2010年7月2日金曜日

Rhino OS Xを更新

新しいビルド、Wenatchee 2010-06-21を、次のような変更を加えて公開しています。

更新点:
  • Windows版V4 SR8の変更点をMac版WIPバージョンに加えました。
  • Pythonモジュールを更新し、Windows版RhinoPythonモジュールの最新の更新点を加えました。Pythonをお使いの方は、更新されたIronPythonモジュールもダウンロード、インストールしてください。
変更および修正点:
  • コマンドダイアログがアクティブになっている場合、右マウスボタンでモデルを回転できるようになりました。
  • 2つのモニターを使用している際、ツールパレットが位置を正しく記憶するようになりました。
  • Pythonスクリプトが実行中、今までのような大量のGrowl通知を生成しなくなりました。
  • Choose Objectsダイアログが、リストにある最初のオブジェクトをあらかじめ選択するようになりました。
  • レガシコマンドラインを使っている場合、ESCの入力で現在の入力を正しくキャンセルするようになりました。
  • いくつかのクラッシュバグを修正しました。

今回のMac Rhinoリリースの動作には10.5(Leopard)または10.6(Snow Leopard)が必要です。

開発期間中、RhinoのOS Xバージョンはどなたにでもダウンロード、ご使用頂くことができます。

ほとんどの主要機能はWindowsから移植されたもので 非常に安定しています。残る機能の移植とインターフェイスの改良にはさらに手を加える必要があります。までに少なくとも1年はかかると思われます。

製品としての最初のリリースは来年以降になると思われます。ご使用中のビルドの期限が切れかけたとしてもご心配には及びません。新しいバージョンは数週間おきに公開され、試用期限までに新しいものをお使い頂けるようになります。

0 件のコメント: