2012年4月3日火曜日

Scan&Solveが実世界の問題解決をお手伝い
































Ian Boydは壊れたベニア裁断機を持っています。(ブレードアセンブリを支える)両方のアームだけでなく、ブレードを動かす結合部も壊れて修理不十分です。何度も溶接して直そうとしましたがうまくいかず、RHSのアームは実際ボロボロです。新しいものを作る必要がありますが、同じ問題を繰り返すかもしれません。

救済方法はScan&Solveでした。

IanがScan& Solve for Rhinoで壊れたパーツをデザインし直し、裁断機を修理している様子をこちらでご覧頂けます。


0 件のコメント: