the jewelry industry and expertise in Rhino 3D, Adobe CS5, KeyShot 3 and V-Ray.

ミュージアムの建築における複雑な関係

石の内壁を流れる自然光
ルイジアナ州立博物館とスポーツの殿堂は、それぞれ専用の接合部を備えた1,150のユニークなストーンパネルを使ったデザインです。

ルイジアナ州Natchitochesにあるこの博物館は、Trahan ArchitectsMethod Design、CASEとの協力でデザインしました。

構造解析ソフトウェアのRobotや鋼鉄にディテーリングを施すSDS/2、並行して使われたGrasshopper、 Karamba、Geometry Gymのプログラミング環境がカスタムツール開発のカギでした。

David Stasiuk(Method Design)のコメント:私達の担当した中ではGrasshopperが主なデザインツールでした。手書きされたパーツでも、配置に役立つ情報の抽出や、アルゴリズムでは完全に生成できないデザイン要素のインスタンス作成はGrasshopperが非常に頼りになりました。

INSITU Medellinワークショップ、6月4-10日




INSITU Medellin
2012年6月4-10日
Pontificia Bolivariana University
コロンビア、メデリン

uA collective、Blokcad Lab、Pontificia Bolivariana University Medellinが共同ワークショップ、INSITU Medellinを発表しました。uA collectiveとBlokcad Labが指導したINSITUはコロンビア、メデリンの社会人および建築学生のための1週間のワークショップで、セラミック材が新しいテクノロジーにどう融合し、都市空間に影響を与える小規模な介入を作り出すことができるかを探りました。

マテリアルレベルでは組積造の廃材を再利用するBlokcad Labの革新的なプロセスを、コンピューテーションレベルではRhino3DとGrasshopperを通して各自のデザインを探り、それぞれの都市への介入を実現する多軸加工機の使用を通してデザインを現実化しました。

パラメトリックのワークショップ - アルゼンチン、5月29日

ATRACTORES PARAMETRICOS
2012年5月29日 - 6月21日
アルゼンチン、メンドーサ

Grasshopper、Rhino、V-Rayを使ってデジタルワークフローのテクニックを発展させるワークショップが、主に建築家、インダストリアルデザイナー、インテリアデザイナー、関連する専門職、デザイン学生を対象に行われました。

Procedural Architecture

Procedural Architecture: Resolution in the age of Meta-digital
日程: 5月25日 - 6月01日
場所: 台北当代芸術館、台北

このエキシビションはワークショップの成果(NCTU IARとETH CAADの3チームがデジタルテクノロジーを利用してデザイン/製作した3つの実験的な「茶室」)と、各校の教育活動の最近のプロジェクトを紹介します。デジタルデザインされたアーチファクトを実際に具体化したプロセスと成果の例を通し、現状や根本的に変わろうとしている建築デザインの世界を感じ取っていただけたことでしょう。

シンポジウム
2012年5月26-27日13:00-18:00
MOCA Taipei Activity Hall