2012年4月11日水曜日

DIVA 2.0 for Rhino - 新機能

DIVA-for-Rhinoを使うと放射線マップフォトリアリスティックレンダリング気候ベースの採光測定年間/特定の時間ステップのグレア解析LEEDおよびCHPSの採光適合性シングルサーマルゾーンエネルギーおよび荷重の計算を含め、個別の建物や都市景観で一連の環境パフォーマンス評価を実行できるようになります。

DIVA 2.0の新機能:

Annual Glareマップ
Dynamic Shading Module
Electric Lighting Module
Thermal Load Calculation

Grasshopper Improvements




0 件のコメント: