2010年6月30日水曜日

RhinoからCinema 4Dへ、そしてまたRhinoへ


rhino.ioはRhinoのネイティブファイル(3DM)をMAXON CINEMA 4Dの中で直接開いたり保存したりできる、連結、インポート/エクスポートのプラグインです。さらに、モデルをRhinoで変更するとCINEMA 4Dで行われたマテリアルの割り当てやその他の変更を完全に維持したまま(CINEMA 4Dで)モデルが更新されます。RhinoとCINEMA 4Dの並行操作を実現します。

このため両方の世界から一番良い部分をつなぎ合わせながら、RhinoをCINEMA 4D用NURBSプラグインとして動作させることができます。Rhinoの正確で豊富なCAD/NURBSツールセットを、CINEMA 4Dのモダンでフレキシブルなテクスチャ処理、シェーディング、ライティングのツールと組み合わせることができます。

rhino.ioでインポートしたモデルはVRAYforC4D、Maxwell、Fryrender等、サードパーティのあらゆる高質レンダリングエンジンでそのまま使うことができます。

Rhino.ioは期間限定の販売開始キャンペーン価格が79ユーロ、定価は99ユーロになります。

0 件のコメント: