2011年1月6日木曜日

PanelingToolsを使った3Dモジュールの可変配分



Rhino 4.0 SR8およびRhino 5.0 WIP用のプラグインであるPanelingToolsが公開されています。

このリリースはMean(平均)法を使っている際の3Dモジュールの可変カスタムパネリングのデザイン変更を含みます。Morphing(モーフィング)法はより予測可能な中間モジュールをパネリンググリッド全体に生成するため、相対的なバウンディングボックスを使うようになりました。PanelingToolsのV5バージョンは、制御点、点のサンプリング、互換性チェックを含め、開始、終了パターンのマッチングのコントロールを向上する新しいオプションを追加しました。

0 件のコメント: