2012年3月22日木曜日

Rhino、CNC、合板、コンクリート、グラスファイバーを使った建築形式


建築関連の木工製品、家具、デザインの事務所であるCW Kellerが、様々なリソースを活用してBoston Harbor Park Pavilionの屋根をファブリケーションしました。パビリオンの外屋根は2つの複雑な曲線状の張り出し屋根の組み合わせです。サーフェスの定義、マテリアルのへこみの最適化、データのCNC加工できるファイルへの変換にCW Keller はRhinoを用いました。

0 件のコメント: