2011年5月27日金曜日

キャンパスを駆け回る

RhinoインストラクターのVictor Gerardo MartinezがITESMのキャンパス内を移動するため、(もちろんRhinoで)個人向け乗り物のプロトタイプ、Velipを開発しました。安価で無公害、書籍Cradle to Cradle(ゆりかごからゆりかごへ)の言葉を借りればアップサイクル可能になるようデザインされた電動の乗り物で、最高時速18キロ(11マイル)、移動距離20キロ(12.4マイル)、フル充電に必要な時間は6時間です。 現在、興味を示した製造元候補と話を進めているということです。

YouTubeでビデオを見る: http://www.youtube.com/watch?v=YvosES8P8c0

0 件のコメント: