2011年10月13日木曜日

iPadを3Dコントローラーへ

もちろんiPadは読書、ゲーム、メディアのためにデザインされたものですが、次世代タブレットの技術革新は他のデバイスとの連携方法にあります。

iPadのマルチタッチ機能を使い、MaideはこのタブレットをデスクトップコンピューターとRhinoのパワフルで新しい入力装置に変えてしまいました。

複数のiPadを1台のコンピューターに同時につなぎ、モデリングや共同でのデザインセッションの間に使うことができ、何よりユーザーがデザインをプレゼンテーションしている間、コンピューターに拘束されずに済むようになります。Wi-Fiネットワークにつなぐとデスクトップコンピューターのモデルをパン、ズーム、回転したり、直交ビューにスナップしたり、マウスやキーボードをコントロールしたり、レンダリングしてみたり、コマンドを動作させることさえできるのです。

トロントのモバイルソフトの新規企業であるMaideは、3Dプログラムとどうやり取りを行うかという段階から始め、将来のタブレットの使われ方を見直すことに意欲的です。

0 件のコメント: