2012年10月11日木曜日

FELIX、Rhino用クラウドレンダリング



Rhinoでのクラウドレンダリングが可能になりました!

FELIXはお使いのPCの代わりにデータセンターでレンダリングを行うクラウドレンダリングのアプリケーションです。最低40コア、最高160コアがそれぞれのタスクに割り当てられ、今までにないレンダリング時間を実現できます。FELIXのテクノロジーを使うと、お使いのノートパソコンからでも大規模なプロジェクに取り組めるようになります。インターネット接続のUSBを差し込めば、どこからでも作業をすることができます。

0 件のコメント: