2011年2月11日金曜日

Paul Biekerによるヨットのデザインの改良

先日、Bieker BoatsのPaul Biekerが更新した2つの帆船デザインを発表しました。International 14(I-14)とRiptide 35は開発が続けられます。

front quarterB6%20layout_1

彼のデザインモデルをご覧になれば、Rhinoが広範囲にわたって使用されたことが分かるでしょう。

Paul Biekerのデザインの詳細は、Bieker Boatsでご覧頂けます。

ロサンゼルスで開花

ロサンゼルスのデザイン事務所、Electrolandの新しいMetallotusは、ロサンゼルスのダウンタウンにあるMedallionプロジェクトの中庭で30フィートの高さにつるされた長さ30フィート、重さ1,400ポンドのステンレスのハスの花です。

RhinoとRevitを使う - 4回シリーズ

Zach KronのBUILDZブログで、RhinoとRevitの使用に関する素晴らしい記事の一連をご覧頂けます。

Design Modelling Symposium Berlin(ベルリン)



Design Modelling Symposium Berlin 2011
Complexity and Responsibility – Computational Processes and the Physical Production of Space(複雑性と責任-空間の物理的生産とコンピューターによるプロセス)

パートI - ワークショップ 2011年10月08日 – 10月09日
パートII - カンファレンス 2011年10月10日 – 10月12日

第3回となるDesign Modelling Symposium Berlinは、コンピューターによる情報に基づく建築デザインの分野における、実験的な実践と研究についての討論の場所を提供します。

講義マスタークラスRhino.PythonGrasshopperでのパラメトリック ロボットミリング、上級GrasshopperおよびRhinoCommonなどをカバー)、ワークショップGrasshoppergHowlArduinoなど)のスケジュールが確定しました。

優れた講師および講演者のリストをどうぞご覧ください。

Rhino4SharePoint、新しいプラグイン



Rhino4SharePoint(現在WIP版)は、注記セクションに置かれたXMLメタデータストリームを使って3DMファイルのコンテンツを説明できるようにするプラグインです。

2011年2月10日木曜日

Fireflyが強化されました

Andy PayneJason Kelly Johnsonが新しいバージョンのFirefly、バージョン1.004をリリースしました。FireflyはGrasshopper、Arduinoマイクロコントローラ、およびインターネットとその範囲を超えた間のギャップの橋渡しを専門にしたツールのセットです。

この新しいリリースは、いくつかの新しいコンポーネントを追加します。

また既存のコンポーネントのいくつかは効率性が向上し、最新のArduino UNOボードをサポートするようすべて更新されました。

また入門書、Firefly Primerに更新が加えられました。

AAイスタンブール出張スクール


2011年の春、AAが初めてのIstanbul Global SchoolをIstanbul Technical Universityと共同で行います。

チームベースで10日間にわたって行われる集中ワークショップは最近のAA卒業生/AAスタッフが講師を務め、Grasshopperを多用しながら垂直成長のアルゴリズムを通した高層構造を探ります。

お申込みの締切は2011年3月18日です。最長で4月1日まで受付は可能ですが、£50の追加料金がかかります。申込書と詳細はwww.aaschool.ac.uk/istanbulで公開されています。申込書はvisitingschool@aaschool.ac.ukへご提出ください。

2011年2月7日月曜日

Photo2Rhino、新しいプラグイン

Photo2RhinoはRhinoのコマンド、HeightfieldとMeshheightfieldをよりフレキシブル、インタラクティブにしたRhino 3Dプラグインです。

Photo2Rhinoを使ってでできること:

  • イメージを明るくし、コントラストを変更。
  • イメージを回転、トリミング。
  • インタラクティブにスムージングをメッシュに適用。
  • メッシュを縁で平らにするVignette効果を適用。
  • Rhinoのオブジェクトとしてインサートする前にメッシュをプレビュー。
  • イメージのピクセル数に関係なく、メッシュの点の数を選択。
  • RGBスライダーを使ってメッシュから重要な色を抽出。
  • リアルタイムにパラメータを調整しながらメッシュの高さの断面を表示。
  • ピクセルからメッシュの高さへの変換をインタラクティブに変更し、不十分な写真やイメージから理想的なメッシュを作成。

Rhino用Pointoolsプラグイン- 橋のモデリング



Pointools社がPointools for Rhinoを含む、すべてのPointoolsムービーを集めた新しい動画チャンネルをYouTubeに作成しました。

書籍、Distributed Intelligence in Design

Distributed Intelligence in Design Symposiumの期間中に行われたディスカッションやプレゼンテーションに基づいた書籍が、ついにWileyから出版されました。

Distributed Intelligence(分散知能)とは、建築、エンジニアリング、建設業界の、異なる組織の、異なる背景や経験を持つ様々な個人の異なる学問分野にまたがる知識のことを意味します。この書籍は、建築デザインの世界での変化する社会技術環境を取り上げ、デザインと製造をうまくコラボレーションさせるのに必要な手段、テクノロジー、そして行動について論じています。