2011年4月5日火曜日

RhinoMembrane - IV Latin American Symposium of Tensile Structuresにて


シンポジウム、IV Latin American Symposium of Tensile Structuresが、2011年4月6-8日モンテビデオ(ウルグアイ)にあるUniversity of the RepublicのUniversity of Architectureで行われます。

このシンポジウムはデザイン、マテリアル、コスト、サステナビリティ(持続可能性)などに関連するトピックをカバーします。

RhinoRhinoMembraneがArq. Gerry D'Anza教授(イタリア)の講義、Technology platform based on the Force Density Method and Update Reference Strategy coupled with non-linear stiffness methodsの一部として取り上げられます。

シンポジウム期間中の午後には3日間のワークショップ、Rhino + RhinoMembrane + ixForten 4000も行われます。

0 件のコメント: