2010年4月23日金曜日

PythonがRhinoでパワーアップ

私達はRhino 5 WIPでスクリプト言語、Pythonを引き続き向上させています。最新のPythonアップグレードはPythonの標準ライブラリを備えています。このライブラリはファイルI/O等のシステム機能へのアクセス、および普段のプログラミングで起こる多くの問題に対する標準化されたソリューションを提供します。

python-powered-w-140x56

Pythonはクリアな構文でフレキシビリティとパワーを兼ね備えることを目的とする、近代の開発言語です。Pythonを使うと、同じプログラムの中でRhinoスクリプトと高度なSDK関数の両方にアクセスできるようになりました。

RhinoでのPythonの詳細については、新しいPythonコミュニティサイトをご覧ください。

新しいマリンアプリケーション、無償プラグイン

Orca3DがOrca3D Offset TableとRhinoMarine Ttranslator、2つの新しいプラグインをリリースしました。どちらも無償ダウンロードとして公開されています。

Orca3D Offset Tableは、Orca3Dをお持ちでなくてもExcelで開くことのできるオフセット表を作成したいという方のためのプラグインです。


offsettable


RhinoMarine to Orca3D Translatorは、Sections、Weight/Costデータ、その他の設定等、RhinoMarine特有のデータを含むモデルをお持ちの方のためのプラグインです。このトランスレーターは一度に多くのファイルをOrca3Dと互換性のある形式に一括変換します。

詳細とダウンロード...

Grasshopperを使ったパラメトリック3Dモデリング - メキシコシティ

このParametric 3D Modeling with Grasshopper集中1週間コースは新しい形状、3Dモデリングシステムおよび建造の探索に関心をお持ちのデザイナー、建築家、エンジニア、社会人、学生や教職員向けです。コースではCNC加工も参加者の皆さんにご紹介します。

コース概要:
- 曲線、曲線コンポーネント
- サーフェス
- オブジェクトの操作
- パラメトリックモデリング
- Grasshopperのインターフェイス
- 建築とデザインへの応用
- CNC加工/カッティング

2010年4月22日木曜日

デジタルデザインとファブリケーションのワークショップ、マイアミ

イメージ - Harshad Sharma氏提供
LaNが皆さんに、建築のデジタルデザインやファブリケーションの現状についての3日間のワークショップ、Architectural Response time/tech/tectonicsを提供します。
場所: Mitrani Warehouse、米国 フロリダ州マイアミ
日程: 2010年5月13-15日(お申込期限:5月8日)
- 5月13日 - Architectural Response, Fabrication Technologies [Rhino]
- 5月14日 - Parametric: modeling/production/performance/process [RhinoCAM]
- 5月15日 - Grasshopper, CNC fabrication

SIGGRAPH 2010 - 日程のお知らせ

SIGGRAPH 2010
The 37th International Conference and Exhibition on Computer Graphics and Interactive Techniques

ぜひご参加ください。

  • SIGGRAPH 2010
  • 2010年7月25-29日
  • Robert McNeel & Associates - ブース1234
  • Los Angeles Convention Center(ロサンゼルス)

詳細はこちらのページをご覧ください。

JCK Las VegasでのGemvisionジュエリートレーニング

GemvisionがCounterSketch Studio、Matri、Revoの特別クラスを、6月4-11日にラスベガスで行われる今年のJCK展示会で開催します。さらに上のレベルで使いこなせるよう、初級、上級両方のクラスを提供して皆さんをお手伝いします。詳細とお申込み…

seminar_chunk2

ハンガリー、セルビア、スロベニアでのRhino展示会



認定RhinoリセラーであるIB-Procadd d.o.o.とそのパートナーが、今後数週間の間にハンガリーセルビアスロベニアを回ります。

RhinoRhinojewelRhinoTerrainT-SplinesRhinoReverseV-rayRhinoNestが下記の展示会で出展されます。

RhinoPhoto 2.0のリリース



RhinoPhotoはRhino用の写真測量プラグインで、複数の写真から自動3Dデジタイジングを行います。バージョン2.0が次の機能を備えて発表されました。

  • 新しいグラフィック表示
  • 新しいプロジェクトステータス表示
  • 3D位置での写真表示
  • 新しいメニューおよびツールバー
  • コードターゲットのサイズを評価する新しいツール
  • メインダイアログボックスで使用された参照距離の表示
  • カメラファイルのインストール
  • 3Dカメラ位置の表示
  • コード/非コードポイントをマニュアルで追加
  • その他...

詳細...



2010年4月21日水曜日

オレンジカウンティでのT-Splinesトレーニング、5月7日

T-Splines for Rhinoソフトを使って素早くハイクオリティのフリーフォームデザインを作成する方法をご紹介します。T-Splinesが1日速習トレーニングクラス、T-Splines training classを、カリフォルニア州オレンジカウンティで皆さんに提供します。

日: 2010年5月7日(金)
場所: 米国 カリフォルニア州アーバイン
受講料: US$275

The Outside - Digital Art and DesignオーナーのKyle Houchens氏とT-Splines共同創業者であるMatt Sederberg氏がインストラクターを務め、このコースで皆さんをご案内します。お席に限りがありますのでお早めにお申し込みください。

2010年4月20日火曜日

AIA Expo2010、6月10-12日、マイアミ

AIA Expo2010
Robert McNeel & Associates - ブース2485
2010年6月10-12日

マイアミで開かれる今年のAIAコンベンションでは、ブース2485でお待ちしています。どうぞ私達のブースへお越しになり、Rhino 5.0Rhino for OS XnXtGrasshopperRhino.PythonBongo 2.0RhinoFabLab、その他多くの最新情報をご覧ください。同じブースに集まるえり抜きの開発パートナーは次の通りです。

早めにマイアミへお越しになり、6月8-9日にMcNeelマイアミで行うコンベンション前のワークショップへご参加ください。ワークショップには次のものが含まれます。
  • Brazil for Rhino紹介
  • PanelingToolsを使った形状の合理化
  • コンピューターによるデザインのための数学の基礎 [Grasshopper]
  • 3D Parametric Kiteのデザイン [Grasshopper]
  • T-Splines

Jackie Nasserまでメールで、またはお電話(+1 (305) 513-4445)でお申し込みください。
お席は限られていますので、 お早めにお申し込みください。

詳細...

海洋(マリン)デザインのためのRhinoモデリング - オンラインコース

Pro-Boat E-TrainingRhino Modeling for Marine Designersトレーニングクラスを提供します。

5月2日開始の6週間のオンラインコースは、Cliff Estes氏が講師を務められます。曲線から始め、次にサーフェスを学びます。簡単なチャインハル(船体)のフェアリングへ進み、より複雑なスクーナー帆船の船体へと続きます。そこからは各自のデザインで船体/デッキ/船楼を完成させます。

現在受付中です。今日にもお申し込み ください。

RhinoGold Render Studio 1.1 for Brazil、更新のお知らせ

ジュエリーレンダリングツールの更新版が公開されています。TDM SolutionsがRhinoGold Render Studio 1.1をリリースしました。お手持ちのジュエリーデザインのレンダリングを全く経験がなくても作成できます。

rhinogoldrings

この新しいバージョンはマテリアル、アニメーション、バッチレンダリングに改良が加えられています。アニメーションを使うと同じRender Studioクオリティで動くジュエリーを作成できるようになります。

詳細...

ボルチモアでのV-Ray for Rhinoトレーニング

5月18-19日に行われるV-Ray for Rhinoの基本トレーニングセッションへ、ASGVIS、V-Ray for Rhinoのユーザー仲間とともに、どうぞご参加ください。V-Ray for Rhinoを少ししか、あるいは全く知らないという方も大丈夫です。この2日間のコースはランチ込みで9:00amから5:00pmまで行われます。製品版またはデモ版のV-Rayをインストールしたラップトップを推奨しますが、必須ではありません。

日程: 2010年5月18-19日
場所: 米国 メリーランド州ボルチモア
受講料: US$695.00
お申し込み: Kim Trompeter氏までご連絡ください

お席に限りがあります。お申し込みはお早めに。

Grasshopperについての書籍 - 改訂版

GAinGrasshopper

Zubin M. Khabazi氏が建築における幾何、デザイン、生成アルゴリズム(ジェネレーティブアルゴリズム)、Grasshopperを考察した書籍、Generative Algorithms with Grasshopperを改訂されました。

改訂された本はGrasshopper定義の基本で始まり、中級、上級の題材へと続きます。プロジェクトベースのファブリケーションおよびデザイン戦略も含まれています。無償でダウンロードすることができますので、どうぞご覧ください。





ダウンロード...

DentalShaper for Rhino



Dental Shaper(旧ImportExtender)は、多くのデンタルCAD形式をインポートし、インポートしたモデルで次のような操作を実行できるRhinocerosプラグインです: 軸と向きの定義を使ったインプラントへのインターフェイスの挿入、口内のメッシュスキャンから始める歯の残根と関連する顎の空洞の抽出、クラウンの作成、その他。

SUM3D Dental CAMとの完全統合により、実行したジョブをモジュールへ送ってツールパスを生成することができます。

LEDASがRhinoAssemblyに動画の記録機能とローカリゼーションを追加



ユーザーからの要望により、RhinoAssembly v.1.1はアニメーションのレンダリングと保存、サードパーティのレンダラー使用が可能になり、また7カ国語に対応するようになりました。

2010年4月16日、ロシア、ノボシビルスク - CAD/CAM/CAE/PLM市場向けのソフトウェア開発サービス、テクノロジーコンポーネント、バリエーショナルデザインツールの独立プロバイダーであるLEDAS Ltd.は本日、Robert McNeel and AssociatesのRhinoceros 3Dモデリングソフトウェア用のプラグインモジュール、RhinoAssemblyのバージョン1.1を発表しました。RhinoAssemblyはお馴染みのRhinoceros 3Dデザイン環境で直接操作できる、柔軟性のないパーツから成るメカニズムのキネマティックシミュレーションとアセンブリデザインの最高のツールです。

RhinoAssembly 1.1はいくつかの重要な機能を新しく搭載しています。これらには、アニメーション化した3Dメカニズムの動画を記録する機能、7カ国語のサポート、いくつかのRhinoコマンドとの統合、安定性とパフォーマンスの全体的な向上が含まれます。


「世界で5,000人以上のRhinocerosユーザーが、RhinoAssemblyプラグインの前のバージョンをダウンロードされました。」LEDAS Ltd.製品管理ディレクターのDmitry Ushakov氏は話しました。「ダウンロードされた方からコンスタントにフィードバックを頂くおかげで、ユーザーリクエストに基づく製品改良を行うことができるのです。」

プレスリリースの全文でRhinoAssembly 1.1の詳細をご覧ください...

How To Make a 3D Cartoon in Rhino(チュートリアル)...

日本でのお問い合わせ先: 株式会社オルタテック

2010年4月19日月曜日

TerraFlat 3D、新しいRhino用パターニングプラグイン

Tri-D TechnologiesがRhino用の新しいプラグイン、TerraFlat 3Dを発表しました。TerraFlat3Dは2Dのパターニングおよび製造用に3D形状を分析、平面化します。

flatten用途:

  • 船のパーツ
  • 自動車パーツ
  • 靴の試作
  • オーニング
  • ガラスアプリケーション
  • 家具のパターニング

詳細機能抜粋:

  • ポピュラーな3D CADの(CATIA、Unigraphics、IDEAS、Pro-E、SolidWorks、InventorのハイエンドNURBSファイルを含む)全フォーマット読み込み
  • リリーフカットが必要な場所の色分け歪み解析
  • シームの「理解」による自動カットライン作成
  • 複雑なNURBSサーフェス上のどこにでも、フリーフローのマニュアルカット(産業界特有)
  • Tri-Ds AccuCutテクノロジーベース

その他詳細...

Orca3D更新のお知らせ

多くの新機能と機能向上を備えたOrca3Dのアップデートがリリースされました。

このアップデートは既にOrca3Dをお使いの方に無償で公開されています。新機能のデモンストレーションビデオをOrca3Dウェブサイトでご覧頂けます。ダウンロードはこちらから...

orcalogosmall



原文投稿者: Scott Davidson 原文投稿日: 2010年4月16日

RhinoCAM 2.0 サービスパック - 更新のお知らせ

MecSoft Corporationがプラグイン、RhinoCAM 2.0のアップデートをリリースしました。すぐダウンロードできる形で公開されています。


詳細とダウンロード…

RhinoStatics、RhinOffsets - 更新のお知らせ

流体静力学の計算をより良くしたい、Rhinoでのオフセット表作成をもっと自動化したい、とお考えでしょうか?Baseline TechnologyがRhino 4および5用のプラグイン、RhinoStaticsとRhinOffsetsを更新しました。

RhinoStaticswhite

RhinoStatics - デザイナーが船体をモデリングしながら、流体静力学情報を継続的にチェックできるようにします。

RhinOffsets - オフセット表の作成を自動化します。

Modeling in Rhino for Marine Designers、新しいチュートリアル

BaseLine Technologyが新しく改訂したマリンチュートリアル、Modeling in Rhino for Marine Designersをリリースしました。


画像提供:BaseLine Technology

詳細...

Biodynamic Structures - 夏のワークショップ

California College of the Arts(CCA)がロンドンのArchitectural Association(AA)と提携して初めてのAA北米サマースクールを開催します。10日間の集中プログラムはBiodynamic Structuresと呼ばれ、自然界のシステムからデザインの原理を引き出すことと、インタラクティブなプロトタイプをデザイン、作成することに照準を合わせます。


: 2010年7月12-21日
ロケーション: CCA、サンフランシスコ


このイベントのため、特に優れた講師陣が集められました。ワークショップではArduino、Firefly、Grasshopper、Rhinoなどを使います。詳細情報とお申し込みについてはオンラインでご覧頂けます。

IYRS Composites Technology Program、2010年秋

International Yacht Restoration School(IYRS)がマリンテクニシャンのための全く新しいプログラム、Composites Technology Programを開始します。2010年の秋学期に始まり、Rhinoを含め、多くのCAD/CAM装置とアプリケーションを使用します。このプログラムはIYRSブリストル校(米国 ロードアイランド州)で行われます。

Lynda.comのRhinoトレーニング

SchultzeWORKS デザインスタジオのDave Schultze氏は、オンラインのデジタル教育で業界をリードするLynda.com向け初のRhino3D コース、Rhino 4.0 Essential Trainingの世界的リリースを発表しました。

コースは12のチャプターにまとめられた、60の独立したビデオ(計6時間)で構成されています。


Lynda.comのコメント:
「Dave Schultze氏は人を引き付けるアーティストであり、素晴らしいインストラクターです。」Lynda.comの準プログラムディレクターであるGeorge Maestri氏は話しました。「彼は複雑なトピックを簡単に思わせる素晴らしい能力があり、持ち前のビジュアルスキルでコースをクリエイティブなレベルに引き上げてもいます。Lynda.comの作者にDave Schultze氏が加わって非常に嬉しく思います。」