2012年2月9日木曜日

Geometry Gym - BIM/モデル-Rhino3d/Grasshopper間のデータ交換


Geometry Gymは建築家やエンジニアに、ワークフロープロセスを合理化して生産性やデザインを向上させるツールを提供します。パワフルなパラメトリック/ジェネレーティブ構造モデリングはGrasshopper3dとRhino3dのプラグインを活用することで可能になります。特に平ら/直交ではないプロジェクトにおいて、IFCやCIS/2といった中間フォーマットを使ったBIMモデルの生成、操作、交換を向上させるための開発が進んでいます。

計算幾何学コマンドや機能(建築以外の業界のデザイナーの方にも便利です)はプラグイン、StructDrawRhinoでも提供されています。テセレーション(ポリゴンパッキング)、ジオデシックドーム、メッシュ緩和、極小曲面なども含まれ、北京のウォーターキューブ、大英博物館グレート・コートの屋根といった建築プロジェクトで使われた実例をGeometry Gymブログでご覧頂けます。

0 件のコメント: