2010年9月13日月曜日

SnS - Rhinoでの解析

Scan&Solvefor Rhino(SnS)の新しいビルドが公開されました。

SnSはRhinoソリッドの構造テストを自動化します。他の解析ツールとは異なり、(メッシュ生成の単純化、変換などの)前処理は必要ありません。

Rhinoでの操作はシンプルです。

  1. マテリアルを選択
  2. 拘束を適用
  3. 荷重を適用
  4. Goをクリック
  5. 結果を表示(強弱、応力、歪み)
最新のビルドに含まれる新機能:

  • 重力荷重オプション
  • 鋳鉄、コンクリート、ガラスのような壊れやすいマテリアルをサポート
  • 更新、簡易化したマテリアルデータベース
  • 大きなモデルのより速い可視化
  • インタラクティブな最小/最大値表示
  • より良い境界条件の注釈
  • オンライン ビデオチュートリアル

無料プレリリースバージョンはどなたでもお試し頂けます。過去の経験は必要ありません。

詳細とダウンロード...

0 件のコメント: