2012年9月20日木曜日

もうすぐでしょうか?

MakerBotが新しいデスクトップ3Dプリンター、Replicator 2を発表しました。以前より37%大きく、より精密になり、1インチ当たり100ミクロン(1ミクロンは紙の厚さ程度)です。

私達は3D印刷テクノロジーの進化を15~20年に渡って見てきました。毎年大きな進歩がありますが、デスクトップの2D印刷がグラフィックデザインに役立っているようにデスクトップの3Dプリンターがプロダクトデザインに役立つのはいつになるのか、まだ言えるほどではありませんでした。

到達するのはまだでしょうか?

私達のチェックリスト:
  • コスト
    • 購入価格$3,000以下: クリア
    • サプライ: ほぼ到達
  • 精度: ほとんどのアプリケーションに十分なレベル
  • スピード: たぶんクリアするでしょう
  • 耐久性: 判断は時期尚早
  • 使いやすさ: これはソフトウェアの問題かもしれません。ほとんどのRhinoユーザーにとって十分使いやすいのでなければ、恐らく私達の責任でしょう。
結論: かなり近づいています。

ほとんどの方(75万人以上のデザイナー)は3Dプリンターをまだ持っていないと思いますが、来年には購入されるのではないでしょうか。そのプリンターも2年以内にもっと素晴らしいものに買い換えられると思います。

0 件のコメント: