2010年10月29日金曜日

Galapagosで可展面(可展サーフェス)を最適化



アーティストのCarlo Borerが、Rhinoに可展面のモデリングのツールを作ってもらえないかと、Lorenz Lachauerに依頼しました。

Grasshopperと進化的アルゴリズムソルバーであるGalapagosを一緒に使うことで、細長いロフトサーフェスを可展サーフェスにしていく最適化のルーチンができあがりました。

0 件のコメント: