2010年10月13日水曜日

RhinoMembrane - ケーススタディ



RhinoMembraneは現在利用できる中でも特に強力な形状探索製品の1つです。FEA(有限要素解析)モデルを使ってどのようなメッシュでも緩ませ、正の応力場のみで平衡状態にある張力面にすることができます。疎行列を使って従来の双曲放物面、極小曲面、膜屋根などどのような形状でもモデリングすることができます。

こちらで2つの新しいケーススタディをご覧いただけます: 2010年上海万博のノルウェー館、Radiolaria(放散虫をヒントにした)テーブル

0 件のコメント: