2011年5月24日火曜日

プロジェクト - レンガのドーム

イメージをクリックするとアニメーション表示になります

DOMEはLuigi Alini教授とstudio AIONのコラボレーションの成果で、実物大のローテクの家の建築を共通の目標として、シラクーサ(イタリア)ベースのArchitectural Design Lab IIとBuilding Schoolの学生が参加したリサーチプロジェクトです。

レンガのアーチ、ヴォールト、ドームが伝統的な材料や技術を使った革新的な試みの基礎になり、エジプトの建築家Hassan Fathyが研究し、アフリカのFabrizio Caròlaが30年以上かけてで完成させた、伝統的なヌビアの技術である回転コンパスを使った方法が取り入れられました。

リサーチはGrasshopper for Rhinoを使ってこの伝統的な建築工法をさらに発展させ、レンガのパターンをパラメトリックに制御して決定し、より高いレベルで環境パフォーマンスを達成します。デジタルの進歩は技術革新につながり、回転アームの導入によってオリジナルのコンパスにより高度なフレキシビリティが加わっています。

建築現場の進み具合はこちらでご覧頂けます。プレビューナイトは6月末に開催され、一連の講義も同時に行われます。このイベントの詳細は近日発表される予定です。

0 件のコメント: