2012年7月3日火曜日

Jukbuinパビリオン - バルセロナ


Jukbinはコストとエネルギーの効率性を追求した革新的な建設ソリューションによる実験的なパビリオンです。予算は非常に厳しいもの(€1,500)でした。構造システムは織物と籠細工の伝統を技術的に適合させたもので、非常に柔軟な素材の網細工を編み込んで固い「構造ファブリック」を作り上げました。この企画は現在の建設の代替システムを紹介するもので、パビリオンは何の廃棄物も出さず、15の規格パネルのみでした。

このスタンドはバルセロナで行われたeme3建築フェスティバルの一部でした。

プロジェクトはCODA(Enrique Soriano、Pep Tornabell)のデザインで、ETSAV学生と共同制作者によって組み立てられました。このスペースでは学生コミュニティが企画した一連の討論会とフェスティバルのアクティビティが行われました。


0 件のコメント: