2012年10月4日木曜日

RhinoBIM Beta 3.8.49のお知らせ


RhinoBIMRhino 5.0を建築、エンジニアリング、建設業界向けに強化する複数のプラグインのパッケージです。Virtual Build Technologies LLCによって開発され、現在公開されている最初のモジュールは3D構造モデリング、Clash & Clear Analysis、Structural Analysis向けで、RhinoBIM Structureと呼ばれています。

Rhino 5.0の新しいテクノロジーを利用し、RhinoBIM Structureはモデルサイズを大幅に減らした非常にデータ量の軽い3D構造のデザイン要素を作成します。

RhinoBIM Structureに含まれる機能:
• Grasshopperと互換性のあるRhinoBIMコンポーネント
• 構造用鋼梁の追加と編集を行う強力なツール
• 国際規格を含む、豊富な形鋼のライブラリ
• ユーザー定義可能な形鋼
• 材質、属性、処理方法を各要素に割り当て
• CIS2、IFC、BeamからNURBSへ、トランスレーターでデータを抽出
• クラッシュ(干渉)およびクリアランス(Clash & Clear)の高速解析
• Bim Reporter
• 新しいRhino 5.0のテクノロジーを使った非常に大きなモデルのサポート

その他の構造解析機能:
• 自動メッシュ生成
• ビーム、シェル、ソリッド
• Lisa、ANSYS、GSAを含むフリーウェアおよび商用版

 

0 件のコメント: