2011年8月15日月曜日

CAAD Futures 2011 - レビュー



2年毎に行われるCAAD Futuresはコンピューターを使った建築デザインの未来が熱心に議論される場で、今年は7月にベルギーのリエージュで開かれました。

ハイライトの1つはRobots in ArchitectureのSigridとJohannesによるワークショップ Parametric Robot Control Workshopで、GrasshopperをKUKAロボットにリンクさせる方法を紹介しました。(近いうちにGrasshopperコンポーネントを発表していただけると良いのですが。)

Daniel Davisはモジュラープログラミングを使うことでパラメトリックの柔軟性不足の克服を考察する文書をその場で発表しました。 彼はこのイベントの詳細なレビューも書いています。

0 件のコメント: