2012年7月18日水曜日

Rhino 5.0公開ベータ - 新しいビルド

Rhino 5.0は非常に安定し、製品化準備が整ってきました。

Rhino 4.0をお使いでベータ版のご利用に気が進まなかった方も、どうぞこちらへご参加になり、Rhino 5.0ベータをダウンロードしてお使いになってみてください。まだ多少の調整とマイナーなバグ修正の他、ドキュメンテーション、翻訳、マーケティングの用意の仕上げが残っています。


Rhino 5.0公開ベータの新しいビルドはほぼ毎週公開しています。準備が整うとRhino 5.0は自動的にダウンロードを行い、アップデートをお知らせします。

64ビット版Windowsをサポート:
Rhino 5.0の64ビット版では、Rhino 4.0で編集していたものよりも、より大きなモデルを開いたり編集したりできるようになります。Rhino 5.0の32ビットおよび64ビット版は同じコンピューターに同時にインストールし、実行することが可能です。

後方互換性:
Rhino 4.0のプラグインはRhino 5.0の32ビット版でロード、実行できます。プラグインはプラグインの開発元がRhino 64ビット版用に再コンパイルする必要があります。プラグインの準備が整うまでは、Rhino 5.0の32ビットおよび64ビット版を並行してお使い頂く必要がある可能性があります。

Rhino 4.0および5.0は、同じコンピューターで問題なく動作します。またRhino 5.0で4.0ファイルとして保存することもできます。

動作環境:
  • Windows XP(32ビット)、Windows Vista(32ビットまたは64ビット)、またはWindows 7(32ビットまたは64ビット)
  • Rhino 4.0
  • 500MBの空きディスク容量
  • 2GB RAM(64ビットシステムおよび特に大きなモデルには4-16GBを推奨)

0 件のコメント: