2012年2月29日水曜日

蘇るバックミンスター・フラー

Goetz Compositesはアメリカズカップのヨットを含むレース用ボートの製造で知られています。彼らは今回、専門知識を生かしてバックミンスター・フラーのフライズアイ・ドームを復元しました。幅24フィート、ファイバーグラス製のこのドームはプレハブ住居のプロトタイプで、フラーが最後に取り組んだプロジェクトでした。

長年放置された40歳のドームはボロボロで、カビとはげたペンキに覆われていました。欠けたコーナー部分は新しいグラスファイバーを使い、オリジナルに合うよう手作業で形を整える必要がありました。このプロセスでBuckminster Fuller Instituteは、出来上がりをRhinoで正確にモデリングしました。これは、構成部分の複製が必要になった時、新しくCNC加工の型を作るのに使用できます。

復元されたドームはマイアミのデザイン・ディストリクトに常設されます。

0 件のコメント: