2010年10月14日木曜日

第2回Rhino Day TU Graz - 最終のプログラム



3D Base2010年10月20日(13:30~18:00)、Inffeldgasse 25/D2nd Rhino Day - TU Grazを下のように行いました。

ブロック1 - 13:30 - 15:30:

休憩: 15:30 -16:00

ブロック2 - 16:00 - 18:00:

  • Modellierung eines Katamaranes sowie schwimmender Ferienhäuser mit Rhinoceros 3D.
    Armin Ibounigg von Ai-design

  • Modellierungsprozeß einer Ameise im FabLab des Ars Electronica Centers Linz: Skizze, Freiformmodellierung bis 3D-Druck.
    Clemens Mock von Ars Electronica Linz

  • Einsatz von Rhinoceros 3D im Rahmen eines Glas-Design-Projektes.
    Mag. David Stelzer von HTBL - Graz, Ortweinschule Fachsparte Produktdesign & Präsentation

  • Rhinoceros 3D und Grashopper für Kinder.
    Dipl. Ing. Christian Freissling von Institut für Architektur und Medien TU Graz

これは無料のイベントでした。

新しいウェビナー、Introduction to Rhinoが行われました。


Robert McNeel & AssociatesのRhinoインストラクターMary Fugierが10月18日ウェビナーでIntroduction to Rhinoを行い、Rhinoの基本を紹介しました。このオンラインセミナーではRhinoを皆さんにご紹介し、Rhino Getting Started(Rhino入門)にあるモデルの作成方法をカバーしました。

日時:

  • 10月18日(月)9:00am-11:30am(アメリカ太平洋夏時間
  • 10月20日(水)5:00pm-7:30pm(アメリカ太平洋夏時間
  • 10月21日(木)2:00pm-4:30pm(アメリカ太平洋夏時間)

詳細(英語)...

東京での建築シンポジウム、10月28日



Archi Future 2010は、コンピューターによる建築についての1日シンポジウムで、講義、ディスカッション、セミナー、フォーラムで構成されます。RhinoパートナーであるAppliCraft(アプリクラフト)が出展しますのでどうぞお越しになり、建築におけるRhinoをご覧ください。

  • 2010年10月28日
  • TFTホール(東京)
  • ご参加は無料ですがお申込みが必要です。 お申込み...

詳細...(日本語のみ)

2010年10月13日水曜日

RhinoMembrane - ケーススタディ



RhinoMembraneは現在利用できる中でも特に強力な形状探索製品の1つです。FEA(有限要素解析)モデルを使ってどのようなメッシュでも緩ませ、正の応力場のみで平衡状態にある張力面にすることができます。疎行列を使って従来の双曲放物面、極小曲面、膜屋根などどのような形状でもモデリングすることができます。

こちらで2つの新しいケーススタディをご覧いただけます: 2010年上海万博のノルウェー館、Radiolaria(放散虫をヒントにした)テーブル

RhinoSchool - イスラエル



イスラエルで最初の認定Rhinoトレーニングセンターのお知らせです。

RhinoSchool
Shenkar College of Engineering and Design
12 Anna Franc st.
Ramat Gan, Tel Aviv
Israel
電話: 972545954924

連絡先: Amir Lipsicas(インダストリアルデザイナー)は過去8年にわたって主にジュエラー、建築家、デザイナーにRhinoを教えています。

VSR Shape Analysis 1.0



VSR Shape AnalysisVirtual Shape Research GmbHが開発した新しいプラグインです。曲線とサーフェスの連続性と偏差を解析する、以下の機能を追加します。
  • Dynamic Sectioning(オプションで曲率表示できるダイナミックセクショニング)
  • Curve and Surface Matching Analysis(位置、接線、曲率の連続性を数値的にチェックする、曲線とサーフェスのマッチング解析)
  • Lightlines(等輝度線のシミュレーションを行うライトライン)
  • Deviation(曲線、サーフェス、メッシュ間の偏差)
  • Curvature on top of Curves and Surfaces(曲線とサーフェスの上の曲率)
  • 解析データはRhino 3DM のセッションに渡って保存することができます。編集はアソシエイティブです。

詳細と評価版のダウンロード...

VSR Shape AnalysisVSR Realtime Rendererを、 12月1-4日に行われるEuroMold Frankfurt (Hall 11.0、Booth E112)でご覧ください。





TAC Technically Advanced Construction


TAC Technically Advanced Constructionは、Politecnico di MilanoのDepartment of Building Environment Science and Technology(BEST)による新しい大学院課程です。3ヶ月(2011年1月から4月)のコースで、デザインに高度なデジタルツール、物理的なモデルの作成に機械を用い、デザインから製造へのプロセスを学びます。

RhinoGrasshopperが使用されます。

2010年10月12日火曜日

ALGODE - 東京 - 2011年3月

建築と都市のアルゴリズミック・デザインに関する国際シンポジウム 、ALGODEが東京にある日本建築学会で行われます。

  • 日程: 2011年3月14-16日
  • 場所: 東京

オンライン申込みは近日受付が開始されます。お申込みはこちらからどうぞ

2010年10月11日月曜日

Babel3DがRhinoファイルを変換

Babel3D.comはRhino 3DMファイルを3DS、OBJ、XAML(3D)形式へ変換できるWebサービスです。Babel3D.comのウェブサイトでご自身のRhinoモデルをアップロードするだけです。ソフトウェアのダウンロードやインストールは必要なく、サービスは無料です。

T-Splines: Tips & Tricks(ヒントとこつ)ウェビナー、10月19日

デザイナーのKyle Houchensが主催するこのT-Splines: Tips & Tricksウェビナーでは、T-Splinesのエキスパートが(T-Splinesを用いて)滑らかなモデルを素早く作り上げるためのヒントやこつを伝達します。

T-Splinesを使ったジュエリーデザインのウェビナー - 10月12日

T-Splinesと2010年のコンテストの優勝者Travis Serioが10月12日に行うT-Splinesを使ったジュエリーデザインのウェビナーにぜひご参加ください。このセッションは無料で、午前11:00(米国東部夏時間)に行われます。Travisは彼のデザインプロセスの概要とT-Splinesをジュエリーにどのように使っているかを紹介します。

T-Splinesオーガニックデザインコンテスト受賞者の発表

T-Splinesオーガニックデザインコンテストの1位はTravis Serioに決まりました。おめでとうございます。

イメージ - Travis Serio提供

T-Splinesコンテストのサイトで受賞モデルと全エントリーをご覧ください。

続きを読む...