2012年4月14日土曜日

Neon 1.0 ベータ1のお知らせ



Neon Projectへようこそ。

完全なレイトレースビューポートを実現するRhino 5.0用のプラグイン、Neon for Rhino最初のベータ版が公開されました。

NeonはRaytraced (Neon)という新しいビューポートモード(他のUIはほどんどありません)を追加し、特に何もしなくても動作します。

Neonは太陽、天空光、地平面、標準マテリアル、環境、ほとんどすべてのプロシージャルテクスチャを含む、Rhino 5.0の全レンダリング機能をサポートします。

Neonは完全に動作するビューポートです。他のモードと同じようにモデルを編集するだけでそれに合わせて動作し、(BlendSrfのような)コマンドでのプレビューやリアルタイムでのドラッグなどもサポートしています。

またBrazil 2.0 SR2ベータがインストールされている場合、多くのBrazil の設定もサポートします。これはほとんどのBrazilマテリアル、GI環境、Luma Server設定、被写界深度、その他多くを含み、さらに追加される予定です。

Neonはパワフルなハードウェアで最大限に能力を発揮しますが、最近のものであれば中級クラスのコンピューターでほとんど使うことができ、ノートパソコンも大丈夫です。パワフルなビデオカードは不要です。4GB以上のRAM、i7プロセッサー(Sandy Bridgeが望ましい)で64ビット版Rhino 5.0を推奨します。

Windows VistaまたはWindows 7が必要で、Rhino 4.0では動作しません。

Neonはhttp://v5.rhino3d.com/groups/neonでご利用頂けます。

2012年4月12日木曜日

Worm-e、Jorge BioscaのEVコンセプト

長年に渡るRhinoユーザーであり、友人でもあるJorge Biosca(スペイン、バレンシア)のWorm-eプロジェクトが、ヨーロッパのELVA Design Contestの電気自動車のコンセプトで優勝しました。おめでとうございます。

2012年4月11日水曜日

DIVA 2.0 for Rhino - 新機能

DIVA-for-Rhinoを使うと放射線マップフォトリアリスティックレンダリング気候ベースの採光測定年間/特定の時間ステップのグレア解析LEEDおよびCHPSの採光適合性シングルサーマルゾーンエネルギーおよび荷重の計算を含め、個別の建物や都市景観で一連の環境パフォーマンス評価を実行できるようになります。

DIVA 2.0の新機能:

Annual Glareマップ
Dynamic Shading Module
Electric Lighting Module
Thermal Load Calculation

Grasshopper Improvements




新しい書籍: Design with Rhinoceros V4 & V5

新しい書籍、Design with Rhinoceros V4 & V5が電子出版されました。 この本は既に3DモデリングやRhinocerosインターフェースに慣れ、さらに使いこなせるようスキルを磨きたいとお考えの方を対象にしています。ステップバイステップで理解できるよう、このソフトウェアで利用できるツールが実例で図解されています。

THE SWARM、ミュンヘン工科大学の彫刻パビリオン

THE SWARMはパラメトリックデザイン(Rhino、Grasshopper)の自立彫刻パビリオンです。飛んでいる鳥の群れをテーマに形を発展。CNC加工された個々の211のモジュールで、密度や光と影の劇のような仕上がりになりました。それでも焦点は鳥の群れ特有の特徴にあり、地面をかすめてまた空に向かうダイナミックな動きがカーブで表現されています。改めて見ると全体の形と個々のパーツのつながりのベースである複雑なシステムが姿を現します。 このヴェルニサージュは2012年3月29日、ミュンヘン工科大学で開催されました。

2012年4月10日火曜日

VisualARQ - 学生向け新価格

VisualARQは、設計図/建築図面を作成/編集する特殊なツールを提供し、Rhinoのインターフェースで作業ができるようにします。また、建築デザインプロセスや、ドキュメンテーション作成をより簡単にできるように、壁、ドア、窓、柱、スラブ、屋根、階段、手すりなどのパラメトリック3Dオブジェクトを使って作業ができるようにします。

多くの学生からの要望により、VisualARQ教育版ライセンス(ダウンロード版)の価格が値下げされました。

価格は国、地域によって変わる場合があります。詳しくは、それぞれの代理店にお問い合わせください。

Snaporaz、エリコンに上陸

チューリッヒに拠点を置くアーティスト、Marco Ganzは複合材料から表面が滑らかで光沢のある彫刻を創り出すことで知られていますが、チューリッヒ・エリコンに新しく開発された住宅地中庭のためにデザインされたSnaporazという高さ約10メートルの作品は、手作業で組み立てられる範囲を超えていました。特殊な状況のため、磨いてニスを塗る前にデジタルファブリケーションされた巨大な木製の要素を組み立てる必要がありました。

designtoproductionはアーティストと緊密に連携しながら彫刻の正確な形を定義するため、アナログのデザインをデジタルの3Dモデルに変換(Rhino, Grasshopper)しました。次のステップではこのパラメトリックCADモデルから、木材製造業者向けにデジタルファブリケーションの詳細データが直接取り出されました。

3D印刷されたイヤリングと無料3Dモデル


Aleksandar DimitrovがRhinoとGrasshopperでデジタルデザインし、強く柔軟性のある素材(SLSおよびアクリル系フォトポリマー)で3D印刷された、13のユニークな切り抜きがあるイヤリングをshapewaysでオンライン購入していただけます。

Aleksandar Dimitrovの作成した50の無料3Dモデルも、彼のウェブサイト(vihrogone)でご覧頂けます。