2011年11月18日金曜日

T-Splines 3.3の新しいリバースエンジニアリングツール


T-Splines 3.3 for Rhino(11月下旬リリース)にはリバースエンジニアリングの新しいツールが含まれます。T-Splinesサーフェスをスキャンしたデータに合わせ、編集可能で統合された、隙間のないサーフェスを作成することができます。

新しいツールの紹介をこちらでご覧頂けます。またこのツールのウェビナーが2011年11月29日(米国東部標準時12:00 PM)に行われました。こちらでご覧頂くことができます。

2011年11月17日木曜日

UHGBCでのオープニングナイトとエキシビション

 

Parametric Systems - Theory + Practiceは、ヒューストン大学Gerald D. Hines College of Architectureにオープンしたばかりの新しいエキシビションです。

UHGBCエキシビションのオープニングナイトは2011年11月17日の5:00pm-8:00pmに行われました。

エキシビションの日程は2011年11月17日 - 2012年2月12日です。

主催: Materials Research Collaborative (MRC) / UHGBC
場所: Gerald D Hines College of Architecture - ヒューストン大学

Google+の新しいRhinoGold+ページ

RhinoGold+を使ってRhinoGold チームと交流できるようになりました。最新のニュースやビデオを見たり、ご自身の作品を公開したり、他のユーザーの手助けをしたり、RhinoGold関連のイベントをチェックしたり、トレーニングを見つけたり、アイデアを提案したり、お薦め情報を載せることができます。

RhinoGold+ではまたRhino Goldチームと共にRhinoGoldの向上に積極的に関わることもできます。

2011年11月15日火曜日

SYNTHESIS - ロサンゼルスでの求人

SYNTHESIS Design + Architectureがロサンゼルスのチームに加わって頂けるデザイナーを探しています。詳細は英文をご覧ください。


SYNTHESIS Design + Architecture is seeking talented, motivated, and personable designers to join their Los Angeles team.

Requirements:
  • B. Arch or M. Arch degree
  • Excellent design sensibility, communication skills and personal initiative are desired.
  • Expertise in Rhino, AutoCAD, and Illustrator are required.
  • Proficiency in Grasshopper, Kangaroo, Hoopsnake, Rhinoscript, VB or Python is a bonus.
  • Experience with construction drawings and technical competency are valued.
  • A perfect fit – They are looking to build a team – not fill holes.  They want to know why your architectural and design interests and aspirations align with theirs and how.
  • Must be a US Citizen or hold US working visa.
  • Must be a Los Angeles resident.
Please send a CV, portfolio, and a cover letter which addresses the requirements listed above to studio@synthesis-dna.com

2011年11月14日月曜日

Brazil 2.0 SR2 ベータ1 公開のお知らせ


Brazil 2.0 for Rhino サービスリリース2と呼ぶ予定の初めてのベータ版をリリースしました。
無難な呼び方ではありますが、このサービスリリースは実質的に、Brazil 2.0 for Rhinoをベータ版ではないMax用製品の2.1と同水準にする数多くの新機能を備えています。
このビルドに含まれる新機能:
  • インポータンスサンプリングとフォトンのサポートを含む新しいBrazilライトドーム
  • プロセッサコアの数を無制限にサポート(SR1のサポートは8まで)
  • ジオメトリ干渉フィルター
  • 太陽のターゲット指定サポートとビューポート内の太陽の位置プレビュー
  • いくつかのクラッシュバグおよびその他多数のマイナーな問題を修正
  • Rhino 5.0 64ビットのサポート
このベータ版は生産への準備が整ったものですので、非常に安定し、完成していることが分かるでしょう。
こちらから32ビットのRhino 4.0 / 5.0または64ビットのRhino 5.0用の新しいベータをダウンロードして頂けます。

よろしくお願いします。
- アンディ(Andy)